空気清浄機の効果や選び方とは? チェックポイントをご紹介

空気清浄機の効果や選び方とは? チェックポイントをご紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

最近、PM2.5などの汚染物質による大気汚染を気にする方が増えています。
また、出産を機に「赤ちゃんをできるだけきれいな空気の中で育てたい」と思う方もいるでしょう。
そんなときに利用を考えるのが、空気清浄機です。
でも、空気清浄機にも種類があります。
そこで、今回は空気清浄機の効果や選び方についてご紹介しましょう。
部屋に適した空気清浄機を置かなければ、効果は期待できません。
また、最近の空気清浄機についているオプション機能についてもご紹介します。
空気清浄機の購入を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 空気清浄機とはどんな家電なの?

空気清浄機とは、空気中に漂っている微細なほこりや花粉、さらにタバコの煙などを取りのぞくための電化製品です。
空気清浄機の歴史は古く、19世紀イギリスでその原型が発明されたといわれています。
日本では、1960年代の高度成長期時代に商品化されました。
この時代は経済の発展と同時に環境汚染が深刻になり、四日市ぜんそくなど公害病が問題になっていたのです。
しかし、一般家庭に空気清浄機が普及し始めたのは、1980年代に入ってからといわれています。
この時代から、花粉症患者が増えて社会問題になり始めました。
屋内の花粉対策のために購入した方が多かったそうです。
その後、空気清浄機は進化を続け、PM2.5にも対応する機種が出たり加湿などの機能を持った空気清浄機が販売されたりしています。
現在、家庭への普及率は30%程度だそうですが、その多くが「花粉症対策」だそうです。