骨盤の歪みを治すために知っておくべき5つのこと

骨盤の歪みをチェック! 歪みを治すために知っておくべき5つのこと

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

骨盤の歪みは多くの現代人が抱えている問題の一つです。しかし、「骨盤の歪み」という言葉は聞いたことがあっても、実際にどのような影響があるの か、自分の骨盤がどうなっているのかを理解している方は少ないと思います。

そこでこの記事では、骨盤の歪みによって起こる症状から、歪みをチェックする 方法・歪みを治すストレッチ方法まで、一挙に紹介します。この記事を読むことで、骨盤の歪みを改善させる方法がわかり、快適な日常生活が送れるようになるでしょう。

骨盤の歪みを解消するためには、以下について理解することが大切です。

01. 骨盤が歪むと
どうなる?

骨盤の歪みは身体に様々な悪影響を与えます。とくに代表的な症状が以下の5つです。具体的にどのようなものがあるのか見ていきましょう。

1-1.肩こりや腰痛が起こる

骨盤の歪みは慢性的な肩こり・腰痛の原因となります。これは、骨盤のズレによって筋肉が引っ張られて緊張し、血行不良となるためです。血液の巡りが悪くなると、筋肉内部に疲労物質や老廃物が溜まります。その結果、肩こりや腰痛といった症状が現れるのです。

1-2.太りやすくなる

骨盤が歪むと、お腹周りや太ももに脂肪が付きやすくなります。これは骨盤の歪みによって内臓の代謝機能が落ちてしまうことが原因です。骨盤が歪んで広がると、胃や腸などの臓器が下がり、骨盤内にある臓器(子宮や膀胱・直腸など)が圧迫されます。すると、臓器の動きが鈍くなり、これが代謝の低下を招いて脂肪が付きやすくなるのです。

1-3.冷え性になる

冷え性も骨盤の歪みによって起こる症状のひとつです。原因としては、先ほどお伝えした血行不良があげられます。人間の身体は、血液が全身を巡ることで一定の体温を維持しており、血液循環が悪くなると体温を上げることができません。そのため、骨盤の歪みによって血行不良が起こると冷え性になってしまうのです。

1-4.生理痛が酷くなる

女性の場合、骨盤の歪みによって生理痛が酷くなることがあります。これは骨盤の歪みによってホルモンバランスが乱れてしまうためです。本来、女性の骨盤は生理周期に合わせて開閉するように動き、それによって女性ホルモンが分泌され、ホルモンバランスが保たれています。しかし、歪んだ骨盤は開閉がスムーズにできません。そのため、ホルモンバランスの調整ができず、生理痛が酷くなってしまうのです。