乾燥肌の予防法・対策法

乾燥肌は自分で改善できる? 予防法や対策法をまとめて紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

乾燥肌とは、文字どおり肌の水分が少なくなりかさかさした状態になることです。悩んでいる方も多いでしょう。特に冬は湿度が低いので、肌が乾燥しがちです。体質で乾燥肌になってしまう方がいる一方で、食生活や生活習慣を見直すことで乾燥肌が改善する方もたくさんいます。

そこで今回は、乾燥肌になる原因と改善する方法・予防対策などをご紹介しましょう。

乾燥肌に悩んでいる方や乾燥肌にならないように対策方法を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

乾燥肌とは?

はじめに、乾燥肌の定義や原因をご紹介します。なぜ乾燥肌になってしまうのでしょうか?

1-1.乾燥肌の肌はどんな状態?

乾燥肌とは、皮膚の最も外側にある角質層がめくれた状態になった肌のことです。角質層は肌を守る役割を担っていますが、それが失われてしまうと肌の内側に保たれている水分をはじめとした保湿成分が蒸発してしまいます。そのため、肌がうるおいを失ってカサカサしてしまうのです。

1-2.乾燥肌になるとどうなるの?

乾燥肌になると、

  • かゆみ
  • 赤み
  • しわの増加
  • 痛み
  • 柔軟性の低下
  • 皮膚が敏感になる
  • 肌荒れ

などの症状が現れます。ひどくなると、何もしていないのに皮膚が割れて血が出るということもあるでしょう。

1-3.乾燥肌の原因

乾燥肌の原因は、

  • 生活習慣の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 加齢
  • 病気
  • ストレス
  • 生活環境や気候の変化
  • 間違ったスキンケア

などがあげられます。冬になると決まって肌が乾燥するという方も多いでしょう。乾燥肌の原因によっては個人の努力でかなりの改善が望めます。

1-4.乾燥肌になりやすいのはどんなとき?

乾燥肌に最もなりやすい季節は冬です。冬は湿度が低く、空気が乾燥しているため肌全体が乾燥しやすくなっています。また、春~秋でも湿度が低い場所に長時間いると乾燥肌になりやすいでしょう。最近では、空調による空気の乾燥で乾燥肌になる方もいます。

この他、紫外線も肌を痛め角質層を破壊する原因になるのです。直射日光の下に長時間いる方も乾燥肌になりやすいでので注意してください。

1-5.乾燥肌になりやすい年代

乾燥肌は性別・年代を問わずになりますが、30代以降になると男女ともに乾燥肌に悩む方が増えてきます。これは、加齢によって肌が皮脂を蓄える力が弱くなるためです。皮脂は角質層を肌につなぎとめる接着剤の役割を担っているため、これが少なくなるとより乾燥肌になりやすくなります。

なお、意外に乾燥肌になりやすいのが赤ちゃんです。赤ちゃんの肌は大人の半分程度の厚さしかないため、エアコンや外気の影響をすぐに受けます。特に、皮脂の量が減る生後4か月~6か月頃はより乾燥肌になりやすいので注意が必要です。

1-6.男女による違いは?

女性の方がスキンケアに熱心ですがその分間違ったスキンケアをしてしまうことも多いのです。そのため、女性の方が男性よりも乾燥肌で悩んでいる方がたくさんいます。

一方、男性の場合はスキンケアに無頓着な方が多い分、乾燥肌が重症化するまで放っておく方も多いのです。そのため、改善に長期間かかることも珍しくありません。

1-7.乾燥肌になりやすい病気

アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎などの皮膚疾患を患っていると、より乾燥肌になりやすいでしょう。また、生まれつき肌が弱い、いわゆる敏感肌も乾燥肌になりやすいのです。

乾燥肌を悪化させる間違ったスキンケアとは?

この項では、乾燥肌になる原因の一つである間違ったスキンケアについてご説明します。こんなスキンケアをしていませんか?

