眼精疲労でお悩みの方へ! 疲れ目解消に役立つ4つのポイント

パソコンやスマートフォンを使っていて目の疲れが気になることはありませんか? 眼精疲労は目だけでなく体全体に悪影響を及ぼす恐れがあるため、早めの対処が重要です。そこで、この記事では、眼精疲労の解消方法・予防方法を紹介します。長時間パソコンの画面に向かって仕事をしている方は、この記事を読んで疲れ目対策に取り組んでみてください。

眼精疲労とは?

眼精疲労とは、慢性的に目の疲労感が続く症状のことをいいます。

  • パソコン・スマートフォンの使いすぎ
  • テレビの見過ぎ
  • 読書
  • 車の運転

などによって目を酷使することが主な原因です。目の疲れや痛みの他、頭痛・嘔吐などの症状が現れることもあります。

眼精疲労がどんな影響を与えるか知っていますか?

眼精疲労が悪化すると体にさまざまな悪影響をもたらします。以下のような症状が現れている方は眼精疲労が原因かもしれません。

2-1.視力を低下させる原因に!

眼精疲労は視力を低下させる原因になります。目の筋肉が緊張し、ピントを合わせる機能が正常に働かなくなるためです。また、視力が低下すると正常時よりも目を凝らす必要があり、眼精疲労がさらに進行するという悪循環が起こります。

2-2.肩こりや腰痛も眼精疲労が原因だった?

目の疲れから肩こりや腰痛などの症状が引き起こされることもあります。自律神経のバランスが乱れ、肩や首・背中の筋肉が緊張した状態となるためです。その結果、血行不良となり肩こりや腰痛が起こります。

2-3.体全体に疲労感が現れることも!

体の疲れがなかなか取れないという症状も眼精疲労が原因かもしれません。目の神経は脳に直接繋がっており、眼精疲労は脳の疲労を引き起こします。これによって、全身に疲労感が現れるのです。

知っておきたい! 眼精疲労の解消方法

それでは、眼精疲労を解消するにはどうすればよいのでしょうか? 目の疲れが気になる場合は以下の方法を試してみてください。

3-1.目の疲れには蒸しタオルが効果的!

蒸しタオルで目を温めると、血行が良くなり目の疲れを和らげることができます。やり方は以下の通りです。

  1. タオルを水で濡らし、少し緩めに絞ります。
  2. 電子レンジで30秒~1分ほど温めます。
  3. 人肌よりも少し温かい程度に冷まします。
  4. 蒸しタオルを目の上に置き、10分ほどリラックスします。

3-2.眼精疲労に効くツボをマッサージ!

眼精疲労に効くツボをマッサージするのも効果的です。誤って眼球を傷つけることがないよう注意しながら行ってください。

3-2-1.睛明(せいめい)

睛明(せいめい)はあらゆる目の不調に効果のあるツボで、目頭の内側中央のくぼみにあります。鼻の方向へ力をかけるように親指と人差し指で刺激してください。

3-2-2.承泣(しょうきゅう)

承泣(しょうきゅう)は眼精疲労の他、かすみ目・充血などに効くツボです。目の中心から少し下の位置で骨の縁にあります。人差し指の腹で軽く刺激してください。

3-2-3.瞳子(どうし)りょう

瞳子(どうし)りょうは、目の疲れやかすみ目・集中力アップに効果のあるツボです。目尻から約1cmほど外側のくぼみに位置します。親指をツボに当てて弱めに刺激してください。

3-3.目のストレッチをやってみよう!

目のストレッチを行うことで、眼精疲労の症状を和らげることができます。すぐに実践できる3つの方法を紹介しましょう。

3-3-1.目を動かす筋肉のストレッチ

  1. 目の前に人差し指を立てます。
  2. 人差し指から目をそらさないようにして、指を上下・左右・斜めと動かします。
  3. 次に大きな円を左回り・右回りにそれぞれ描くように動かします。

※顔を動かさず、目だけを動かすように意識してください。

3-3-2.焦点を合わせる筋肉のストレッチ

  1. 目の前に親指を立て、爪に焦点を合わせます。
  2. 焦点が合うギリギリの位置まで親指を顔に近づけ、この位置で10秒間キープします。
  3. 親指の爪に焦点を合わせながら腕を伸ばていき、伸ばしきった位置で10秒間キープします。

※この動作を数回繰り返してください。

眼精疲労を予防するにはどうすればいい?

最後に眼精疲労の予防に役立つ方法をいくつか紹介します。

4-1.目に良い食材を取り入れよう!

眼精疲労を予防するには「アントシアニン」を含んだ食品がオススメです。アントシアニンは視神経細胞の新陳代謝を活性化させる働きがあり、目の疲れ・かすみ目・視力低下の予防に効果があります。アントシアニンが含まれる食品としてはブルーベリーが有名です。その他にもアサイーベリー・クランベリー・桑の実・ビルベリーなどの食品に多く含まれています。

4-2.自然の景色を眺めてリラックス

自然の景色を眺めることも眼精疲労の予防に役立ちます。自然の緑には、目の筋肉をリラックスさせ疲労を回復させる効果があるためです。休憩の際に外に出て自然の中を散歩するのもよいでしょう。

4-3.ブルーライトカットメガネで目の負担を抑える!

ブルーライトカットメガネも眼精疲労予防に効果的です。このメガネをかけることで、パソコンやスマホからのブルーライトをカットでき、目にかかる負担を抑えることができます。パソコンやスマホを長時間使うという方は一本用意しておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、眼精疲労の解消方法・予防方法について紹介しました。

  1. 眼精疲労とは?
  2. 眼精疲労がどんな影響を与えるか知っていますか?
  3. 知っておきたい! 眼精疲労の解消方法
  4. 眼精疲労を予防するにはどうすればいい?

これらのポイントを押さえて眼精疲労対策を行ってください。眼精疲労を解消させるには目の周りの血行を良くすることがポイントです。蒸しタオルを使った方法はタオルと電子レンジさえあれば簡単に実践できますので、ぜひ試してみてください。