乾燥肌の予防法・対策法

乾燥肌は自分で改善できる? 予防法や対策法をまとめて紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

乾燥肌とは、文字どおり肌の水分が少なくなりかさかさした状態になることです。悩んでいる方も多いでしょう。特に冬は湿度が低いので、肌が乾燥しがちです。体質で乾燥肌になってしまう方がいる一方で、食生活や生活習慣を見直すことで乾燥肌が改善する方もたくさんいます。

そこで今回は、乾燥肌になる原因と改善する方法・予防対策などをご紹介しましょう。

乾燥肌に悩んでいる方や乾燥肌にならないように対策方法を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

01. 乾燥肌とは?

はじめに、乾燥肌の定義や原因をご紹介します。なぜ乾燥肌になってしまうのでしょうか?

1-1.乾燥肌の肌はどんな状態?

乾燥肌とは、皮膚の最も外側にある角質層がめくれた状態になった肌のことです。角質層は肌を守る役割を担っていますが、それが失われてしまうと肌の内側に保たれている水分をはじめとした保湿成分が蒸発してしまいます。そのため、肌がうるおいを失ってカサカサしてしまうのです。

1-2.乾燥肌になるとどうなるの?

乾燥肌になると、

  • かゆみ
  • 赤み
  • しわの増加
  • 痛み
  • 柔軟性の低下
  • 皮膚が敏感になる
  • 肌荒れ

などの症状が現れます。ひどくなると、何もしていないのに皮膚が割れて血が出るということもあるでしょう。

1-3.乾燥肌の原因

乾燥肌の原因は、

  • 生活習慣の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 加齢
  • 病気
  • ストレス
  • 生活環境や気候の変化
  • 間違ったスキンケア

などがあげられます。冬になると決まって肌が乾燥するという方も多いでしょう。乾燥肌の原因によっては個人の努力でかなりの改善が望めます。

1-4.乾燥肌になりやすいのはどんなとき?

乾燥肌に最もなりやすい季節は冬です。冬は湿度が低く、空気が乾燥しているため肌全体が乾燥しやすくなっています。また、春~秋でも湿度が低い場所に長時間いると乾燥肌になりやすいでしょう。最近では、空調による空気の乾燥で乾燥肌になる方もいます。

この他、紫外線も肌を痛め角質層を破壊する原因になるのです。直射日光の下に長時間いる方も乾燥肌になりやすいでので注意してください。

1-5.乾燥肌になりやすい年代

乾燥肌は性別・年代を問わずになりますが、30代以降になると男女ともに乾燥肌に悩む方が増えてきます。これは、加齢によって肌が皮脂を蓄える力が弱くなるためです。皮脂は角質層を肌につなぎとめる接着剤の役割を担っているため、これが少なくなるとより乾燥肌になりやすくなります。

なお、意外に乾燥肌になりやすいのが赤ちゃんです。赤ちゃんの肌は大人の半分程度の厚さしかないため、エアコンや外気の影響をすぐに受けます。特に、皮脂の量が減る生後4か月~6か月頃はより乾燥肌になりやすいので注意が必要です。

1-6.男女による違いは?

女性の方がスキンケアに熱心ですがその分間違ったスキンケアをしてしまうことも多いのです。そのため、女性の方が男性よりも乾燥肌で悩んでいる方がたくさんいます。

一方、男性の場合はスキンケアに無頓着な方が多い分、乾燥肌が重症化するまで放っておく方も多いのです。そのため、改善に長期間かかることも珍しくありません。

1-7.乾燥肌になりやすい病気

アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎などの皮膚疾患を患っていると、より乾燥肌になりやすいでしょう。また、生まれつき肌が弱い、いわゆる敏感肌も乾燥肌になりやすいのです。