運動の効果と始め方とは? 健康になりたい人必見の5項目を紹介!

運動の効果と始め方とは? 健康になりたい人必見の5項目を紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「運動は健康によい」ということは、誰もが分かっています。しかし、具体的にどのような運動にどのような効果があり、健康につながるのかご存じでしょうか? 病気の予防にもなり、美容やダイエットにもよいと言われる運動。実際にはどうやって取り入れていけばよいのか分からない、という人も多いと思います。この記事では、運動の効果や注意点・始め方などをまとめてご紹介しましょう。

この記事を読むことで、運動の大切さが分かるはずです。自分にとって必要な運動を知り、毎日の習慣にしていきましょう。

01. 運動について

まずは、運動のメカニズムや種類などをご紹介しましょう。

1-1.メカニズム

脳から出た指令を神経が伝達し、筋肉を動かして収縮させるのが「運動」です。この収縮運動によって筋肉は疲労と回復を繰り返します。そして、以前よりも筋肉量が増えて太くなり、強くなっていくのです。

1-2.必要性

運動によって期待できるのは、筋力アップだけではありません。体力がつくことで体調を崩しにくくなり、ストレス解消や肥満予防にもつながることが分かっているのです。実際に、運動によって血管年齢が若返り、生活習慣病を予防できるという調査結果もあります。つまり、私たちが健康な日々を過ごす上で、運動は必要不可欠なものなのです。

1-3.種類

運動には大きく分けて有酸素運動と無酸素運動があります。それぞれについて解説しましょう。

1-3-1.有酸素運動

有酸素運動とは、体内に取り込んだ酸素を使って糖や脂肪を燃焼し、エネルギーを生み出す運動のことです。ウォーキングやジョギング・サイクリングなどが有酸素運動にあたります。基本的に体への負荷が軽く持続性のある運動のことであり、有酸素運動で効果を得るためには継続的に運動する必要があるのです。

1-3-2.無酸素運動

有酸素運動と違い、酸素をほとんど必要としないのが無酸素運動です。もちろん、呼吸を止めて行う運動のことを言うのではありません。酸素をエネルギー源として脂肪燃焼する有酸素運動とは違い、筋肉に蓄積してある糖質を燃焼させるのです。短距離走や筋力トレーニングなど、短時間に強い力が必要となる運動のことを指します。

1-4.運動不足の影響とは?

運動が私たちの健康に欠かすことのできないものであるということはお分かりいただけたと思います。では、運動不足になると具体的にどのような影響が現れるのでしょうか。考えられる影響には以下のようなものがあります。

  • 抵抗力が弱くなり、風邪を引きやすくなる
  • 血行不良により体が冷えやすくなる
  • 筋力が弱くなり、ケガをしやすくなる
  • 疲労因子がたまり、疲れやストレスを感じやすくなる
  • 生活習慣病にかかりやすくなる
  • 太りやすくなる