おでこにしわができる原因

乾燥だけじゃない! おでこにしわができる原因とその対策法は?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

おでこにできたしわが気になり、何とか消したいと思っていませんか?  おでこは顔の中でも目立つ部位で、しわができてしまうと顔の印象が一気に老けてしまいます。時間が経つにつれて深くくっきりとしたものになっていくこともあるため、早めにケアすることが大切です。

そこで今回は、おでこにできたしわの対策方法や予防方法をご紹介しましょう。

対策方法や予防方法が分かれば、おでこに深いしわが刻まれてしまう前に対処できます。おでこにできたしわが気になるという方や、おでこにしわができるのを防ぎたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. しわの基礎知識

おでこにできたしわの対処法をご紹介する前に、しわ全般について大まかにご説明します。なぜ、しわはできるのでしょうか?

1-1.しわができるメカニズム

私たちの皮膚は、水分やコラーゲンといった物質を内部に蓄えてハリや弾力・柔らかさを維持しています。しかし、年を取るにつれて、保水力やコラーゲンなどの物質を蓄えておく能力が低下していくのです。すると、皮膚はハリや弾力を失ってしわができます。

野菜や果物を乾燥した場所に置いておくと表面が乾いてしわしわになりますが、人の皮膚でもそれと同じ現象が起こっているのです。

なお、若い年代の方でも肌が過剰に乾燥した状態が長く続いたりするとしわができることもあります。

1-2.乾燥以外でしわができる原因

1-2-1.紫外線

紫外線は乾燥と並んで肌を老化させる原因の一つです。屋外で長時間活動する方はなどはしわができやすいでしょう。

1-2-2.睡眠不足や食生活

肌は一定の周期で睡眠中に生まれ変わります。ですから、睡眠不足が続いていたり十分な栄養素が取れていなかったりすると、しわができやすいのです。

1-2-3.脂肪や筋肉の衰え

加齢によって顔の筋肉や脂肪が衰えてくると、内側から皮膚を支えるものがなくなってたるみやしわが生まれます。おでこは脂肪がつきにくい場所ですが、頬やあごの肉がたるむとおでこの皮膚も引っ張られてたるむケースもあるのです。

1-3.深いしわと細かいしわの違い

しわには、ほうれい線のような深くくっきりとしたしわと、目元にできる小じわやちりめじわのように細かいしわがあります。細かいしわは、皮膚の一番外側にある表皮の水分が失われたことによって発生するのです。ですから、保湿をすれば目立たなくなる可能性があります。

一方、深いしわは表皮の内側にある真皮という部分に蓄えられれているコラーゲンが減少したり劣化したりすることによっておこるのです。深いしわは一度できてしまうとなかなか回復が難しく、根気強いケアが必要になります。