目の疲れは何が原因? 眼精疲労などの改善ポイントやケアについて

目の疲れは何が原因? 眼精疲労などの改善ポイントやケアについて

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「目が疲れやすくなっている」「目の疲れを改善したいけど、ケアの仕方がわからない」など、目に現れる症状で不安になったり、悩んだりしている方は多いでしょう。目の疲れは、使いすぎによる眼精疲労が1番に考えられますが、緑内障・白内障などの病気が関与している可能性もあります。そのため、決して放置をせずに、すぐに対処しなければなりません。手遅れになる前に、きちんと原因を把握して改善しましょう。そこで、本記事では、目の疲れの基礎知識や症状・原因・対策・セルフケアなどについて詳しく説明します。

この記事を読むことで、目の疲れを改善するために必要な知識とケアの方法などを知ることができます。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

01. 目の疲れの基礎知識

目に現れている症状を解消するためには、目の疲れにかんする知識を心得ておかなければなりません。酷使されている目がどんな状態か、目の疲れのメカニズムや原因・症状・なりやすい人について説明します。

1-1.酷使されている目

日常生活で目を使っていない場面は、おそらく寝ているときだけでしょう。1日の大半は目を使っているため、知らず知らずのうちに、目を酷使している状態です。目の疲れは、一晩睡眠を取ることで解消されるといわれています。しかし、一晩経過しても目の疲れを感じる場合は、眼精疲労の証拠です。単純な目の疲れとは異なり、簡単に解消されず、症状が長く続く特徴があります。眼精疲労にならないためにも、目を休める機会を設けなければなりません。

1-2.目の疲れのメカニズム

目の周りには、上直筋(じょうちょくきん)・内側直筋(ないそくちょくきん)など、たくさんの筋肉があります。眼球は6本の筋肉に支えられており、長時間同じ位置で動かずにいると、これらの筋肉が疲労をためこんでしまうのです。その結果、眼精疲労が起こります。つまり、目の疲れは肩こりと同じメカニズムといえるでしょう。長時間、パソコンやテレビなど、同じ距離・ピントで見続けることで、目に疲れが現れます。

1-3.主な原因

目の疲れは、大半が酷使による疲労です。目に負担をかけすぎてしまうと、眼球を支えている筋肉や細胞が疲れてしまいます。長時間のパソコン作業・合っていないメガネやコンタクトレンズが主な原因です。また、目の乾きも原因の1つだといわれています。涙は目の機能をスムーズにする働きを持っているため、目が乾いた状態だと負担がかかってしまうのです。

1-4.主な症状

目の疲れを感じるときは、痛い・重い・かすむという状態が多いことでしょう。つい、目頭を押さえてしまうこともあるはずです。目の疲れが慢性化する危険もあるため、症状が表れたら原因を把握して、適切な処置が必要となります。早めに対策を立てたほうが、解消するまでの時間もかかりません。

1-5.なりやすい人

長時間パソコン作業を行うデスクワークや、スマホ・テレビばかり見ている人になりやすい傾向が見られます。また、冷え性で血流が悪い方や、度の合わないメガネやコンタクトレンズをしている方も、目の疲れを感じやすい傾向があるのです。まずは、生活環境を見直してみてください。