肩こりに効く食べ物は? 食べ物と肩こりの意外な関係

「肩こりに効く運動やストレッチをしても一向に肩こりが良くならない」とお悩みではありませんか? このような場合、食生活が原因で肩こりになっている可能性があります。そこで、この記事では、肩こりと食生活の関係や肩こりに効く食べ物について解説していきましょう。この記事を読んで、しつこい肩こりを解消してください。

食生活が肩こりに影響するのはなぜ?

肩こりの原因はさまざまですが、食生活もその一つです。なぜ、食生活によって肩こりになってしまうのでしょうか? 3つの原因を紹介します。

1-1.自律神経のバランスが悪くなる

第一に、乱れた食生活によって自律神経のバランスが悪くなるということがあげられます。「食事をする時間が毎日バラバラ」「朝食をとらない」といった生活を送っていると、体のリズムが崩れ、自律神経のバランスが悪くなるのです。自律神経のバランスが悪くなることで筋肉の緊張状態が続き、肩こりが起こります。

1-2.血液循環や水分代謝の悪化

第二に、偏った食生活による、血行不良や代謝不良です。栄養が偏った食生活を送っていると、たんぱく質・炭水化物・ビタミン・ミネラルなどが不足します。すると、体の血液循環や水分代謝が悪くなり、肩こりが現れるのです。

1-3.咀嚼(そしゃく)回数が少ないと肩こりになる?

第三に、咀嚼(そしゃく)回数が少ないということがあげられます。食事をするとき、咀嚼(そしゃく)回数が少なかったり片側だけの歯で噛(か)んでいたりすると、顎が弱くなり噛(か)み合わせが悪くなるのです。噛(か)み合わせが悪くなることで、頰や首の筋肉がアンバランスとなり、肩こりが起こります。

肩こりを招く食事とは?

それでは、肩こりを招く食事には具体的にどのようなようなものがあるのでしょうか? 以下のような食生活を送っている方は食生活を見直していきましょう。

2-1.インスタント食品中心の食生活

インスタント食品ばかりを食べている人は注意が必要です。確かに、多忙な現代人にとってインスタント食品は生活に無くてはならない存在となっています。しかし、このような食事ばかりでは筋肉活動や血流改善に必要な栄養素をしっかりと取ることができません。そのため、インスタント食品中心の食生活を送っていると肩こりになりやすくなるのです。

2-2.甘いモノの食べ過ぎに注意!

また、甘いモノの食べ過ぎも肩こりと深い関係があるのです。甘いモノを食べると体内で血糖値が上昇し、一時的に疲れが取れたように感じます。しかし、血糖値が急激に上がると、脾臓(ひぞう)と呼ばれる臓器に大きなストレスがかかるのです。すると、内臓に関連する腹直筋が収縮し、体が前傾姿勢となります。これが肩こりを引き起こす原因となるのです。

2-3.噛(か)みごたえのない食べ物

噛(か)みごたえのない食べ物も肩こりを招く原因です。先ほども説明したように、咀嚼(そしゃく)と肩こりは大きく関係しています。麺類やパンなど、噛(か)みごたえのない柔らかいもの中心の食生活は肩こりを招く原因となるため注意してください。

肩こりに効く食べ物にはどんなものがある?

最後に、肩こりに効果のある食べ物を紹介します。以下のものを積極的に食べることで、肩こりを予防・改善することができるでしょう。

3-1.クエン酸を含む食品

まず、肩こりに効果的な栄養素としてクエン酸があげられます。クエン酸には、疲労物質を分解し肩こりを解消・予防する効果があるのです。クエン酸は、梅干し・かんきつ類・お酢などから摂取することができます。

3-2.ビタミンEを含む食品

次に、肩こりに効果的な栄養素として有名なのがビタミンEです。ビタミンEには、肩こりの原因である血行不良を改善させる効果があります。ビタミンEを含む食品の中で代表的なものは、ウナギ・ホウレンソウ・ピーナッツ・かぼちゃ・アボカドなどです。

3-3.タンパク質を含む食品

さらに、タンパク質を含む食品も肩こりに効果的です。タンパク質は筋肉の元となる栄養素で、筋肉代謝を活発にして肩こりを予防する働きがあります。タンパク質が豊富に含まれる食品としては、肉類や魚・大豆などが代表的です。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、肩こりと食生活の関係や肩こりに効く食べ物について解説しました。

  1. 食生活が肩こりに影響するのはなぜ?
  2. 肩こりを招く食習慣とは?
  3. 肩こりに効く食べ物にはどんなものがある?

以上のポイントを押さえて、食生活から肩こりを改善させていきましょう。ぜひ、今晩の食事から今回紹介した肩こりに効果的な食品を取り入れてみてはいかがでしょうか?