風邪に効く食べ物や飲み物

風邪に効く食べ物や飲み物ってある? 薬を使わず治したい人、必見!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

風邪は一人平均、1年間に6回はひいているといわれる身近な疾病です。風邪をひいてしまった時、あなたならまず何をしますか? 病院へ行く、市販の薬を飲む、と治すための方法はさまざまでどれも正解ですが、大切なのは十分な睡眠と休養です。しかし一方では、薬に頼りたくないという方や、仕事や学校が忙しくてゆっくり休む時間が取れないという方もいらっしゃいますよね。そんな時は、風邪を悪化させない食べ物を食事に取り入れてみてはどうでしょうか。ここでは風邪を治すために効果のある食べ物をご紹介します。特に風邪のひき始めに気をつけるだけでも症状を緩和できるので、ぜひ参考にしてください。

01. 風邪の基礎知識

この項では、知っているようで知らないことも多い風邪の基礎知識をご紹介します。

1-1.風邪とは

意外と知られていませんが風邪という病名は医学的には存在しません。ウイルスや細菌が体に入って起こる発熱や鼻水が出る症状を、ひとくくりにして風邪と呼んでいるだけなのです。

1-2.風邪の主な症状

風邪には、様々な症状があります。

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 発熱
  • 頭痛
  • 喉の痛み
  • たん
  • 食欲不振

風邪は、ウイルスや細菌が鼻や喉などの粘膜に入り、炎症が生じた状態のことをいいます。この場合の症状は比較的軽いのでふつうは3日ほど、長くて1週間程度で症状はおさまり、熱は出ても、37~38度程度です。

1-3.風邪をひく原因

風邪をひく原因は、ほぼウイルスによるもので、約200種類ものウイルスが確認されています。くしゃみや会話などの飛沫(ひまつ)感染で鼻や喉からウイルスが体内に入り、この時に疲労や不摂生などで免疫力が低下していると外にウイルスを追い出すことができず、一般的な風邪の症状が起こりやすくなるのです。急に寒くなる時期はウイルスの動きが活発になるため、学校や職場、交通機関などを中心に感染が広がります。健康体なら病原体が侵入しても自力で排除できますが、体力が落ちていると感染しやすくなるのです。

1-4.風邪をひきやすい季節

風邪をひきやすいのは季節の変わり目です。特に注意をしたい季節は秋でしょうか。秋は一日の気温差が激しい季節なので、朝晩は寒くても日中はまだ夏日の日もあります。その気温差によって、自律神経が乱れて血行不良や肩こり、頭痛などを引き起こし体調も崩しがちになるのです。特にエアコンを夏と同じような感覚で使っていると、気付けば体が冷えていた、なんてことも少なくありません。

1-5.風邪をひきやすい人の特徴

風邪をひきやすい人とひきにくい人、どうしても2つに分かれますね。その違いは何でしょうか。ここでは、風邪をひきやすい人の特徴をご紹介します。

1-5-1.免疫力が低い

消化機能が悪く、筋肉が少ない人は、免疫力が低いので風邪をひきやすいといわれています。

1-5-2.ストレスがある

ストレスがあると、免疫細胞はウイルスや細菌に抵抗できずに風邪の発症を促すようになります。

1-5-3.睡眠不足

睡眠時間が4~5時間以下の場合、7時間以上寝ている人と比べ、約4倍も風邪をひきやすいというデータがあります。睡眠不足は、免疫力と抵抗力の低下に繋がるので気をつけましょう。

1-5-4.運動をしない

運動をしない人は、運動をする人の2倍も風邪をひきやすいといわれています。毎日を動かずに過ごしていると新陳代謝が鈍り、栄養素を吸収しにくくなるのです。運動をすることによって、体温の上昇やエネルギー消費のため、体の免疫力が向上していきます。

1-5-5.加齢

年と共に、回復力や抵抗力が弱まるので、若い頃よりも体力は衰えていき、風邪をひきやすくなります。

1-6.風邪とインフルエンザの違い

風邪とインフルエンザの違いは何でしょうか。インフルエンザが猛威を振るう季節になると、最初は風邪と同じような症状を見せるため、一体どっちかな? と悩むことも少なくありません。では、その違いを確認しましょう。インフルエンザは下記の全身症状が突然現れるのが特徴です。

  • 発熱
  • 鼻水
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 倦怠感

症状は風邪より重く、感染から1~2日の潜伏期間を置いて3日目頃から急激に悪化します。世間的な流行期間中に、風邪の時には出なかった40度前後の高熱が出た場合は、インフルエンザの可能性が高いのですぐに病院で診察を受けてください。