ドライノーズの正しい対策・治療を受ける方法とは?

【注目】ドライノーズって何?正しい対策・治療を受ける方法とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「鼻の中がいつも乾燥してむずがゆい」「知らないうちに鼻の中が出血していた」などの症状があるととても不快ですよね。さて、最近「ドライノーズ」という言葉を耳にするようになりました。鼻の中が乾燥している・むずがゆいなど、不快な症状があるときは、ドライノーズになっている可能性があります。今回は、ドライノーズについて、主な症状・原因・治療法など詳しく解説しましょう。正しく治療を受けるためにも、役に立つ内容です。

この記事を読むことで、ドライノーズについて詳しい知識を身に付け、適切な対処・治療ができるようになります。ドライノーズについての不安や疑問を解消するヒントも見つかるでしょう。

ドライノーズについて

最初に、ドライノーズについて基本を学びましょう。主な症状や併発症状も解説します。

1-1.ドライノーズとは?

ドライノーズとは、鼻の粘膜が乾燥している状態です。本来、鼻の中はしっとりと湿っています。ドライノーズになると、ウイルスや細菌に対する抵抗力が低下し、風邪(かぜ)やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなるので注意しましょう。

1-2.鼻の粘膜について

鼻の粘膜には、繊毛(せんもう)と呼ばれる短い毛がたくさん生えています。また、鼻線からは鼻汁が分泌(ぶんぴ)していて、常に湿った状態を保っている状態です。繊毛(せんもう)と鼻汁が連動し、ウイルスや細菌・ごみなどの異物を鼻の中でとどめ、体内に入り込むのを強力に阻止しています。鼻の粘膜は、あらゆる感染症や病気から体を守っているのです。

1-3.ドライノーズの主な症状について

ドライノーズの主な症状には、以下のようなものがあります。

  • ヒリヒリするような痛みがある
  • 鼻がカサカサ・ムズムズする
  • 鼻血が出る
  • 鼻の中にかさぶたができる
  • 鼻くそが大量に出る

1-4.ドライノーズの併発症状

ドライノーズには以下の併発症状が出ることがあります。

  • 鼻の痛み
  • のどの腫れ・痛み
  • 風邪(かぜ)などの感染症
  • 頭痛

併発症状が出ているときは、ほかの病気にかかっている可能性があるので気を付けてください。

ドライノーズの原因は何?

ドライノーズの原因を解説します。原因を正しく知ることは、適切な治療を進めるためにも重要です。

2-1.ドライノーズの主な原因は?

ドライノーズの主な原因は、以下をご覧ください。

  • 点鼻薬の使用
  • 鼻毛の切り過ぎ
  • 体内水分率の低下
  • 加齢

2-2.ドライノーズになりやすい人・患者数について

  • 空気の乾燥

以下の人は、ドライノーズになりやすいので気を付けましょう。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎の人
  • 乾燥した環境で過ごすことが多い人
  • 水分摂取量が少ない人
  • 高齢者

なお、ドライノーズの患者数は潜在的なケースを含めると数百万人以上と言われています。

ドライノーズのセルフチェックをしてみよう

自分がドライノーズかどうか、セルフチェックをしてみましょう。簡単なチェックで調べることができます。

3-1.ドライノーズのセルフチェック項目

ドライノーズの疑いがある人は、以下の項目をチェックしてください。数多く当てはまる人ほど、可能性が高くなります。

  • 鼻がむずがゆかったりピリピリした感じがしたりする
  • 鼻をかんでみても鼻汁が出ない
  • くしゃみがたくさん出る
  • 鼻血が出ることがある
  • 鼻くそが多く出る
  • 風邪(かぜ)をひきやすい
  • 花粉症やアレルギー性鼻炎がある
  • 乾燥した室内で長時間仕事や家事をしている
  • 飲み物をこまめに飲む習慣が無い
  • 鼻毛を切り過ぎている
  • 高齢である

3-2.注意点

セルフチェック後にドライノーズの疑いがあるときは、病院に早めに行ってください。症状が進んでからでは治療が困難・長期化することもあるので気を付けましょう。

ドライノーズの対処法・治療法

ドライノーズの対処法を詳しく伝授します。普段から気を付けることや薬・治療にかんすることなどしっかり学びましょう。

4-1.保湿・加湿に気を付けよう

ドライノーズの対策としては、保湿・加湿が効果的です。たとえば、以下のようなことを心がけるといいでしょう。

  • 外出時や乾燥した室内ではマスクを着用する
  • 入浴のときにゆったりと湯船につかる
  • こまめに水分補給をする
  • 加湿器を使う

4-2.ドライノーズの薬について

ドライノーズの主な治療薬は、塩化ナトリウムを主成分とした点鼻薬です。正常な粘膜に戻すため、また、辛(つら)い症状をやわらげるために使用します。基本的には、1日何回も使用できるものです。なお、ドライノーズは粘膜の炎症を起こしている状態ではないため、消炎剤は使用しません。

4-3.ドライノーズを治療する病院について

ドライノーズを治療するためには、耳鼻科専門病院もしくは病院の耳鼻科を受診しましょう。耳鼻科では、医師による問診・視診などから、総合的に診断を受けることができます。また、自分ではドライノーズだと思っていても、ほかの病気である可能性も否定できません。早期治療を開始するためにも、受診する意味は大きいのです。

4-3-1.受診すべき症状とは?

