肌の乾燥から抜け出したい! 原因・対策・改善方法についてご紹介

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「肌がカサカサする」など、肌の乾燥で悩まされている人は多いでしょう。特に、外の空気が乾燥しやすい冬や、エアコンを使用する季節は、肌の乾燥が気になるはずです。改善するためには、原因を知り、肌に潤いを与えていかなければなりません。そこで、本記事では、肌が乾燥する原因・セルフチェック・対処と改善・予防法について説明します。

この記事を読むことで、肌の乾燥について詳しく知り、改善のための知識が身につきます。悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

01. 肌の乾燥について

乾燥肌を改善するためには、肌についての基礎知識が大切です。乾燥が起きやすい場所とタイプ・種類、なりやすい人・時期についても説明します。

1-1.肌の乾燥とは

肌の乾燥とは、文字どおり、肌の潤い・水分が不足している状態を指します。健康な肌は、汗などの水分と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜(ひしまく)でおおわれているため、潤っている状態です。しかし、肌が乾燥すると、肌を守る皮脂膜がなくなり、カサカサした乾燥状態になります。
また、肌の乾燥だけでなく、むくみ・かゆみ・赤みなどの症状が伴うこともあるでしょう。

1-2.乾燥が起きやすい場所

主に、皮脂分泌量の少ない場所が乾燥しやすい傾向があります。人間の体には、皮脂腺が多い場所と少ない部分が存在しており、頭皮・顔のTゾーン・鼻まわり・首筋・脇などは皮脂腺が多いのです。逆に、手足などの末端部は皮脂腺が少ないので乾燥しやすくなるでしょう。特に、水に触れる機会が多い手は、ケアをしなければすぐに乾燥します。

1-3.タイプ・種類

乾燥肌は、アトピー性皮膚炎・脂性乾燥肌・老人性乾燥肌・一般的な乾燥肌の4種類があります。それぞれの特徴を、以下にピックアップしてみました。

  • アトピー性皮膚炎:花粉やハウスダストなどのアレルゲン物質によって起こる。皮膚の炎症・強いかゆみが特徴
  • 脂性乾燥肌:乾燥している部分と、脂っぽいオイリー肌の部分が混合している状態
  • 老人性乾燥肌:加齢が原因で、皮膚の発汗・皮脂分泌量が低下し、乾燥しやすい状態
  • 一般的な乾燥肌:肌がカサカサしたり、白い粉がふいたりする一般的な症状

1-4.なりやすい人・時期について

正しいスキンケアを行っていない・不規則な生活習慣と食生活を送っている人は、肌が乾燥しやすい傾向があります。保湿がきちんと行われていないスキンケアは、肌の乾燥につながるでしょう。化粧水だけでなく、乳液・美容液・保湿クリームなど、保湿効果の高いものを使用することが大切です。
特に、冬は、乾燥した冷たい空気が肌の潤いと水分を奪ってしまうため、徹底した保湿を行わなければなりません。