酵素の便秘解消効果がすごい! その働きから上手な取り入れ方まで紹介

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

酵素にはすぐれた便秘解消効果があることをご存じでしょうか? 近年、ダイエットや美肌作り効果で人気を集めている酵素は、便秘を解消したい人にもおすすめです。腸内環境を整えて便秘を解消するために、酵素を取り入れてみてはいかがでしょうか? この記事では、酵素の便秘解消効果や取り入れ方などを詳しくご紹介します。

この記事を読むことで、酵素を使った効果的な便秘解消法が分かるはずです。ぜひ参考にして体の内側からすっきりしてください。

酵素について

まずは、酵素の働きや最近の注目度についてまとめました。

1-1.酵素とは?

酵素の役割と種類をご紹介します。

1-1-1.働きや役割

酵素はもともと私たちの体内で作られるたんぱく質の一種です。私たちが食べたものは、胃に運ばれて体に吸収されます。ここで、食べものが体に吸収されやすいように変えるのが、酵素の役割なのです。つまり、私たちが食べものから栄養を摂取する上で、酵素は必要不可欠な存在といえます。酵素が不足すると代謝が悪くなり、免疫力の低下を招いてしまうのです。

1-1-2.種類

酵素には以下のような種類があります。

  • 体内酵素:体内で作られる酵素。生産できる量が決まっている
  • 食物酵素:食べものから取り入れる酵素。体内にはほとんど吸収されない
  • 腸内酵素:腸内細菌が作り出す酵素。腸内環境の改善によって生産量が増える
  • 補酵素:単体ではうまく機能できない酵素をサポートする酵素。ビタミンやミネラルで作られているものが多い

1-2.最近の注目度

人間が作り出すことができる酵素の量には、限りがあります。そして、酵素が少なくなると免疫力が低下し、老化がすすむといわれているのです。そこで、最近はドリンクやサプリメントなどから酵素を摂取する方法に注目が集まっています。特に多くの人が実感しているのが、ダイエットに対する効果です。精神的な苦痛がなく、健康的にダイエットできるといわれています。

便秘と酵素

酵素と便秘解消についてご紹介します。

2-1.酵素と腸の関係

腸内には善玉菌や悪玉菌、日和見菌といった微生物が存在しています。ストレスや加齢、生活習慣などによって悪玉菌の数は増えやすく、便秘や免疫力低下などのトラブルを引き起こしてしまうのです。腸内環境の悪化を防ぐためには、未消化状態のものを作らないことがポイントになります。そのためには、酵素の働きが必要不可欠です。腸内酵素は腸内細菌から生成されます。腸内の環境が悪いときは酵素がうまく生成できず、すべてが悪循環となってしまうのです。

2-2.酵素は便秘解消に効果的なのか?

体内の酵素が不足するとどうなるのでしょうか。代謝活動や消化吸収が正常に行われなくなり、慢性的な便秘に陥りやすくなります。体内で作られる酵素は年齢とともに減少するため、積極的に酵素を補うことで便秘の解消につながるでしょう。

2-3.効果のある酵素とは?

生野菜や果物、発酵食品などに含まれている食物酵素は、胃で消化されてしまいます。そのため、食べものから酵素を摂取することは難しいでしょう。しかし、体の消化機能を高めることで、食べものの栄養素を吸収しやすくすることは可能です。消化機能を高めるためには、腸内酵素を増やすことが必要になります。

酵素の取り入れ方

では、酵素を効果的に取り入れるにはどうしたらよいのでしょうか。

3-1.食事について

食物酵素は、緑黄色野菜やフルーツ、発酵食品などに含まれています。しかし、前述したとおり、食べるだけでは酵素を吸収することはほとんどできないのです。ただし、食物酵素には食べものの栄養を強化したり消化を促したりする作用があります。効果的に摂取することで体内の酵素を活性化することにつながるでしょう。酵素は熱に弱い性質を持っているため、野菜などはできるだけ生の状態で食べることをおすすめします。反対に、消化に悪い食べものは控えるようにしてください。消化活動を阻害してしまう可能性があります。

3-2.注意点

酵素さえ取り入れていれば必ず便秘が解消されるというわけではありません。不規則な食生活や生活習慣、運動不足、ストレスなど思い当たる原因がある場合は、そういったものを改善しながら酵素を取り入れていきましょう。再発を防ぐためにも、普段から腸によい生活を送ることが大切です。

酵素の便秘解消効果に関するよくある質問

「酵素による便秘解消効果について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.どのような状態を「便秘」というのですか?
A.3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態などを便秘といいます。

Q.悪玉菌と善玉菌にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか?
A.悪玉菌は腸内腐敗や新陳代謝の低下、毒素の産生などの原因になるものです。一方の善玉菌には、免疫力の向上や消化吸収のサポートなどの作用があります。

Q.体内酵素は何歳くらいから減少してくるのでしょうか?
A.20代をピークに生産量が減少し、40代を過ぎると激減するという調査結果があります。

Q.加工品でも野菜やフルーツが使われていれば酵素を摂取できるのですか?
A.酵素は加熱殺菌することでその働きが失われます。加工品は、加熱処理されることが多いため酵素を摂取できないと考えてください。

Q.酵素を特に多く含むフルーツにはどのようなものがありますか?
A.キウイやパイナップル・バナナ・メロン・リンゴ・みかんなどに多く含まれているため、積極的に摂取しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 酵素による便秘解消効果について詳しくご紹介しました。酵素はダイエットだけでなく、便秘解消にも効果を発揮するということで、近年注目を集めています。年齢とともに減少していく体内の酵素を補うためにはどうすればよいのか、ぜひこの記事を参考にして考えてみてください。