五十肩の改善はお任せ! 症状・治療・予防を徹底解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

中高年になると、肩の痛みや違和感を覚える人が増えてきます。いわゆる「五十肩」と呼ばれる症状ですね。五十肩になると、つらい症状のために仕事や日常生活にも大きな影響を与えてしまうため、できるだけ早く適切な対応をとりしましょう。今回は、五十肩で悩んでいる人のために、症状・治療・予防を中心に詳しく解説します。

この記事を読むことで、五十肩に関する正しい知識が身に付き、適切な対応ができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

01. 五十肩の基礎知識を学ぼう

最初に、五十肩の基礎知識として、どんな病気か・主な症状や原因などを解説します。

1-1.五十肩とはどんな病気?

五十肩とは、大体四十~六十代に多く見ることができる肩の症状です。発症するのが50代を中心に多いことから、呼ばれています。四十肩との医学的な違いはありません。年を重ねることで、肩周辺の筋肉が硬くなり、柔軟性を失ってくると五十肩の症状が出やすくなります。

1-2.五十肩の主な症状

五十肩の主な症状には、以下のようなものがあります。

  • 腕を自由に動かしにくい
  • 肩に違和感を覚える
  • 肩の痛みで着替えがしにくい
  • 腕を上げると痛む
  • 片方の肩だけが痛い
  • 寝返りの際に肩が痛む

なお、肩だけでなく首や腕も同時に痛みが出る場合もあります。さらに、激しく痛む急性期と、動かしたときだけに痛む拘縮(こうしゅく)期があるのも特徴です。

1-3.五十肩の主な原因

五十肩の主な原因は、ハッキリと解明できていません。しかし、四十代以降の年齢に多いことから、加齢が何らかの原因であると考えられています。年を重ねると、筋肉の柔軟性が無くなる・関節の動きが悪くなるなどがあり、五十肩になりやすいのです。

02. 五十肩の悩みや影響とは?

五十肩の悩みや影響について、なりやすい人の特徴や日常生活への影響・放置するとどうなるかについて解説します。

2-1.五十肩になりやすい人の特徴

以下の人は、五十肩になりやすいので注意しましょう。体がゆがんでいることで肩周辺に大きな負担をかけたり血流が悪くなったりしています。

  • 姿勢が悪い(特に猫背)
  • 肩や腰のケガ・不調を経験している
  • バッグを片方だけに持つ
  • ハイヒールを履く
  • 睡眠時間が足りない
  • 大きなストレスを抱えている
  • 栄養バランスの悪い食事

2-2.五十肩の日常生活への影響

五十肩になると、仕事や家事に大きな影響を与えます。肩の痛みが気になって集中力が下がり、ミスを出しやすくなるでしょう。また、肩をかばうことで体のほかの部分に痛みやこりが生じることもあります。肩を動かしにくくなることで、着替えがしにくくなる・ものを取りにくくなるなどの影響もあり、日常生活に不便を感じることでしょう。

2-3.五十肩を放置するとどうなる?

五十肩は、放置しても完治するものではありません。自覚症状がある場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。五十肩を放置すると、症状が悪化して痛みが強くなるだけでなく、治療も長期化しがちです。また、五十肩をかばうことで不自然な姿勢が続くと、ほかの部位にも不調が出る原因になるので注意してください。

03. 五十肩の治療や予防について

五十肩の治療や予防について詳しく解説します。確実に治療・予防するためにもじっくり学びましょう。

3-1.五十肩の検査方法について

五十肩の疑いがあるときは、病院で以下の検査を行うことになります。

3-1-1.スピードテスト

最初に、ひじを伸ばした状態で、手のひらを上に向ける体勢を取ります。次に、医師が手首に抵抗を与えてそのままキープできるかテストするのです。痛みを感じるときは、上腕二頭筋長頭の腱鞘(けんしょう)炎を疑うことになります。

3-1-2.ヤーガソンテスト

ひじを直角に曲げ、内側にこぶしを向けます。医師がひじを支えて、ドアノブを回すようにこぶしを外側に向ける動作を行って反応を見るのがヤーガソンテストです。腕の付け根に痛みが走る場合は、上腕二頭筋長頭の腱鞘(けんしょう)炎である可能性があります。

