ビール腹の原因と解消法

ビール腹を解消したい方必見! その原因や有効な解消法を紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

ビール腹とは下腹がぽっこりと膨らんだお腹(なか)のことです。中年以降になるとこのビール腹に悩む方が増えてきます。人によってはほかの部分は細いのに、下腹だけがぽっこりと出てしまっているという方もいるでしょう。ビール腹は高血圧や高脂血症・糖尿病などの引き金になるとも言われています。健康のためにもビール腹を解消することが大切です。

そこで今回は、ビール腹になる原因やその解消方法をご紹介します。

ビール腹に悩んでいる方やビール腹を予防したい方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. ビール腹とはどういうもの?

はじめに、ビール腹の定義や原因をご紹介します。ビールを飲まなければビール腹にならないのでしょうか?

1-1.ビール腹の意味

ビール腹というのは、ビールの飲み過ぎでお腹(おなか)がぽっこりと出てしまった状態と思っている方もいるかもしれませんが、それは間違いです。ビール腹のビールとはビールを入れていた樽(たる)(たる)のことを指します。

(たる)は上下が細く中央部が膨らんだ形をしており、ビール腹はそれに似た形をしていることから名づけられました。ですから、ビールを飲まなくてもビール腹になる人もいます。

1-2.ビール腹の原因は何?

ビール腹は、下腹部についた脂肪によって起こります。特に、お腹(なか)の深い部分についた内臓脂肪と呼ばれる脂肪がビール腹を作る大きな原因です。下腹部の脂肪は30代を超えるとつきやすくなります。ですから、ビール腹に悩む人は中年以降の方が多いのです。

1-3.ビール腹になりやすいのは男性と女性どっち?

ビール腹で悩んでいる方は男性が多いというイメージがあります。これは、間違いではありません。男性の方が内臓脂肪がつきやすいのでビール腹になりやすいのです。

それでは、女性はどうでしょうか? 女性の場合は皮下脂肪といって皮膚の下に脂肪がつくことが多く、男性よりはビール腹になりにくいのです。しかし、女性でも食生活や生活習慣によっては内臓脂肪はつきます。

つまり、男性よりは少数ですが、女性でもビール腹になる方もいるのです。