魚の骨が喉にささった時の正しい取り方

魚の骨が喉にささった時の正しい取り方は? 昔ながらの方法は危険?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

魚を食べているとき骨が喉に刺さったという経験をしたことがある方は多いと思います。魚の骨を取るためにはご飯を丸呑みするとよいといった話を聞いたことがある方もいるでしょう。しかし、こうした方法は危険ですし、かえって骨が喉深くに刺さってしまう恐れがあります。

そこで今回は、魚の骨が喉に刺さった場合の正しい取り方をご紹介しましょう。

魚の骨が喉に刺さったときの取り方を知りたい方や魚を食べる機会が多い方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 魚の骨が喉にささるのはどんなとき?

この項では、魚の骨が刺さりやすい場所や放っておくとどうなるかなどをご紹介します。どんな魚の骨が刺さりやすいのでしょうか?

1-1.魚の骨が喉にささる理由

食べ物を食べると、歯で噛み砕かれた食物は喉を通って食道へと運ばれていきます。このとき、魚の骨が喉の粘膜に引っかかったり刺さったりすることがあるのです。骨の太さや大きさによってささり具合は異なり、単に引っかかっているだけの状態から粘膜にしっかりとささっているものまでいろいろあります。

1-2.こんな魚の骨に注意!

魚の骨は大きさも太さもいろいろあります。この中でも喉にささりやすいのが細く柔らかめの小骨です。このような小骨は身の中に残りやすく、舌の上でも気づきにくいでしょう。秋刀魚やあじなどの他、うなぎにも案外小骨が多いので注意が必要です。

1-3.骨がささったまま放置しておくとどうなる?

が喉にささっても、そのうち溶けるから放っておいても大丈夫と考える方もいるでしょう。しかし、食べ物を溶かす胃酸は胃の内部にしかありません。ですから、喉にささった骨が溶けることはないのです。食べ物を飲みこんでいるうちに自然に取れることもありますが、深くささっている場合は、いつまでも不快感に悩まされることになります。

1-4.高齢になるほど魚の骨がささりやすくなる

年を取ると感覚や物を飲みこむ力が弱くなり、魚の骨がのどにささりやすくなります。また、喉が炎症を起こして腫れている場合も若干ですが骨がささりやすくなることもあるでしょう。高齢になったら魚は骨の少ないものや、すでに加工して骨が抜かれているものを食べるといいですね。