腹式呼吸の効果や問題点

腹式呼吸の効果や問題点について~正しいやり方をマスターしよう!~

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

私たちは無意識に呼吸をしています。普段している呼吸は「胸式呼吸」です。胸式呼吸のほかにも、「腹式呼吸」と言う呼吸運動があります。実は、腹式呼吸には体・精神面にいい影響をもたらす呼吸運動だとわかりました。

そこで、腹式呼吸の効果や問題点・正しいやり方について詳しく説明します。健康体になるには胸式呼吸だけでなく、腹式呼吸もできるといいですよ。

01. 腹式呼吸の効果

胸式呼吸とは違う腹式呼吸は、おなかの動きがポイントになります。おなかの動きによってさまざまな健康効果が生まれるのです。一体、腹式呼吸にはどんな効果があるのでしょうか。これから一緒に効果をチェックしていきたいと思います。

1‐1.体のさまざまな部位が活性化する

腹式呼吸は、おなかの動きを意識する呼吸法です。胸式呼吸は胸郭の上部だけ動かしますが、腹式呼吸は下部への動きが基本になります。下部へ動きが広がることで内蔵が圧迫し体内のさまざまな部位が活性化するのです。つまり、内蔵の運動をうながす効果があります。内蔵に対するマッサージ効果によって、消化運動や血行促進効果が期待できるでしょう。

現在、3人に1人の女性が便秘だと言われていますが、腹式呼吸で便秘解消したと言う人は多いです。おなかのマッサージが腸内に刺激を与え、便を排出する動きが活性します。さらに、腹式呼吸は横隔膜(おうかくまく)や骨盤底筋(こつばんていきん)、腹横筋(ふくおうきん)などインナーマッスルも鍛えることができるでしょう。

1‐2.副交感神経が活性化する

ストレス社会だと言われている現代、精神的にダメージを受けやすい人が増加しています。ストレスをためこみやすい人ほど自律神経が乱れやすいでしょう。すぐにイライラする、ものに八つ当たりしてしまう、暴飲暴食をするなど不安定な生活におちいりやすくなるのです。

そこで、腹式呼吸を日々の生活に取りいれてみてください。腹式呼吸にはリラックス効果があるので、ストレス解消にぴったりです。ゆっくりおなかを動かすことでリラックスをうながす副交感神経が活性化します。体内に十分な酸素を取りいれることもできるため、神経と同時に体もリラックス状態になるでしょう。イライラしているときこそ腹式呼吸を活用してください。

1‐3.肩こりや腰痛など改善できる

デスクワークは肩こりや腰痛になりやすいと言われています。なぜなら、長時間同じ姿勢を維持しているからです。長時間同じ姿勢を維持し続けると体の筋肉が硬くなってしまいます。筋肉が硬くなると血液の流れまで悪くなってしまうのです。結果、肩こりや腰痛が起こります。

また、運動不足によって支える力がなくなるのも原因の1つです。肩こりや腰痛を改善するためにも、腹式呼吸を生活に取りいれてみてください。

休憩時間や仕事をしているときでも腹式呼吸は簡単にできます。腹式呼吸は普段使わないおなかの筋肉を動かし、血流を活性化できる呼吸運動です。毎日こまめにくりかえしていけば、肩こりや腰痛が緩和するでしょう。さらに、効果をあげるため腹式呼吸をしながら歩いてください。常に意識をすることで腹式呼吸がやりやすくなりますよ。