小じわの原因・対策方法

小じわが気になっている方必見! 小じわの原因・対策方法を徹底解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

顔に小じわができると一気に老けて見られがちです。しわというとある程度の年齢にならないと出ないというイメージがありますが、小じわは比較的若い年代でもできることがあります。また、しわができる最大の原因は加齢ですが、努力次第でしわができにくくなったり一度できたしわを目立たなくしたりすることはできるのです。

そこで今回は、小じわができる原因や対策をご紹介しましょう。

小じわができる原因や対策方法を知っていれば、普段からしわができない生活を心がけることができます。小じわを予防したい方や、小じわを改善したい方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 小じわができるのはなぜ?

はじめに、小じわができる仕組みや原因・できやすい場所などを紹介します。意外なことが原因で小じわができることもあるのです。

1-1.しわができるメカニズム

しわは、代表的な老化現象の一つです。皮膚の表面には皮溝(ひこう)と呼ばれる細かい溝があり、皮溝と皮溝の間には皮丘(ひきゅう)という盛り上がりがあります。皮溝と皮丘が織りなす模様を皮紋(ひもん)というのです。

若い頃は、この皮紋がきめ細かいので肌も美しく、しわもできません。皮紋は年を取るにしたがって荒くなり、皮溝の深さも不均衡になります。そんな皮溝の一部がしわとなって肉眼で見えるようになるのです。加齢以外でも肌の乾燥などが原因で皮紋が荒くなり、しわができることもあります。

1-2.小じわと深いしわの違いとは?

しわには、小じわ・ちりめんじわ・表情じわ・深いしわなどの種類があります。このうち、小じわやちりめんじわなどは肌の表面的な層である表皮の機能が低下して起こるのです。

一方、表情じわや深いしわは表皮の奥にある真皮という部分の機能が低下することにより発生します。

1-3.小じわができやすい場所とは?

小じわは、表皮の劣化によってできますので、皮膚が薄いところほど目立ちやすくなります。顔の中で最も皮膚が薄い場所は、目元と口元です。しかも、表皮は常に外気にさらされていますので、生活環境によっては若い年代に方でも小じわができる場合があります。

1-4.小じわの影響

小じわができると、その部分だけメイクが落ちやすくなります。目の周りの化粧がひび割れるようになっているのを見て、小じわを認識したという方もいるでしょう。小じわが増えると目の周りのたるみやクマなどにもつながります。

小じわを放置していると老けて見られるだけでなく、肌の老化促進にもつながりケアが難しい深いしわができやすくもなるでしょう。

1-5.小じわができる原因は?

1-5-1.乾燥

小じわができやすくなる一番の原因は乾燥です。肌の水分が失われると皮膚はハリを失い若い年代でもしわができやすくなります。果物や野菜を放っておくと水分が抜けてしわしわになりますが、肌もそれと同じ現象が起こるのです。

1-5-2.筋肉の緊張

には表情筋と呼ばれる筋肉が複数あります。この筋肉に力を入れすぎていると、やがて皮膚にしわが刻まれてしまうのです。例えばギュッと眉をひそめたり目の周りに力を入れることが多かったりすると、しわができやすくなるでしょう。

現在は、パソコンやスマートフォンなどで目を酷使する方も多く、知らず知らずのうちに目の周りの筋肉に力を入れている方もたくさんいます。これが、目の周りにできる小じわの原因となるケースもあるのです。

1-5-3.紫外線

日光に含まれる紫外線や赤外線は肌を老化させます。中でも紫外線は肌の真皮層まで届いて老化を促進させるので、要注意です。戸外で仕事をする方はもちろんのこと、屋内でも窓の側で仕事をしている方は対策が必要になります。

1-5-4.生活習慣の乱れ

肌は、睡眠中に新陳代謝が活発になります。ですから、夜更かしをしていたり睡眠不足が続いたりしていると新陳代謝の力が低下して、肌が老化しやすくなるのです。また、食生活にも気を配りましょう。ビタミンやミネラルが不足すると肌荒れが起こりやすくなります。肌荒れは皮膚が傷ついている証です。肌荒れが長期間続けば、その分しわもできやすくなります。