ダイエットに 効果的なエクササイズ

ダイエットに効果的なエクササイズ(運動)は? 色々な方法を紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

ダイエットをして理想のボディラインを手に入れたい。今度こそ目標体重まで痩せる。と、ことあるごとに決意している方は多いことでしょう。ダイエットといえば食事制限というイメージがありますが、脂肪を燃焼させ、筋肉を増やすエクササイズ(運動)も大切です。エクササイズと食事制限をバランスよく行ってダイエットすれば、美しく均整の取れた体になります。

そこで今回は、ダイエットにおすすめのエクササイズをご紹介しましょう。

ダイエットに効果的なエクササイズが分かれば、効率よく運動ができます。ダイエットをして美しい体を手に入れたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. なぜ、ダイエットが必要なのか?

ダイエットに効果的なエクササイズをご紹介する前に、ダイエットをする目的やダイエットをした方が良い人などをご紹介しましょう。体重を落とすだけがダイエットではありません。

1-1.ダイエットの意味とは?

ダイエットというと、食事制限をして体重を落とすというイメージを持っている方が多いと思います。もちろんそれも、ダイエットの一面です。しかし、単に体重を落とすだけでなく今までの生活習慣を見直し、心身ともに美しくなっていくことこそ真のダイエットといえます。

ですから、単に体重を減らすだけでは不十分なのです。脂肪を減らし、適度に筋肉を増やさないとダイエットに成功したとはいえません。そのために大切なのがエクササイズです。

1-2.肥満の定義とは?

何キロ以上は肥満、という目安を聞いたことがある方もいるでしょう。体重は肥満度を測る目安の一つです。しかし、体重だけでは肥満度を測ることはできません。

人体は、骨・水分・筋肉や腱・脂肪で構成されています。この中で骨や水分は鍛えたり節制したりしても増減することはあまりありません。体重の増減は、主に筋肉や脂肪の増減で決まります。筋肉は脂肪よりも重いため、筋肉量が多い人は脂肪が多い人よりも体重が重くなるのです。そのため、体重だけでなく体脂肪率と併せて肥満かどうかを判断します。

現在は、体脂肪率も測定できる体重計もたくさん販売さえれているので、家庭でも簡単に体脂肪が測定できるでしょう。男性では、30%以上・女性では35%~40%以上が肥満と判断されます。

1-3.健康と肥満の関係

肥満になると、高血圧や心臓病・脳出血といった命の危険がある病気を発症するリスクがアップします。そのため、健康診断などで肥満と判断されるとダイエットをすすめられるのです。

前項でご説明した体脂肪の他、肥満度を測る数値に体重を身長の2乗で割ったBMI値と、ウエストの周囲径があります。男性が85cm・女性が90cmを超えるとメタボリックシンドロームと診断されるのです。ウエスト周囲径がそれ以下でも、BMI値が25以上ですと肥満と判断されます。

このように、体重以外でも肥満を判断する基準はたくさんあるのです。自分が肥満かな? と思ったら体脂肪率やBMI値を測定してみましょう。