ケガの予防や再発防止!テーピングの効果や種類をご紹介します。

スポーツをしている方には馴染(なじ)みがあるテーピング。スポーツテーピングという言葉もあり、ケガ予防などに効果を発揮しています。
関節や筋肉を、運動の妨げにならない範囲で補強するものです。テーピングの有効性は使い方しだいで広がります。
ケガをした経験がある場合、再発防止のためにも積極的に取り入れたいものです。
テーピングについてご紹介します。

テーピングの目的

スポーツはケガをすることがまれにあります。痛みを伴い、応急処置が必要になるケースもあるでしょう。
1度ケガをすると、同じ部位を再発する恐れもあり、テーピングによる補強や保護をすることが望ましいと考えられています。
テーピングを正しく使うために、なぜテーピングをするのかをご紹介しましょう。

1-1.ケガの予防

スポーツを楽しむ方は、少なからずケガをした経験があると思います。捻挫や肉離れが代表的です。突き指など小さな部位に痛みを感じる方もいるでしょう。
スポーツは、ケガと隣り合わせであることを覚悟しなければなりません。
ケガをしてしまうと、スポーツを中断しリハビリなどを余儀なくされてしまいます。休んでいる期間に鍛えた体の衰えや技術が鈍ってしまうこともあるでしょう。
スポーツを安全にいつまでも楽しむためには、ケガを予防することが何より大切です。ケガをする原因は、関節や筋肉の可動範囲を超えたために発生することにあります。
未然にケガを予防する目的で、テーピングであらかじめ関節や筋肉への負荷を減らすことが大切です。テーピングで関節を固定、可動域制限されることにより、無理な動きができないようになります。

1-2.ケガの再発防止

1度ケガをしてしまうと、同じ部位を再発しやすくなる傾向があります。テーピングによる補強・保護によって、ケガをしたことのある部位を固定し、再びケガをすることが減少すると考えられているものです。現在の日本では、主にケガの再発防止に着目し、テーピングを施すことが一般的となっています。
ケガが回復してスポーツをまた始めるときも、ダメージを受けた部位を必ず補強し、再発する不安を和らげることができるはずです。
テーピングで保護されている安心感で、積極的にスポーツに復帰することができます。ケガをする前と同じように運動能力を発揮できるでしょう。

1-3.応急処置としての目的

ケガをした場合の応急処置として、テーピングで一時的な患部固定にも使います。医療機関を受診するまでの間、圧迫して内出血や腫脹(しゅちょう)を抑える役割です。
テーピングで固定した後に冷却を行い、ケガによる痛みも緩和できます。テーピングをして痛みが抑えられると運動に戻っても違和感を抱かないこともあるはずです。しかし、悪化してしまう恐れがあるので医療機関を必ず受診し、診断を受けるようにしましょう。

テーピングの効果

ケガの予防・再発防止を目的に使われているテーピングですが、その効果はどのようなものなのでしょうか? 

2-1.可動域制限

捻挫・脱臼・肉離れをしたときにテーピングを使うのが一般的です。通常の範囲を超えて関節が動いてしまったため、可動域に異常を起こしています。
テーピングをすることで可動域を制限し、安定した動きに抑えることが可能です。患部に負荷がかかりにくく、動いても痛みを感じにくくなるでしょう。

2-2.患部補強

ケガをしていると、筋肉・靭帯(じんたい)・腱(けん)などが弱くなっています。患部を補強することで、ケガの再発・悪化予防につながるでしょう。
捻挫や肉離れをした場合は、患部を固定するテーピングをすることが一般的です。ただし、ケガをした場合は一時的に補強するようにし、なるべく早めに医療機関を受診するようにしましょう。
放置し、自己判断でスポーツを継続して、症状が悪化してしまいます。テーピングをしているからと過信してしまうことは危険です。あくまでも予防や保護を目的とし、治療に代わるものではありません。

