ブルーライトの影響を詳しく知りたい! 簡単に対策できる方法を解説!

「ブルーライトは目に悪いと聞いたけど、具体的にどんな影響があるのだろう」とお考えでしょうか? 普段からスマホやパソコンを使う機会が多いと、ブルーライトの影響を受けないか不安になりますよね。しかし、具体的にどんな影響があるのか、影響を避けるためにはどうするべきかなど、よく分からないことも多いでしょう。まずは、ブルーライトについて正しい知識を身に付け、対策することが必要です。

そこで今回は、ブルーライトの影響について詳しく解説します。

  1. ブルーライトとは?
  2. ブルーライトが人体に与える影響は?
  3. ブルーライトの影響を避けるには?
  4. ブルーライトの影響に関するよくある質問

この記事を読むことで、ブルーライトの影響を避けるポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.ブルーライトとは?

最初に、ブルーライトとはどんなものかを見ていきましょう。

1-1.可視光線で青色をしている

ブルーライトとは青色の可視光線で、波長が380~500nmと短いことが特徴です。波長が短いために光のエネルギーが強く、目に入ると大きな負担がかかります。ブルーライトは、青く見える光にだけ含まれているわけではありません。たとえば、白く見える日光にも、ブルーライトが含まれています。そのため、単に青色に見える光だけを対策すればよいというものではないのです。

1-2.ブルーライトの有害性に関心が集まっている

最近、ブルーライトの有害性に関心が集まってきています。スマホやパソコンを介してコミュニケーションや情報収集を行うことが多くなり、ブルーライトを頻繁に浴びる機会が増えているからです。スマホやパソコンのほかにも、携帯ゲーム機やテレビなどからもブルーライトが出ているため、しっかり対策しないと子どもから高齢者まで影響を受けてしまいます。ブルーライトの影響を受けないためにも、しっかり対策する必要があるのです。

2.ブルーライトが人体に与える影響は?

ブルーライトが人体に与える主な影響について見ていきましょう。

2-1.眼精疲労を招く

ブルーライトは眼精疲労を招く原因になるので、注意が必要です。ブルーライトが目に入ると、角膜や水晶体を通過して網膜まで達します。ブルーライトは、波長が短くてエネルギーが強い光なので、目に大きな負担になるのです。スマホやパソコンなどを長時間見続けると疲れやすいのは当然でしょう。

2-2.不眠症などの原因になる

ブルーライトは、不眠症など睡眠障害の原因になることがあります。寝る前にスマホやパソコンの画面を見続けると大量のブルーライトを浴びることになり、体内リズムが狂って翌朝の目覚めに影響するのです。実際に、ブルーライトを浴びると、よい睡眠に不可欠なメラトニンが出にくくなるとの報告があります。特に、普段から寝付きが悪い人は、寝る前にスマホやパソコンなどの画面を見ないようにすることがおすすめです。

2-3.肌が老化する

肌が老化するのも、ブルーライトによる影響の一つです。肌がブルーライトを浴びると、体内リズムが狂って睡眠障害の原因になります。睡眠障害があると、肌が生まれ変わる周期が乱れて、肌荒れが起こりやすくなるのです。また、ブルーライトは紫外線の次に強いエネルギーを持つ光なので、肌の防衛機能が働いてメラニンを増やそうとします。すると、肌がくすんで見えたりシミが増えたりするのです。美容が気になる人も、ブルーライトの対策をきちんとする必要があります。

3.ブルーライトの影響を避けるには?