3-1-3.ドロップアームテスト

ひじを伸ばし、腕を横に上げた状態をキープできるかテストします。医師が腕を上から押さえて、耐えることができない場合は、腱(けん)板損傷や肩峰下滑液包炎を疑ってください。最初に腕をキープできない状態も同様です。

3-1-4.ホウキンステスト

ホウキンステストとは、肩とひじを直角に曲げた状態にして、医師が肩を内側に向かって動かしてみるテストです。痛みが出る場合は、腱(けん)板損傷や肩峰下滑液包炎の疑いがあります。

3-2.五十肩の治療法を学ぼう

五十肩の主な治療法は、以下の3つとなります。

3-2-1.薬物療法

特に痛みが強いときは、薬物療法を試すことになります。五十肩は、肩周辺の腱(けん)や筋肉が炎症を起こしていることも痛みの原因です。ステロイド剤・ヒアルロン酸を注射することにより炎症をやわらげることで、改善を目指します。

3-2-2.運動療法

肩や腕の可動域を広げるためのストレッチ・体操を行う方法です。肩周辺が痛いことで、運動量が少なくなるとますます可動域が狭くなって動かしにくくなります。医師が指導しながらの運動療法で、動かしやすい状態に無理なく持っていくのです。

3-2-3.物理療法

熱や電気刺激などより、筋肉の緊張をやわらげたり血流を改善したりする方法です。五十肩は、肩周辺の筋肉が異常に緊張してこわばっている状態が多くなります。熱で温めることで、筋肉の緊張が解け、こわばりを解消できるでしょう。また、電気刺激も新陳代謝を活性化し、血流改善に役立ちます。

3-3.五十肩の予防のために気を付けたいこと・生活習慣

五十肩の予防のためには、生活習慣を改善することが大切です。たとえば、以下の内容に気を付けてください。

  • 適度な運動やストレッチで肩周辺の筋肉をほぐし・血流を促進する
  • 猫背にならないようにする
  • バッグを片方の肩だけにかけないようにする
  • 栄養バランスのよい食事を心がける
  • 十分な睡眠を取って疲労を溜(た)めない
  • 適度にストレスを発散する

04. 五十肩に関するよくある質問

最後に、五十肩に関するよくある質問に回答します。悩みを解決するためにも、それぞれしっかり目をとおしておきましょう。

4-1.五十肩は再発しますか?

1回でも五十肩になったことがある人は、再発しやすいのも事実です。症状が軽くなっても、肩に負担がかかることを避け、予防に努めてください。再発したと感じたときは、速やかに治療を開始すれば、悪化しないで済みます。

4-2.親が五十肩になった場合は子どもにも遺伝しますか?

五十肩が遺伝することは、証明できていません。ただし、親子で姿勢の悪さが似る場合もあります。また、生活習慣や食生活が似ている場合は、五十肩も親子でなる場合もあるでしょう。五十肩になりやすい条件に当てはまるときは、気を付けてください。

4-3.五十肩の改善に禁煙が有効と聞いたのですが?

タバコは、全身の血流を悪くします。五十肩は、肩周辺の血流が悪い状態です。従って、タバコをやめることができれば、血流の改善により五十肩の症状が軽くなる可能性があります。喫煙は、心身にさまざまな悪影響を及ぼすものです。いい機会と考え、禁煙に踏み切るのもいいでしょう。

4-4.水泳で痛みが走るのですが五十肩なのでしょうか?

必ずしも五十肩とはいえません。泳ぎ過ぎが原因で関節が一時的に炎症を起こしている可能性もあります。まずは、どんなときに痛みが走るのかチェックしましょう。痛みがあるときは、水泳を中止し、休息および治療に専念してください。

4-5.五十肩に似た症状には何がありますか

たとえば、頸椎(けいつい)症を上げることができます。頸椎(けいつい)症とは、頸椎(けいつい)の椎体骨がとげ状になり、周囲の神経を刺激する症状です。痛みや違和感が出るため、五十肩と混同しやすくなります。適切な治療を受けるためにも、肩の痛みを自己判断で五十肩と決め込まず、医師に診断してもらいましょう。

05. まとめ

今回は、五十肩について詳しく解説しました。つらい症状を早く治すためにも、原因をきちんと知り、適切な対応を行いましょう。また、普段から生活習慣などに気を付け、症状が出ないように予防を心がけることも大切です。もしも今、五十肩の疑いがある場合は、できるだけ早く医師の診察を受けましょう。自己判断で放置しても悪化するばかりですから注意してください。