残尿感の原因は何? 関連する病気から治し方まで紹介します!

残尿感の原因は何? 関連する病気から治し方まで紹介します!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

残尿感の悩みを抱えている人は多いものです。「トイレに行ったばかりなのに、出し切れていない感じがする」というとき、まず疑うのが膀胱(ぼうこう)炎ではないでしょうか。しかし、残尿感の原因はほかにもあります。もちろん、加齢が原因の可能性もあるでしょう。残尿感はつらい症状です。早めに原因を突き止めて、適切な対処をする必要があります。この記事では、残尿感が起こるメカニズムや関連する病気・治し方などをまとめてご紹介しましょう。

この記事を読むことで、残尿感の悩みを解決することができるはずです。ぜひ参考にして、つらい症状を取り除いてください。

01. 残尿感の基礎知識

まずは、残尿感の原因やメカニズム、関連する病気などをご紹介します。

1-1.残尿感とは?

残尿感とは、排尿後もまだ尿が残っている感じがすることを言います。「トイレに行ったのにスッキリしない」「まだ出そうな感じがする」というのが残尿感なのです。このとき、実際に尿が残っていることは少なく、膀胱の働きには問題がありません。にもかかわらず、なぜか尿が残っているような感じがするのです。

1-2.主な原因とメカニズム

残尿感の原因やメカニズムには、男性と女性で違いがあります。それぞれまとめてみました。

1-2-1.男性の場合

男性の残尿感には、男性特有の原因があります。その一つが、前立腺の肥大によるものです。前立腺とは男性だけにある臓器で、肥大することで尿道が圧迫されると残尿感の原因になります。また、男性の尿道は女性に比べて長いため、加齢によって尿のとおりが悪くなったり残尿感が出たりしやすいのです。

1-2-2.女性の場合

女性の場合は細菌感染のほか、ホルモンバランスの乱れやストレスが原因で残尿感が現れることも少なくありません。また、冷えが原因になることも多いでしょう。特に、妊娠初期に残尿感が起こりやすくなるのは、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増えるためです。このホルモンには利尿作用があり、頻尿や残尿感の原因になります。

1-3.関連する病気

残尿感に関連する病気として多いのが、膀胱炎や前立腺肥大症です。

1-3-1.膀胱炎

膀胱炎は、残尿感を起こす代表的な病気です。女性に多く、膀胱内に炎症が起こることで残尿感や排尿時の痛みなどが現れます。悪化すると1日に20回以上トイレに行くこともあるため、早めに治療する必要があるでしょう。また、膀胱炎を放置しておくと、膀胱の外でも細菌が繁殖してしまい、治療が困難になってしまいます。

1-3-2.前立腺肥大症

前立腺肥大症は高齢の男性に起こりやすい病気で、残尿感などの排尿障害をもたらします。前立腺とは、膀胱の下にある男性特有の臓器です。この部分が加齢に伴い肥大すると、残尿感や頻尿・夜間頻尿などの症状が起こります。尿の排出がうまくいかず、膀胱に尿がたまって腎臓機能の低下を引き起こす恐れもあるため、注意が必要です。

1-4.起こりやすい人、年代

残尿感が起こりやすい人の特徴には、以下のようなものがあります。

  • 体が冷えやすい人
  • 緊張やストレスを感じやすい人
  • 神経質な人
  • 疲労などで免疫力が低下している人
  • 妊娠中の女性

また、前立腺肥大症は高齢の男性に多い病気ですが、膀胱炎は幅広い年代の女性が発症します。若くても発症する可能性が十分にあるため、気をつけましょう。