ブルーライトの影響を避ける方法を詳しくご紹介します。

3-1.ブルーライトカットメガネをかける

ブルーライトの影響を受けないようにするには、ブルーライトカットメガネをかけるのも一つの方法です。ブルーライトカットメガネをかけると、目が疲れにくくなる効果が期待できます。ただし、効果が期待できるのは、あくまでもレンズに覆われている部分だけです。したがって、メガネをかけたときに上下・左右から入り込むブルーライトはカットできません。

3-2.スマホのブルーライトカット機能をONにする

スマホによっては、ブルーライトカット機能をONにすることで、画面から発生するブルーライトを軽減することができます。具体的な設定方法は、各スマホの使用説明書などを参考にしてください。なお、ブルーライトカット機能をONにすると、画面の青みを抑えることになるので、画像や映像の色合いに違和感が出ることがあります。

3-3.パソコンやスマホにブルーライトカットシートを貼る

パソコンやスマホにブルーライトカットシートを貼るのもよい方法です。画面に貼るだけでブルーライトを軽減してくれるので、簡単に対応できます。購入するときは、画面サイズに合っているか確認してください。画面より小さなものや形状が合わないものでは、ブルーライトがもれてしまう部分ができてしまいます。

3-4.スマホやパソコンなどの画面をこまめにOFFにする

スマホやパソコンなどを使わないときは、画面をこまめにOFFにしましょう。画面がOFFになることで、無駄なブルーライトを浴びずに済みます。おすすめは、一定時間操作しなかったら自動的にOFFになるように設定しておくことです。ブルーライトをカットするのと同時に、バックライトの省エネにもつながります。

3-5.スマホやパソコンなどから離れる

スマホやパソコンから、強制的に離れる時間を作りましょう。いつも身近な場所にあると、つい画面を見てしまうことになります。パソコンを使用した後は休憩を兼ねて席を離れる、寝る前はスマホを枕元に置かないことなどもおすすめです。何となく画面を見る機会が減るので、ブルーライトを浴びる量を抑えることができます。

4.ブルーライトの影響に関するよくある質問

最後に、ブルーライトの影響に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.ブルーライトにもメリットはある?
A.あります。ブルーライトはメラトニンを抑制するため、時差ボケの解消に効果的です。また、高い集中力が必要な場面では、ブルーライトがサポートするとの報告もあります。

Q.テレビから発するブルーライトの影響を抑える方法は?
A.テレビを見るときに近づき過ぎないことが大切です。ブルーライトは、近距離であるほど影響を強く受けます。テレビを見るときは画面から1.5~2m程度離れましょう。また、テレビを見終えたらスイッチをOFFにしてください。

Q.デザインの仕事なのでパソコンの画面が黄ばむと困るのですが?
A.画面の色合いが変化すると困る場合は、気軽に着脱できるブルーライトカットメガネを使用したり、使わないときは画面をOFFにしたりするなどの方法がおすすめです。仕事に支障を与えず、ブルーライトを浴びる量を必要最低限に抑えることができます。

Q.ゲーム機を使っていて目が疲れるのはブルーライトが原因?
A.一概には言えません。ゲーム機を使って疲れる原因には、さまざまなものがあるからです。たとえば、画面を凝視することによってまばたきが減るとドライアイになります。また、長時間ゲーム機を操作すれば、目を酷使することになるので当然疲れるでしょう。

Q.妊娠中にブルーライトを浴びるとおなかの子どもに影響がある?
A.現時点では、おなかの子どもに直接ブルーライトの影響があることは、化学的に解明されていません。しかし、母親がスマホなどの画面からブルーライトを浴びて睡眠障害などになった場合、間接的な影響を及ぼす可能性はあります。

まとめ

今回は、ブルーライトの影響について詳しく解説しました。スマホやパソコンなどの画面から発生するブルーライトは、波長が短くエネルギーが強い光であるため、人体にさまざまな影響を与えることがあります。スマホやパソコンなどを使うことが多い人は、ブルーライト対策をきちんと行いましょう。たとえば、ブルーライトカットメガネや、ブルーライトカットシートなどの対策グッズを活用したり、使わないときは画面を消したりするなどの方法があります。ブルーライトの影響を最低限に抑えるためにも、状況に合わせて対策してみてください。