リフレクソロジーの効果とは?

足は第二の心臓!? リフレクソロジーの効果とは?

町中で「リフレクソロジー」という看板を掲げたマッサージ店を見たことがあるという方は多いでしょう。
でもどうやら足をマッサージするのだということは知っていても、具体的にどんなことをするのかは分からない、という方も少なくないのではないでしょうか。
そこで今回はリフレクソロジーをわかりやすくご紹介しましょう。
リフレクソロジーに興味があるという方はぜひ読んでみてください。

リフレクソロジーとは

リフレクソロジーとは「リフレックス=反射」・「ロジー=学問」というふたつの言葉をつなぎ合わせた造語です。
直訳すると「反射学」ということですね。
これは人間の臓器や骨、神経などが手や足に反射関連しているという考え方です。
リフレクソロジーとはこの考え方に基づき、手や足にある反射ゾーンを指や器具でまんべんなく刺激することによって、全身の機能を活発にさせ、自然治癒力を高める方法です。
実際にリフレクソロジーを行うと、激しく汗をかいたり尿の量が増えたり一時的にだるくなったりすることがあります。
これは緊張状態にあった筋肉がほぐれたり、自覚できなかった疲労がリフレクソロジーによって解消されたりするためと考えられています。

国名+式が書いてある所が多いのはなぜ?

リフレクソロジーを行っているお店には「英国式」や「台湾式」などの国名も書かれていることが多いですね。
リフレクソロジーの源流は古代中国にあるようですが、その後世界中に広まり、西洋式と東洋式のふたつの大きな流れができました。
英国式と書いてあるお店は西洋流、台湾式などのアジアの国名が書いてあるお店は東洋式の施術をしてくれると考えましょう。
このふたつの違いはなんでしょうか?
それは刺激の強さです。
東洋式の施術は指や器具で足裏のツボを強く押して筋肉のコリをほぐしたり、血流を良くしたりします。
施術に強い刺激・痛みを伴うのが東洋式の特徴です。
逆に西洋式の施術はリラックスしてもらうことに重点を置いていますから、「痛気持ちいい」程よいリラックス効果が得られます。
体の状態や気分によって、どちらの施術を受けるか決めるとよいでしょう。

安全に施術を受けるためには

リフレクソロジーは医療行為ではありませんから、基本的にはどんな方でも受けることができます。
しかし、飲酒をしたり体調が悪かったりした時は思わぬ事故につながる恐れもありますから、避けたほうがよいでしょう。
また、足に怪我をした人や、足に静脈瘤があるという人も受けないほうが無難です。

いかがでしたでしょうか。
一口にリフレクソロジーといっても種類はひとつではないのですね。
「最近疲れて元気がない」「体が重いけど医学的には健康」というような方は一度リフレクソロジーを受けてみませんか?