唇が乾燥したり荒れたりする原因

唇が乾燥したり荒れたりする原因は一体何? 対処法と共に紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

唇の荒れや乾燥に悩んでいる方はいませんか? 唇はほかの部位に比べて皮膚が薄く、しかも濡れやすいので季節を問わず乾燥したり荒れたりしやすい場所です。また、食生活や何気ない生活習慣が唇の荒れや乾燥の原因になっていることもあります。

そこで今回は、唇の乾燥や荒れの原因や対処法をご紹介しましょう。

原因がわかれば予防もできます。唇の荒れや乾燥に悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

唇の乾燥や荒れが起こる原因やメカニズムとは?

はじめに、唇が荒れるメカニズムや原因をご紹介します。なぜ唇は乾燥や荒れが起こりやすいのでしょうか?

1-1.唇の乾燥や荒れが起こるメカニズム

唇の皮膚は他の部分よりも薄く、しかも常に外気にさらされ続けています。つまり、それだけ乾燥しやすいということです。肌の水分が少なくなると表面がひび割れやすくなります。皮膚の一番表面は角質層といい、皮膚を守るバリアの役目を担っているのです。皮膚の水分が少なくなるということは、そのバリアがもろくなるということ。乾燥した状態で皮膚が刺激を受け続けると、皮膚が荒れます。

唇が乾燥してくると、縦ジワが深くなるのです。鏡を見てシワがはっきりと肉眼で確認できるようならば、注意しましょう。

1-2.水分も乾燥の原因

唇は唾液をはじめとする水分で、濡れやすい場所です。皮膚に水分がつくと、その水分が蒸発する際に皮膚の中に蓄えられている水分まで奪ってしまいます。つまり、濡れと乾きをくり返す皮膚は、常に乾いている皮膚よりも乾燥しやすいのです。唇の乾燥が気になるから、と頻繁に唇をなめていると、余計に乾燥してしまうでしょう。

1-3.唇が荒れやすいその他の原因

1-3-1.口紅などがあっていない

口紅やリップクリーム・グロスなど唇につける製品はたくさんあります。その中に含まれている成分が肌に合わないと唇やその周りが余計に荒れやすくなるのです。特に、敏感肌の方は注意しましょう。

1-3-2.紫外線の浴びすぎ

紫外線は、肌を劣化させます。屋外で長時間活動するなど紫外線を浴びやすい方ほど、唇が乾燥したり劣化しやすいでしょう。

1-3-3.唇をなめる癖がある

前述したように、濡れと乾きをくり返す皮膚はより乾燥しやすくなります。ですから、唇をなめる癖がある人ほど乾燥しやすくなるのです。

1-3-4.口呼吸の人

口呼吸をしていると、呼吸をするたびに空気の流れが口元に発生し、より唇が乾燥しやすくなります。唇だけでなく口腔内も乾燥しやすくなるので要注意です。

1-3-5.食生活の乱れなど

食生活が乱れると、肌荒れが起こりやすくなります。特に唇は皮膚が薄いので真っ先に荒れることもあるでしょう。また、食の嗜好も唇が荒れる原因になります。辛いものや酸味の強いものが好きな方は、唇に酸味や辛みの成分が付着しやすく、それが皮膚を刺激して荒れやすくなるのです。

1-3-6.病気

アトピー性皮膚炎や口唇ヘルペスなどを発症すると、唇の皮膚やその周りが荒れることもあります。この場合は病院での治療が必要です。また、胃が悪い場合も唇の周辺が荒れることがあります。

皮膚科を受診したほうが良いケース

  • 唇やその端に水泡ができている
  • 唇の皮膚がむけ、血がにじんでいる
  • セルフケアをしても改善の様子が見られない
  • 唇に強い痛みやかゆみがある

このような場合は、できるだけ早く皮膚科を受診しましょう。内臓の病気が原因で唇とその周辺が荒れている場合は、内科への紹介状を書いてくれます。

唇が荒れてしまった時の対処法

この項では、唇が乾燥したり荒れたりした場合の対処法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

3-1.リップクリームなどを塗る

保湿効果のあるリップクリームを塗ると、乾燥した唇が回復しやすくなります。リップクリームは口紅のように横に塗りがちですが、唇のシワに沿って縦に塗るのが効果的です。ただし、何度も塗り返すと摩擦で皮膚が余計に傷むので、1日1~2回塗るだけにしておきましょう。

