【お悩み解決】五十肩の改善はお任せ! 症状・治療・予防を徹底解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

中高年になると、肩の痛みや違和感を覚える人が増えてきます。いわゆる「五十肩」と呼ばれる症状ですね。五十肩になると、つらい症状のために仕事や日常生活にも大きな影響を与えてしまうため、できるだけ早く適切な対応をとりしましょう。今回は、五十肩で悩んでいる人のために、症状・治療・予防を中心に詳しく解説します。

この記事を読むことで、五十肩に関する正しい知識が身に付き、適切な対応ができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

01. 五十肩の基礎知識を学ぼう

最初に、五十肩の基礎知識として、どんな病気か・主な症状や原因などを解説します。

1-1.五十肩とはどんな病気?

五十肩とは、大体四十~六十代に多く見ることができる肩の症状です。発症するのが50代を中心に多いことから、呼ばれています。四十肩との医学的な違いはありません。年を重ねることで、肩周辺の筋肉が硬くなり、柔軟性を失ってくると五十肩の症状が出やすくなります。

1-2.五十肩の主な症状

五十肩の主な症状には、以下のようなものがあります。

  • 腕を自由に動かしにくい
  • 肩に違和感を覚える
  • 肩の痛みで着替えがしにくい
  • 腕を上げると痛む
  • 片方の肩だけが痛い
  • 寝返りの際に肩が痛む

なお、肩だけでなく首や腕も同時に痛みが出る場合もあります。さらに、激しく痛む急性期と、動かしたときだけに痛む拘縮(こうしゅく)期があるのも特徴です。

1-3.五十肩の主な原因

五十肩の主な原因は、ハッキリと解明できていません。しかし、四十代以降の年齢に多いことから、加齢が何らかの原因であると考えられています。年を重ねると、筋肉の柔軟性が無くなる・関節の動きが悪くなるなどがあり、五十肩になりやすいのです。