ドライノーズの正しい対策・治療を受ける方法とは?

【注目】ドライノーズって何?正しい対策・治療を受ける方法とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「鼻の中がいつも乾燥してむずがゆい」「知らないうちに鼻の中が出血していた」などの症状があるととても不快ですよね。さて、最近「ドライノーズ」という言葉を耳にするようになりました。鼻の中が乾燥している・むずがゆいなど、不快な症状があるときは、ドライノーズになっている可能性があります。今回は、ドライノーズについて、主な症状・原因・治療法など詳しく解説しましょう。正しく治療を受けるためにも、役に立つ内容です。

この記事を読むことで、ドライノーズについて詳しい知識を身に付け、適切な対処・治療ができるようになります。ドライノーズについての不安や疑問を解消するヒントも見つかるでしょう。

01. ドライノーズについて

最初に、ドライノーズについて基本を学びましょう。主な症状や併発症状も解説します。

1-1.ドライノーズとは?

ドライノーズとは、鼻の粘膜が乾燥している状態です。本来、鼻の中はしっとりと湿っています。ドライノーズになると、ウイルスや細菌に対する抵抗力が低下し、風邪(かぜ)やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなるので注意しましょう。

1-2.鼻の粘膜について

鼻の粘膜には、繊毛(せんもう)と呼ばれる短い毛がたくさん生えています。また、鼻線からは鼻汁が分泌(ぶんぴ)していて、常に湿った状態を保っている状態です。繊毛(せんもう)と鼻汁が連動し、ウイルスや細菌・ごみなどの異物を鼻の中でとどめ、体内に入り込むのを強力に阻止しています。鼻の粘膜は、あらゆる感染症や病気から体を守っているのです。

1-3.ドライノーズの主な症状について

ドライノーズの主な症状には、以下のようなものがあります。

  • ヒリヒリするような痛みがある
  • 鼻がカサカサ・ムズムズする
  • 鼻血が出る
  • 鼻の中にかさぶたができる
  • 鼻くそが大量に出る

1-4.ドライノーズの併発症状

ドライノーズには以下の併発症状が出ることがあります。

  • 鼻の痛み
  • のどの腫れ・痛み
  • 風邪(かぜ)などの感染症
  • 頭痛

併発症状が出ているときは、ほかの病気にかかっている可能性があるので気を付けてください。