2-1.肌のこすりすぎ

肌の表面を覆っている角質層はとてもデリケートです。ですから、洗顔や化粧を落とす際に強くこすりすぎるとそれだけで角質層は傷ついてはがれやすくなります。また、化粧水をつける時に皮膚に浸透させるためにパッティングをしたりクリームを強く指で塗りこむようにしたりしても、角質層はダメージを受けるのです。

2-2.洗顔のしすぎ

洗顔をすると汚れと共に肌の保湿成分まで洗い流してしまいます。化粧落としも同様です。1日何度も洗顔や化粧を落とす人ほど、乾燥肌になる可能性は高くなります。

また、洗顔の時に使うお湯の温度も問題です。お風呂と同じ40度前後のお湯で洗うと、余計に保湿成分が落ちやすくなります。洗顔後に肌がつっぱったりかさかさしたりする感じが続く方は、要注意です。

2-3.拭きとりタイプのクレンジング

拭くだけでメイクが落ちるクレンジングはとても便利です。しかし、強力なメイク落としは化粧品と一緒に皮脂をはじめとした保湿成分まで落としてしまっています。そのため、日に何度も使用するとその分角質層もダメージを受けやすいのです。

乾燥肌のセルフチェック

  • 洗顔後に突っ張る感じがする
  • 唇が荒れやすく、リップを塗らないと皮がめくれやすい
  • 肌が粉を吹いたように白くなることがある
  • 指先をぬらさないとビニールや紙などつるつるしたものがめくれない
  • 肌がかゆくなりやすい
  • 皮膚に畳の跡などがつくとなかなかとれない
  • 最近、しわが多くなってきた

このようなことに当てはまる方は要注意です。また、乾燥肌はひどくならないと中々自覚症状がでません。肌が荒れているわけでもないのに化粧のノリが悪くなったなという方は、乾燥肌になりかけている可能性があります。なお、人によってはあごの先や頬など顔の一部だけが乾燥肌になるという方も多いのです。

乾燥肌を改善する方法

この項では、乾燥肌を改善する方法をご紹介しましょう。ぜひ参考にしてくださいね。

4-1.部屋の湿度に気を配る

乾燥肌を改善するには肌の保湿力を高めることも大切ですが、部屋が乾燥しすぎないように気を配ることも重要です。特に冬は、元々湿度が低いのに加えてエアコンを1日中つけていると空気はますます乾燥します。

乾燥肌に悩んでいる方は、部屋の湿度にも気を付けましょう。加湿器などを利用して部屋の湿度を60%程度に保つことが大切です。

4-2.食生活を見直す

食事は体の中から乾燥肌を改善してくれます。乾燥肌の改善に有効な成分は、

  • セラミド
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • タンパク質
  • 脂質

です。セラミドはゴマなどに多く含まれる物質で、角質層にある保湿成分の元になっています。ビタミン類は皮膚の調子を整え、代謝をアップする効果が期待できるのです。脂質は皮脂の元になります。

これらの栄養素を一度に取るためにおすすめな料理が鍋です。鍋はいろいろな野菜や肉を煮込んで作るので、前述した栄養素をほぼ一度に取ることができます。鍋料理は冬のイメージがありますが、乾燥肌でお悩みの方は季節を問わず取り入れてみましょう。

4-3.サプリメントや健康食品

食事ですべての栄養素を摂取するのが難しい場合は、サプリメントや健康食品を利用しましょう。ビタミン類やセラミドのサプリメントは、ドラッグストアなどで簡単に手に入ります。ただし、サプリメントを飲んでいるから食事は適当で大丈夫というわけではありません。サプリメントや健康食品はあくまでも補助として使いましょう。

4-4.化粧品を見直す

乾燥肌は、肌が傷ついているのでむやみに化粧をすると肌荒れの原因になります。できるだけ添加物の少ない敏感肌用の化粧品を使うのがおすすめです。

何種類もの化粧品を試しているのに改善しないという方は、美容皮膚科を受診するのもいいでしょう。美容皮膚科は美容整形外科から発生した診療科で、肌トラブルの相談や美肌をたもつケアなどをしてくれます。自由診療になりますが、乾燥肌でもどうしてもお化粧をしなくてはならないという方におすすめです。

4-5.子どもや赤ちゃんの乾燥肌対策

子どもや赤ちゃんの乾燥肌対策も基本は大人と同じです。この他、肌を傷つけないように気を配りましょう。乾燥肌になるとかゆみが出ることも多いので、肌をかきむしらないように保湿剤などをこまめに塗ってあげるといいですね。赤ちゃんの場合はミトンなどで手を包む方法もあります。なお、保湿剤はベビー用を使いましょう。

乾燥肌対策でやってはいけないこと

この項では、乾燥肌の間違った対策方法をご紹介します。うっかりこんな対策をしてはいませんか?

