リンパマッサージとは?気になる効果とやり方を徹底解説!

最近、よく耳にするリンパマッサージ。どういうものかご存じですか?おそらく、名前は聞いたことはあるけど、実際にどのようなものなのかはわからない方が多いのではないでしょうか?そこで、この記事では、リンパマッサージの効果・やり方について解説していきます。この記事を読むことで、リンパマッサージの効果ややり方について理解できるはずです。体の不調が気になるという方は、ぜひ試してみてください。

リンパマッサージとは?

リンパマッサージとは、リンパ液の流れを促進するマッサージ方法です。リンパ液は体内の浄化・免疫という役割を担っている液体で、体を正常に保つ役割をしています。しかし、リンパ液の流れが滞ると、体に老廃物が蓄積され、美容・健康面にさまざまなトラブルが現れるのです。リンパマッサージは滞ったリンパの流れをスムーズにし、老廃物の排出を促して体内バランスを整える効果があると考えられています。

リンパマッサージにはどんな効果がある?

リンパマッサージには、体に起こるさまざまな問題を改善する効果があります。具体的にどのような症状に効果があるのか? 代表的なものを3つ紹介します。

2-1.肩こり・首こりの解消

まず、リンパマッサージの効果として期待できるのが肩こり・首こりの解消です。肩こりや首こりの原因は、肩や首周辺の血行やリンパ液の流れが悪くなることです。そのため、リンパの流れを良くして老廃物が排出されることで、固くなった筋肉がほぐれ、肩こり・首こりが解消されます。

2-2.疲労回復

また、リンパマッサージには疲労回復効果もあります。リンパの流れが悪くなると、体内に疲労物質が蓄積され、疲れやすくなりがちです。リンパマッサージをしてリンパの流れを改善することで、疲労物質が排出され、疲労が回復します。

2-3.免疫力の向上

さらに、リンパマッサージには免疫力を向上させる働きもあるのです。本来、リンパ液には体内の細菌や異物などと戦う働きがあり、免疫力に大きく関係しています。しかし、リンパの流れが滞ると、正常な働きができず免疫力が下がってしまうのです。リンパマッサージをすることでリンパの流れがスムーズになり、免疫力が向上します。

リンパマッサージのやり方は?

それでは、実際にリンパマッサージを行うにはどうすればいいのでしょうか? リンパは身体中に流れており、リンパマッサージの方法はさまざまです。ここでは、簡単に自分でできるものを3つ紹介します。

3-1.鎖骨にあるリンパ節のマッサージ

左側の鎖骨上にあるくぼみを鎖骨に沿ってマッサージします。人差し指と中指を揃え、中央から外側に向かって指を滑らせるようにしてください。力を入れず、軽いタッチで行うのがポイントです。

3-2.耳の下にあるリンパ節のマッサージ

親指以外の4本指を使って耳の下から鎖骨の中央、耳の下から肩先と交互にリンパを流します。左右1分ほどかけてマッサージしてください。時間をかけてマッサージをすることで、徐々に症状が軽くなっていきます。

3-3.脇・腕にあるリンパ節のマッサージ

まず、脇の下を親指以外の4本指を使って軽くほぐしましょう。つぎに、親指と4本指で挟むように二の腕をマッサージしていきます。肘の方から脇の下に向かって、場所を変えながらマッサージしてください。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、リンパマッサージの効果・やり方について解説しました。

  1. リンパマッサージとは?
  2. リンパマッサージにはどんな効果がある?
  3. リンパマッサージのやり方は?

リンパマッサージは自分でも簡単に行うことができます。今回の記事を参考にして、さっそく毎日の生活に取り入れてみてください。