動的ストレッチと静的ストレッチの違いと効果を調べてみた

動的ストレッチと静的ストレッチの違いと効果を調べてみた

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

ストレッチには大きく分けて、動的ストレッチと静的ストレッチの2種類があります。とはいっても、目的によってストレッチの方法は異なるものです。それぞれのストレッチにどのような違いがあるのか検証してみました。上手にストレッチを組み合わすことで、より高い効果を期待できるため、自分にあったストレッチの方法をどうぞ見つけてください。

01. 動的ストレッチとは

1-1.動的ストレッチって何?

基本的に筋肉を反復して動かすものはすべて動的ストレッチと考えてよいでしょう。典型的な例としてラジオ体操を思い浮かべてください。ラジオ体操は関節の可動域を広げながら、筋肉をほぐすようにプログラムしたものです。動的ストレッチは別名でダイナミックストレッチとも呼びますが、必ずしもダイナミックな動きが求められるわけではありません。アスリートが行うストレッチから健康管理のために行うものまでさまざまな方法が動的ストレッチに分類されています。

1-2.動的ストレッチをおすすめする理由

動的ストレッチは、筋肉と関節の動きをよくする効果があります。そのため、トレーニングを行う際の準備運動としておすすめです。筋力トレーニングと混同してはいけませんが、動的ストレッチを行うだけでも筋力の増強効果はあります。また、健康増進のために日常のトレーニングとして行うのもよいでしょう。筋力と関節の動きに柔軟性が生まれるため、ケガの予防にも効果的です。

1-3.目的に応じた動的ストレッチの方法

動的ストレッチは、筋肉に大きな負担をかける筋力トレーニングとは異なります。どのような動的ストレッチでも、まずは心拍数を上げていく簡単なストレッチを最初に行いましょう。ラジオ体操のような基本的なストレッチやウォーキングがおすすめです。日頃から運動の習慣があるならば、ジョギングから始めるのもよいでしょう。体全体をバランスよく動かすストレッチを計画してください。ストレッチの際に意識しておきたいのは、筋肉の温度と柔軟性を高め関節の可動域を広げることです。ですから、それぞれの関節や筋肉を全体的に動かすようにして、バランスのとれた動的ストレッチを行ってください。