2-3.精神的安定

ケガをしていると、患部に対する不安や再発するのではないかという恐怖を感じることもあるでしょう。1度ケガした場所をかばい、安心してスポーツを楽しむことができないという方もいます。
テーピングは過去にケガした場所を固定し補強することで、精神的安定が得られ、不安から解放してくれるでしょう。再びスポーツを楽しみたいと考えている方は、テーピングを有効活用してみてください。

テーピングの種類

テーピングは大きくわけて3種類あります。ライト・ソフト・ハードです。違いは固定するパワーにあります。ライトタイプは包帯代わりに使えるもので、使用感も優しく違和感を抱くことが少ないようです。
どのくらい補強固定を望んでいるかで使いわけるといいでしょう。また、ケガの部位によっても異なります。

3-1.キネシオロジーテープ

皮膚への刺激が少なく、薄く粘着力があるのがキネシオロジーテープです。キネシオロジーテープは筋肉が動きやすくなり、マッサージと同じような効果が得られるといわれています。血流促進効果もあり、疼痛(とうつう)緩和や治癒までの時間を短縮できるものです。
キネシオロジーテープは、筋肉保護を目的としています。伸縮性の高いもの。筋肉や関節の動きをアシストしてくれる役割を持っています。ケガが回復してきたころから使用を始め、スポーツをしながら完治をめざす方におすすめのテーピングでしょう。
粘着部分はアクリル系材料を使っているため、皮膚に影響が少ない分、水や汗に弱い特性を持っています。テープ幅は、25mm、50mm、75mmの3タイプです。

3-2.エラスティックテープ

厚めの布でできていて伸縮性の高いハードタイプは、エラスティックテープです。使う部位は、足首・膝(ひざ)・肩などの可動する場所がほとんど。
関節をがっちり固定してしまうと、動きに支障が出やすいため、エラスティックテープを使うことが多いようです。スポーツをしていても伸縮性があるため、邪魔にならないのが特徴でしょう。
粘着力もあり、はがれる心配もありません。テープ幅は、51mmと76mmが一般的。厚手の布地で丈夫な作りです。ハサミでカットして使うといいでしょう。
粘着部分がシンナー系の材料でできているため、短時間の使用に向いています。長時間使用するとかぶれる心配があるので、注意しましょう。
ソフトタイプのエラスティックテープもあり、手でカットできるのが特徴です。優しい肌さわりで、テーピングを仕上げるときに使う方もいます。
エラスティックテープは、固定しても可動域は確保したい方に向いているテーピングでしょう。

3-3.ライトテープ

粘着力・固定力ともに弱いのが特徴です。薄手で伸縮性があります。テープ幅は51mmがほとんど。水や汗で浮きやすいテーピングを抑え、はがれにくくする目的でも使われます。

3-4.ホワイトテープ

伸縮性はなく、しっかり固定したいときに使うのが理想です。筋肉や関節を動かないように制限し、ケガ予防・再発を防ぐために用いられます。
また、応急処置に使われることが多いのが、ホワイトテープです。さまざまな部位に対応するテーピングだとされています。

3-5.アンダーラップ

テーピングによるかぶれが心配な場合、アンダーラップで皮膚を保護してから行うケースもあります。汗をかきやすい方にもおすすめです。

注意点

テーピングを巻くときの注意点は、しわができないように巻くこと。また、きつく巻いてしまって血流障害が起こらないことも大切です。圧迫し固定することを目的にしていても、血管が圧迫し過ぎてうっ血してしまうのはいけません。
テーピングを巻き終えた後に、痛みを感じないか確認しましょう。固定具合や圧迫感がわからない場合は、専門機関で指導を受けるようにしてください。特にテーピングを巻いた経験が少ない方だと、巻き方を十分に理解していないケースが多いようです。
適切な方法でテーピングをしないと、動きに影響が出てしまいます。

まとめ

テーピングについてご紹介しました。いかがでしたか? 

  • テーピングの目的
  • テーピングの効果
  • テーピングの種類
  • 注意点

ケガの予防や再発防止に効果的なテーピング。さまざまな種類がありますので、患部に合わせて選ぶといいでしょう。正しい巻き方がわからない場合は、専門機関で指導を受けるようにしてください。