化粧水の選び方

敏感肌の方必見!肌荒れしにくい化粧水の選び方を紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

敏感肌なので肌トラブルが多く、化粧品選びにも苦労をしているという方はいませんか? 特に、化粧水は洗顔後に必ずつけるものなので、選び方に悩んでいるという方もたくさんいることでしょう。現在は敏感肌用の化粧水もたくさん販売されています。しかし、敏感肌用の化粧水であれば何でもよい、というわけではありません。肌に合わない化粧水を使い続けていると、肌荒れの原因にもなります。

そこで今回は、敏感肌の方向け、化粧水の選び方をご紹介しましょう。

自分に合った化粧水の選び方を知っていれば、もう迷うことはありません。
敏感肌で化粧水選びに苦労しているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 敏感肌とは?

化粧水の選び方をご紹介する前に、敏感肌の基礎知識をご説明します。敏感肌とはどのような状態の肌を指すのでしょうか?

1-1.敏感肌とはどのような状態?

敏感肌とは肌のバリア機能が弱って、外からの刺激に対して反応しやすくなっている肌のことを指します。敏感肌になると、自分の髪の毛が触れただけでもかゆくなったり、化粧品に含まれる成分で肌がかぶれやすくなったりするのです。敏感肌がひどくなると、日常生活にも深刻な影響が出てくるでしょう。

1-2.敏感肌になる原因とは?

1-2-1.生まれつきの体質

肌の強さは人によって異なります。生まれつき肌の弱い方は、敏感肌にもなりやすいのです。

1-2-2.肌に合わない化粧品を使い続けた

肌に合わない化粧品を使い続けていると、肌が外部刺激に対して敏感になっていきます。今までずっと使っていた化粧品も、年齢を重ねるにつれて合わなくなってくることもあるので、定期的な見直しが必要です。

1-2-3.アレルギー

花粉症をはじめ、アレルギーを発症すると、症状は出なくても体全体が刺激に対して敏感になります。そのため、花粉症になったとたん敏感肌になったというケースもあるのです。

1-2-4.ストレス

強いストレスが長期間体にかかると、免疫力や抵抗力が落ちます。その結果、敏感肌になることもあるのです。また、ストレスによって生活習慣や食生活が乱れると体に栄養が十分にいきわたらず、肌の抵抗力が落ちて敏感肌になることもあります。

1-3.敏感肌セルフチェック

  • 肌にちょっとした刺激が加わるだけで、チクチクしたりかゆくなったりする
  • 不用意に化粧品をつけるとひりひりしたりかぶれたりする
  • 肌を少し強くこするといつまでも赤くなっていたり痛みが残ったりする
  • 肌が少し乾燥しただけで、強いかゆみがでる

このような症状が出る方は、敏感肌の可能性があります。