椅子と集中力の関係を解説! 椅子選びのポイントも紹介!

「長時間座って仕事や勉強をしていると、集中力が途切れがちになる」と悩んでいる人はいませんか? それはもしかしたら椅子が原因の可能性もあります。椅子が体に合っていないと集中力が低下するだけでなく、肩こりや腰痛の原因になるでしょう。では、どうやって自分の体に合った椅子を選べばいいか?と悩む人もいると思います。

今回は、集中力を上げ、体に負担をかけない椅子の選び方を紹介しましょう。

  1. 椅子と集中力の関係
  2. 集中力が上がる椅子選びのポイント
  3. 集中力がアップする椅子5選
  4. 椅子と集中力に関するよくある質問

この記事を読めば、椅子選びのポイントがよく分かることでしょう。集中力を高めるために、体に合った椅子を探している人は、ぜひこの記事を参考に椅子を選んでみてください。

1.椅子と集中力の関係

はじめに、椅子と集中力との間にどんな関係があるかを解説します。体に合った椅子、合わない椅子の違いはなんでしょうか?

1-1.体に合わない椅子は疲れやすい

椅子は座って作業をする際、体を支える重要な役割を担っています。体に合わない椅子を使っていると、体をうまく支えられません。その結果、無意識に無理な体勢を取ることになり、疲れやすくなることがあります。体が疲れれば、集中力も低下するでしょう。

1-2.体に合っていない椅子は腰痛の原因になるかも

体に合っていない椅子を使い続けると、体に無理な力がかかることになりますあります。そんな椅子を長時間使い続けていると腰痛を発症することもあるでしょう。腰痛が慢性化すれば、もちろん集中力は維持できなくなります。

2.集中力が上がる椅子選びのポイント

では、集中力が上がる椅子選びはどこに注目すればいいのでしょうか? この項では、その一例を紹介します。

2-1.椅子に座ったときの姿勢が安定しやすい

椅子の堅さはいろいろあります。椅子が広い面積で体を支えるほど、姿勢は安定するでしょう。特に、お尻を乗せる座面は適度な柔らかさがあると、広い面積で支えてくれます。ただし、柔らかすぎるとお尻が沈み込んで姿勢が安定しません。ですから、適度なへこみがあってお尻を包み込むように支えるものがおすすめです。

2-2.背筋がS字カーブをかくような背もたれがある

正しい姿勢で座っていると、背筋がS字カーブをえがきます。この状態を背もたれなしでキープし続けるのは難しいでしょう。そこで、S字カーブを保てる背もたれがある椅子を選びましょう。そうすれば、無理な姿勢で座り続けることがなくなります。

2-3.机との高さを合わせることも大切

椅子と共に、机の高さも集中力維持には大切名ポイントです。背の低い人の場合、椅子と机が高すぎると床に足がつかずぶらぶらすることもあります。これでは体が疲れやすくなるでしょう。この場合は、足置きを使ってください。また、肘を水平にして作業ができないほど椅子が低くても疲れやすくなります。この場合は、椅子を高くして肘を水平にして机で作業ができるようにしましょう。

3.集中力がアップする椅子5選

この項では、集中力がアップする可能性がある椅子の一例を紹介しましょう。

3-1.サンワダイレクトメッシュチェア 

疲れない椅子として雑誌などで紹介されることが多い椅子です。背中をしっかりと包み込むハイバックタイプで、腰の負担を和らげるランバーサポートもついています。細かい調節も可能なので、体型に合わせて背もたれの角度と高さ、ヘッドレストの角度なども調整可能です。
価格:29,800円

3-2. Hbada シンプル オフィスチェア デスクチェア

人間工学に基づく設計によって作られた椅子です。腰・背中・肩にかけての負担が軽減できる工夫がされています。コンパクトな作りで、狭いオフィスでも使えるのもメリットです。
価格:9,980円

3-3.アイリスプラザ オフィスチェア

お手頃価格のオフィスチェアです。背中のカーブに合わせたS字の背もたれと、固さを調整できるロッキングが特徴となっています。腰の部分にサポートクッションがついているので、腰痛防止にも効果が期待できるでしょう。
価格:4,971円

3-4.ENJOY メッシュチェア 

人間工学に基づいて設計され、高い機能性を持つオフィスチェアです。椅子の高さはガス圧でワンタッチ昇降ができます。また、ヘッドレストやアームレストの角度もすべて調節可能です。体にぴったり合った座り心地を得られるでしょう。
価格:69,984円

3-5.オカムラ オフィスチェア ビラージュ

オフィスチェアの人気ブランド、オカムラ製のオフィスチェアです。座面が広く、ゆったりとした座り心地で、背もたれには背筋を伸ばす効果があります。座っているとつい猫背になってしまう人にはおすすめです。
価格:19,709円

4.椅子と集中力に関するよくある質問

この項では、椅子と集中力に関する質問を紹介しましょう。

Q.使っている椅子とサポートチェアの組み合わせで集中力は高まりますか?
A.高まる可能性がありますが、椅子にサポートチェアがうまく設置できないこともあるでしょう。その場合は新しい椅子のほうがおすすめです。

Q.高い椅子のほうが体をうまく支えてくれますか?
A.そうともかぎりません。体に合っているかのほうが大切です。

Q.アームレストはついていたほうがいいでしょうか?
A.はい。長時間椅子に座って作業する場合は、手を休めるためについているほうがおすすめです。

Q.子どもがオフィスチェアを使っても大丈夫でしょうか?
A.体が合っていれば大丈夫ですが、小学校低学年では難しいと思います。児童用の椅子を使ってください。

Q.背もたれがメッシュのほうが使いやすいでしょうか?
A.通気性はいいのですが、メッシュでないと背中が蒸れてしょうがないという人でないかぎり、絶対にメッシュでないとダメということはありません。

まとめ

今回は、椅子と集中力の関係を紹介しました。椅子に支えてもらってよい姿勢をキープできるようになると、集中力も持続しやすいでしょう。子どもの場合は、椅子が高すぎる、低すぎるという問題があってもなかなかそれを伝えられないこともあります。親がよく子どもの姿勢を見てあげましょう。また、机と高さを合わせることも大切です。高すぎても低すぎてもよくありません。