ケガの予防や再発防止するテーピングの効果や種類を紹介

ケガの予防や再発防止!テーピングの効果や種類をご紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

スポーツをしている方には馴染(なじ)みがあるテーピング。スポーツテーピングという言葉もあり、ケガ予防などに効果を発揮しています。
関節や筋肉を、運動の妨げにならない範囲で補強するものです。テーピングの有効性は使い方しだいで広がります。
ケガをした経験がある場合、再発防止のためにも積極的に取り入れたいものです。
テーピングについてご紹介します。

01. テーピングの目的

スポーツはケガをすることがまれにあります。痛みを伴い、応急処置が必要になるケースもあるでしょう。
1度ケガをすると、同じ部位を再発する恐れもあり、テーピングによる補強や保護をすることが望ましいと考えられています。
テーピングを正しく使うために、なぜテーピングをするのかをご紹介しましょう。

1-1.ケガの予防

スポーツを楽しむ方は、少なからずケガをした経験があると思います。捻挫や肉離れが代表的です。突き指など小さな部位に痛みを感じる方もいるでしょう。
スポーツは、ケガと隣り合わせであることを覚悟しなければなりません。
ケガをしてしまうと、スポーツを中断しリハビリなどを余儀なくされてしまいます。休んでいる期間に鍛えた体の衰えや技術が鈍ってしまうこともあるでしょう。
スポーツを安全にいつまでも楽しむためには、ケガを予防することが何より大切です。ケガをする原因は、関節や筋肉の可動範囲を超えたために発生することにあります。
未然にケガを予防する目的で、テーピングであらかじめ関節や筋肉への負荷を減らすことが大切です。テーピングで関節を固定、可動域制限されることにより、無理な動きができないようになります。

1-2.ケガの再発防止

1度ケガをしてしまうと、同じ部位を再発しやすくなる傾向があります。テーピングによる補強・保護によって、ケガをしたことのある部位を固定し、再びケガをすることが減少すると考えられているものです。現在の日本では、主にケガの再発防止に着目し、テーピングを施すことが一般的となっています。
ケガが回復してスポーツをまた始めるときも、ダメージを受けた部位を必ず補強し、再発する不安を和らげることができるはずです。
テーピングで保護されている安心感で、積極的にスポーツに復帰することができます。ケガをする前と同じように運動能力を発揮できるでしょう。

1-3.応急処置としての目的

ケガをした場合の応急処置として、テーピングで一時的な患部固定にも使います。医療機関を受診するまでの間、圧迫して内出血や腫脹(しゅちょう)を抑える役割です。
テーピングで固定した後に冷却を行い、ケガによる痛みも緩和できます。テーピングをして痛みが抑えられると運動に戻っても違和感を抱かないこともあるはずです。しかし、悪化してしまう恐れがあるので医療機関を必ず受診し、診断を受けるようにしましょう。