3-2.リップパックをする

唇の乾燥が激しい場合は、リップパックがおすすめです。専用の商品も出ていますが、はちみつとワセリンを1:1で混ぜたものを唇に塗り、その上から呼吸ができる程度の裂け目を入れたラップを置いて3~5分放置した後、ふき取っても効果が期待できます。これは、NHKの情報番組『あさイチ』で紹介され、大きな話題を呼んだパックです。はちみつとワセリンをふき取った後、もう一度ワセリンを塗るとさらに効果が期待できます。ワセリンは無害なので、なめても問題ありません。

3-3.メイク落としを見直す

メイクを落とす際に使うクレンジングは、肌が持っている水分を奪ってしまいます。ですから、使用後は保湿ケアが必須ですが、唇まで保湿ケアをしている方は少ないでしょう。乾燥や肌荒れが気になる場合は、オリーブオイルで唇のメイク落としをしてみてください。化粧品には油分が含まれているので、同じ油であるオリーブオイルでも落ちるのです。その後はワセリンで保湿しましょう。

3-4.唇のメイクを見直す

1年中唇が乾燥しがちという方は、メイクに使う口紅やグロスの成分が肌と合っていない可能性があります。一度敏感肌用の口紅のみを使用してみましょう。これで唇の乾燥が改善することもあります。

唇の乾燥や荒れを予防する方法

この項では、唇の乾燥や荒れを予防する方法をご紹介します。どうすれば唇が荒れにくくなるのでしょうか?

4-1.唇をごしごしふかない

食後に唇をティッシュ等でごしごしと拭くのは、唇の皮膚を傷める原因になります。食後に唇が汚れた場合は、濡らした柔らかい布や濡れティッシュでそっと拭き取りましょう。子どもの場合も同様です。

4-2.口紅を付けて外出する

口紅は、紫外線を防ぐ効果が期待できます。ですから、女性の場合は外出する際に口紅を付けましょう。紫外線による皮膚の老化を防げます。

4-3.口呼吸や唇をなめる癖をやめる

口呼吸を行っている方は、鼻呼吸に改善しましょう。鼻が詰まっていて無理という場合は、耳鼻咽喉科を受診して鼻詰まりの治療をするとよいですね。
唇の乾燥が気になって唇をなめてしまうという場合は、保湿成分の高いリップクリームやワセリンを塗りましょう。

4-4.食生活を見直す

ビタミンB群やビタミンCは、肌の保湿力を高めて再生能力もアップさせる効果があります。ですから、これらのビタミンを含んだ食べ物を積極的に食べましょう。仕事などで忙しく食事にまで気が回らないという場合は、サプリメントもおすすめです。

唇の乾燥に関するよくある質問

Q.子どもや赤ちゃんにリップクリームを塗ってもよいのでしょうか?
A.リップクリームはなめても大丈夫な成分でできていますが、それでも気になるという方はワセリンがおすすめです。

Q.乾燥してきた唇の皮膚をついむいてしまいます。どうすればよいでしょうか?
A.唇の皮膚をむくと余計に肌荒れがひどくなります。どうしても気になるものはワセリンなどでふやかしてからそっと取り、取った後はワセリンで保湿しておきましょう。

Q.乾燥肌が気になるので、顔のメイクをすべてオリーブオイルで落とすことはできますか?
A.不可能ではありませんが、今度はオリーブオイルを肌から落とすのが大変です。石鹸を使えば乾燥肌の原因になりますので、保湿成分を含んだクレンジングを使ってください。

Q.口紅を付けた後で、ティッシュで拭うのもやめたほうがよいのでしょうか?
A.口紅抑え紙など専用の用紙を利用すると便利です。肌に押し付けるだけで余分な口紅が取れます。

Q.睡眠中に口呼吸をしているようですが、どうやって治せばよいか分かりません。
A.何をやっても治らない場合は、一度耳鼻咽喉科を受診してみましょう。鼻の機能に問題があるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか? 今回は唇の荒れや乾燥の予防法や対処法をご紹介しました。唇の荒れは年代や性別にかかわらず起こります。ですから、こまめにケアをしていくことが大切です。また、何をやっても唇の荒れが治らず痛みもあるという場合は、皮膚科で治療をしましょう。たかが唇の荒れと軽視してはいけません。