耳たぶにできた粉瘤の対処法

耳たぶにできるしこり! それは粉瘤かも? 対処法を紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

耳たぶを触るとコリコリとしたしこりを感じる。これはいったい何? と心配になる方もいるでしょう。耳にできるしこりは、粉瘤(ふんりゅう)という良性の腫瘍(しゅよう)の場合がほとんどです。しかし、中には病院で治療が必要なものもあります。そこで、今回は耳たぶにできるしこりの原因や治療法をご紹介しましょう。

原因が分かれば不要な心配をせずにすみます。耳にできたしこりが気になるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

耳たぶにできるしこりの正体とは?

まずはじめに、耳たぶにできるしこりの種類をご紹介します。ほとんどが心配ないものですが、中には注意が必要なものもあるのです。

1-1.粉瘤

耳たぶにできるしこりの中で、最もポピュラーなものが粉瘤(ふんりゅう)です。これは、本来は体外に排出されるはずの老廃物が、皮膚の中にできた袋にたまってしまったもの。病院を受診しても、心配ないから放っておいてくださいと言われることが多いでしょう。ただし、粉瘤の中で炎症が起きて赤く腫れあがって痛みを感じる場合は、病院での治療が必要です。

1-2.耳下腺やリンパ節の腫れ

耳たぶやその周囲には、リンパ節や耳下腺が通っています。ここが何らかの理由で腫れると、しこりのように感じられることもあるのです。リンパ節の腫れは大抵良性なので、過剰な心配はいりません。しかし、3週間以上腫れが続く場合は一度耳鼻咽喉科を受診しましょう。耳下腺が腫れる時は、おたふくかぜを発症している場合がほとんどです。子どもが耳の下を痛がる場合は、まずおたふくかぜを疑ってください。

1-3.肉芽

ピアスの穴を耳たぶに開けている方は、肉芽(にくが)が発生することがあります。肉芽は炎症性の腫瘍で、ピアスを体が異物と認識して追い出そうとして発症するのです。肉芽は毛細血管の塊で、肥大しない限り放っておいても問題はありません。肥大してきた場合は、皮膚科を受診して切ってもらいましょう。

1-4.ニキビ

耳たぶというのは、意外と触る機会が多い場所です。雑菌がついた指先で耳たぶを触り続けていると、ニキビができることがあります。これがしこりと感じられることもあるでしょう。この場合は、患部を清潔にしてむやみに触らないことが大切です。

1-5.悪性の病気

ごくまれにですが、粉瘤が悪性腫瘍になるケースがあります。粉瘤が痛む・大きくなってきた・色が黒っぽいという場合は、皮膚科を受診してください。また、痛風の症状として耳にしこりができる場合があります。痛風はほぼ男性だけが発症する病気で、放っておくと足の親指に激痛がはしるなどの症状が出るのです。男性でずっと耳にしこりが気になっているという方は、足の親指のつけ根付近を押してみてください。激しい痛みを感じるような場合は、痛風の可能性が高いでしょう。

耳たぶにできたしこりの対処法

この項では、耳たぶにできたしこりの対処法をご紹介しましょう。ぜひ参考にしてください。

2-1.むやみに触らず放っておく

耳のしこりが気になる方は多いと思いますが、むやみに触ってはいけません。指についた雑菌が粉瘤やニキビを悪化させてしまうことがあります。どうしても気になる場合は、しこりを鏡に映して異常がないか確認してください。

2-2.痛みやかゆみがある場合

痛みやかゆみがある場合は、一度皮膚科を受診しましょう。粉瘤やニキビが炎症を起こしている場合は、何らかの治療が必要です。かゆみだけの場合は、保冷材で冷やすとかゆみが和らぐことがあります。

2-3.悪性腫瘍の見分け方

悪性腫瘍の場合は何年もかかって進行するケースがほとんどです。そのため、何年たっても無くならないしこりや形がいびつなしこりは要注意。なお、大腸ガンなどから皮膚へガンが転移することもあります。ですから、ガンを経験したことがある方はしこりができたら念のために病院を受診した方がいいですね。

2-4.粉瘤やニキビを市販薬で治す方法

粉瘤はオロナインなどの軟膏で症状が改善する場合があります。特に有名なのが「タコの吸い出し」という市販薬で、大抵の薬局で手に入るので使ってみてください。ニキビの場合はニキビの治療薬を使いましょう。

2-5.やってはいけない方法

粉瘤やニキビ・肉芽などが気になるからといって、自分でつぶしてはいけません。つぶした場所から細菌が入り、感染症をひきおこすことがあります。特に肉芽は毛細血管の塊なので、想像以上の出血が起こる場合もあるのです。

病院を受診した方がよい場合とは?

粉瘤やニキビが炎症を起こして痛んだり、再発を繰り返したりしている場合は病院を受診しましょう。リンパ節や耳下腺の腫れが中々引かない場合も同様です。粉瘤やニキビ・肉芽の場合は皮膚科、リンパ節や耳下腺が腫れた場合は耳鼻咽喉科を受診してください。

耳たぶにできるしこりの予防法とは?

この項では、耳たぶにできるしこりを予防する方法をご紹介します。日常生活で気をつけることはなんでしょうか?

4-1.耳たぶをむやみに触らない

耳たぶを触り続けていると、どうしても雑菌に感染しやすくなります。ですから、耳たぶを触る癖がある方は可能な限り直しましょう。

4-2.ピアスの穴を開ける時は病院で

耳にピアスの穴をあける場合は、病院で行いましょう。自分で行ったりピアスを販売している店で行ったりする場合より、肉芽ができにくくなります。料金は2千円前後です。

4-3.ストレスをためない

ストレスをためると粉瘤ができやすくなるという方もいます。特に粉瘤ができやすい体質の方は、ストレスを溜めすぎないように注意しましょう。ニキビも同様です。女性の場合は、生理の周期に合わせて肌質が変化する方がいます。肌が荒れやすい時期にきたら睡眠を多めに取り、リラックスを心がけてください。

よくある質問

Q.粉瘤が再発を繰り返すのはなぜでしょう?

A.市販薬では、老廃物がたまる袋までは除去できないからです。袋ごと取ってしまいたい場合は皮膚科を受診しましょう。

Q.肉芽を誤って傷つけてしまいました。どうしたらよいですか?

A.コットンやガーゼなど清潔で吸水性の高いもので止血した後、消毒液で消毒してください。

Q.ニキビが耳全体にいくつもできてしまいました。どうしましょう?

A 皮膚科を受診してください。耳にいくつもニキビができるのは、肌のバランスが極端に崩れている可能性があります。

Q.痛風の可能性がある場合はどうしたらよいでしょうか?

A.痛風が疑われる場合は、まず内科を受診してください。最近は専門の痛風外来を設置する総合病院もありますが、紹介状を書いてもらっていると診察がスムーズにいきやすいのです。

Q.まだ20代ですが、痛風になる可能性はあるのでしょうか?

A.若くても痛風になる可能性があります。血縁者に痛風患者がいる場合は要注意です。

おわりに

いかがでしたか?今回は耳たぶにできるしこりの原因と対処法をご紹介しました。耳たぶにできるしこりの9割が何の心配もないものです。ですから、まずは幹部を清潔に保つことを心がけておきましょう。どうしても気になるという場合は、最寄りの皮膚科を受診してください。医師に診てもらえば何かあった場合も適切な治療を受けることができます。また、リンパ節の腫れは風邪やインフルエンザの前兆です。リンパ節の腫れを感じたら、体調に気を配りましょう。