5-1.スキンケア編

乾燥肌を早く治したいからと、むやみに市販薬を塗ってはいけません。あれこれと薬をぬりたくるとかえって症状が悪化する場合があります。また、肌をこすりすぎないことも大切です。洗顔は泡立てた石けんの泡で肌を優しくなでるようにして行います。体も同様です。ナイロンのあかすりなどで力いっぱい皮膚をこすれば、ますます乾燥肌が悪化するでしょう。また、熱いお湯も角質層にダメージを与えるのでお風呂も洗顔もぬるめのお湯で行ってください。

5-2.食生活編

仕事などが忙しいからと食生活が乱れれば、乾燥肌は悪化します。自炊する時間がない方は、努めて野菜を取る努力をしましょう。また、甘い物やスナック菓子の食べ過ぎにも十分に注意してください。

5-3.生活習慣編

寝不足は乾燥肌を悪化させます。また、強いストレスが長期間かかっても肌の状態が悪くなりがちです。なかなか難しいことですが、ストレスを解消できる方法を見つけ、ストレスがたまりすぎないように気をつけましょう。

病院を受診した方がよいケースは?

  • 乾燥肌が悪化して出血やひび割れなどがある
  • かゆみがひどく、かかずにはいられない
  • 乾燥肌が原因とみられる肌荒れがひどい

このような場合は皮膚科を受診しましょう。子どもや赤ちゃんも同様です。小児科では専門的な治療が行えません。皮膚科では、塗り薬を中心とした投薬治療が行われます。乾燥肌の治療は時間がかかることが多いので、焦らず治療に取り組みましょう。

なお、体質的に乾燥肌になりやすいという場合は漢方薬による体質改善の治療を選択する方もいます。この場合は、医師と相談して漢方薬を処方してもらってください。

乾燥肌を予防する方法

この項では乾燥肌を予防する方法をご紹介します。できることはぜひ実践してみてください。

7-1.早めに寝てストレスをためない

乾燥肌が増える冬は年末年始もあるため、生活が不規則になりがちです。ですから、努めて睡眠時間を多めにとり、ストレスをためない生活を心がけましょう。ストレスを食事やお酒で紛らわしている方は、他の方法を探してみてください。

7-2.洗顔のしすぎは禁物

クレンジングや洗顔料を使った洗顔は1日に1度にして、後はぬるま湯でさっと顔を洗うくらいにしましょう。汚れを落とすならばそれで十分です。保湿のための化粧水などは、コットンにしみこませて優しくたたいて肌にしみこませましょう。

7-3.食事のバランスに気を配る

食事は果物や野菜を多めにとり、おにぎりや菓子パンだけの食事はできるだけ避けましょう。一食そのような食事を取ったら、他の食事で補います。野菜ジュースやヨーグルトを付けるだけでもだいぶ栄養が補えるのです。

乾燥肌に悩んでいる方のよくある質問

Q.漢方薬で乾燥肌が治るものなのでしょうか?
A.漢方薬は体質を改善する効果が期待できますが万能薬ではありません。漢方薬で必ず乾燥肌が治るわけではありませんが、体質的に肌が乾燥しやすい方は、試してみてください。

Q.肌がかゆくてしょうがない場合はどうしたらよいのでしょうか?
A.皮膚科を受診するとかゆみ止めを処方してくれます。また、市販薬のかゆみ止め成分が配合された保湿クリームにも一定の効果が期待できるでしょう。かゆいからといってかきむしらないように注意しましょう。

Q .春になったら乾燥肌が一気に悪化しました。どのような原因が考えられますか?
A.花粉症の症状として皮膚疾患が起こる場合がありますが、素人判断は禁物です。すぐに皮膚科を受診してください。

Q.加齢による乾燥肌はあきらめるしかないのでしょうか?
A.加齢による乾燥肌も食事や生活習慣を改めることで改善が期待できます。保湿クリームなども使ってみましょう。

Q 子どもの乾燥肌できをつけることはありますか?
A かきむしらないように十分に注意しましょう。子どもは大人よりもかゆみが我慢できません。親が気を配り、保湿してあげてください。

おわりに

いかがでしたか? 今回は乾燥肌の原因や対策をご紹介しました。乾燥肌は放置しておくほど症状がひどくなりがちです。ですから、乾燥肌かなと思ったらできる限り早く対策を始めましょう。かゆみを感じる場合は、かきむしらないように注意してかゆみを抑える対策を講じることが大切です。子どもが肌のかゆみを訴えた場合は、乾燥肌を疑い早めに病院を受診してください。