保湿・加湿に気を付けるなど、セルフケア対策を行っても改善しないときはただちに受診しましょう。また、鼻の痛みやのどの痛み・腫れといった併発症状があるときも同様です。自己判断で放置すると悪化する恐れがあります。

4-3-2.ドライノーズで治療を受ける病院の選び方

ドライノーズの治療を受けるには、信頼できる病院・耳鼻科を選ぶことが大切です。具体的には以下のポイントを満たすところを探してください。

  • ドライノーズの治療で実績が豊富
  • 自宅や職場に近いなど通いやすい環境
  • 治療方針の説明がわかりやすくて丁寧
  • 患者を圧迫する態度を取らない
  • 治療費が明確
  • 不必要な治療を強制しない
  • 病院内の設備・器具などが清潔
  • 患者からの評判がいい

4-3-3.ドライノーズの治療法について

ドライノーズの治療は、原則として対症療法となります。多くの場合で、点鼻スプレーの処方により、経過観察をしていくことになるでしょう。ドライノーズだけで手術を選択することはほぼありません。ただし、ドライノーズと併発して副鼻腔(びくう)炎やほかの病気があるときは、同時に治療を行うことになります。

4-4.ドライノーズの対処法・治療法にかんするそのほかのこと

病院に通っていても、空気の乾燥に気を付けるなどのセルフケアを怠らないようにしてください。また、粘膜を強化する栄養としてビタミンAやビタミンEを多く含んだ食べ物を食事に取り入れましょう。たとえば、緑黄色野菜やフルーツを多めに食べることをおすすめします。栄養のバランスを考えた食事は、粘膜の強化だけでなく免疫力や体力の向上にもつながり、治療効果を後押ししてくれることでしょう。

4-5.ドライノーズの対処法・治療法の注意点

治療を開始して症状が改善してきても、医師から治療完了を告げられるまでは病院に通いましょう。ドライノーズは命にかかわる病気ではないため、軽く考えてしまう人が多いのも事実です。しかし、自己判断で治療を中止すると不完全なところで終わってしまい、再発の原因になります。思うような治療効果が出ないときは、医師に相談してください。いずれにしても、治療を行うときはまじめに取り組み、最後まで行うことが重要です。

ドライノーズにかんするよくある質問

最後に、ドライノーズにかんするよくある質問に回答します。不快な症状から早く解放されるためにもひとつずつ確認しておきましょう。

5-1.ドライノーズなのか風邪(かぜ)なのか判断する基準は?

初期の風邪(かぜ)の症状とドライノーズの症状は、似ているものです。鼻がムズムズしたり、くしゃみが出たりしたときは、保湿・加湿に気を付けるなどの対策をしてみてください。ドライノーズの場合は、発熱しないはずです。体温が上がってきたり、体がだるい・せきが出るなどの症状が出たりしたときは風邪(かぜ)と判断し、治療を行いましょう。

5-2.子どもがいつも鼻をいじっていますがドライノーズなのでしょうか?

子どもは、体の不快な症状をうまく表現できないことがあります。ドライノーズの場合、鼻の痛みやむずがゆさが気になって常にいじることも考えられるでしょう。まずは、子どもの鼻の中を観察してみてください。ドライノーズになると、湿り気がなく、カサカサと乾燥しているものです。ドライノーズは鼻の免疫力を弱め、感染症のリスクを高めますから、速やかに受診してください。

5-3.妊婦がドライノーズになった場合の注意点は?

ドライノーズの治療は、基本的に胎児への刺激になることはありません。ただし、受診時に妊娠中であることを告知してください。点鼻薬のほかに、漢方やビタミン剤など補助的に処方される場合があるからです。妊娠中でも安心して治療を受けるために、覚えておいてください。

5-4.赤ちゃんのドライノーズで気を付けることは?

赤ちゃんがドライノーズになると、鼻の中が乾燥してかさぶたになり、詰まってしまうことがあります。自分では取り除くことができず、呼吸を妨げる原因になるので注意してください。鼻の穴のお手入れをきちんとし、空調にも気を付けましょう。赤ちゃんは特に空気の乾燥に弱く、免疫力も発達途中なので、保護者が十分に気を付けてあげてください。

5-5.ドライノーズの治療は市販薬でも対応できますか?

市販薬の中にも、ドライノーズに効果があることを示したものもあります。気軽に対処できるので、使ってみるのもいいでしょう。ただし、市販薬を使用する場合は薬の成分一覧をきちんとチェックしてください。人によっては、アレルギー性物質が含まれるため危険なこともあります。病名を正しく診断してもらうためにも、できるだけ耳鼻科を受診してください。

まとめ

今回は、ドライノーズについて詳しく解説しました。今は、密閉性の高い建物が増えたことや、エアコンの使用率が高まったこともあって、空気がとても乾燥しています。空気の乾燥は、鼻の粘膜の乾燥につながりドライノーズを引き起こすのです。ドライノーズは、本来の鼻の機能が失われ、風邪(かぜ)・インフルエンザなどの感染症のリスクを増やすので注意してください。早期に適切な対策・治療をして、不快な症状から解放されましょう。