唇が乾燥したり荒れたりする原因

唇が乾燥したり荒れたりする原因は一体何? 対処法と共に紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

唇の荒れや乾燥に悩んでいる方はいませんか? 唇はほかの部位に比べて皮膚が薄く、しかも濡れやすいので季節を問わず乾燥したり荒れたりしやすい場所です。また、食生活や何気ない生活習慣が唇の荒れや乾燥の原因になっていることもあります。

そこで今回は、唇の乾燥や荒れの原因や対処法をご紹介しましょう。

原因がわかれば予防もできます。唇の荒れや乾燥に悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 唇の乾燥や荒れが起こる原因やメカニズムとは?

はじめに、唇が荒れるメカニズムや原因をご紹介します。なぜ唇は乾燥や荒れが起こりやすいのでしょうか?

1-1.唇の乾燥や荒れが起こるメカニズム

唇の皮膚は他の部分よりも薄く、しかも常に外気にさらされ続けています。つまり、それだけ乾燥しやすいということです。肌の水分が少なくなると表面がひび割れやすくなります。皮膚の一番表面は角質層といい、皮膚を守るバリアの役目を担っているのです。皮膚の水分が少なくなるということは、そのバリアがもろくなるということ。乾燥した状態で皮膚が刺激を受け続けると、皮膚が荒れます。

唇が乾燥してくると、縦ジワが深くなるのです。鏡を見てシワがはっきりと肉眼で確認できるようならば、注意しましょう。

1-2.水分も乾燥の原因

唇は唾液をはじめとする水分で、濡れやすい場所です。皮膚に水分がつくと、その水分が蒸発する際に皮膚の中に蓄えられている水分まで奪ってしまいます。つまり、濡れと乾きをくり返す皮膚は、常に乾いている皮膚よりも乾燥しやすいのです。唇の乾燥が気になるから、と頻繁に唇をなめていると、余計に乾燥してしまうでしょう。

1-3.唇が荒れやすいその他の原因

1-3-1.口紅などがあっていない

口紅やリップクリーム・グロスなど唇につける製品はたくさんあります。その中に含まれている成分が肌に合わないと唇やその周りが余計に荒れやすくなるのです。特に、敏感肌の方は注意しましょう。

1-3-2.紫外線の浴びすぎ

紫外線は、肌を劣化させます。屋外で長時間活動するなど紫外線を浴びやすい方ほど、唇が乾燥したり劣化しやすいでしょう。

1-3-3.唇をなめる癖がある

前述したように、濡れと乾きをくり返す皮膚はより乾燥しやすくなります。ですから、唇をなめる癖がある人ほど乾燥しやすくなるのです。

1-3-4.口呼吸の人

口呼吸をしていると、呼吸をするたびに空気の流れが口元に発生し、より唇が乾燥しやすくなります。唇だけでなく口腔内も乾燥しやすくなるので要注意です。

1-3-5.食生活の乱れなど

食生活が乱れると、肌荒れが起こりやすくなります。特に唇は皮膚が薄いので真っ先に荒れることもあるでしょう。また、食の嗜好も唇が荒れる原因になります。辛いものや酸味の強いものが好きな方は、唇に酸味や辛みの成分が付着しやすく、それが皮膚を刺激して荒れやすくなるのです。

1-3-6.病気

アトピー性皮膚炎や口唇ヘルペスなどを発症すると、唇の皮膚やその周りが荒れることもあります。この場合は病院での治療が必要です。また、胃が悪い場合も唇の周辺が荒れることがあります。