髪の毛の ツヤが出るコツ

髪の毛をつやつやにしたい方必見! ツヤが出るコツをご紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

つやつやの髪の毛になりたいと努力をしているのに、どうにもうまくいかない。こんな悩みを抱えている方はいませんか? 髪の毛にツヤが無くなると、清潔感までなくなって見えるので厄介です。髪の毛にツヤをだすシャンプーやトリートメントはたくさんありますが、どれを使ってよいか分からないという方もいるでしょう。

そこで今回は、髪の毛をつやつやにするコツをご紹介しましょう。

コツが分かっていれば、対処法に悩むこともありません。最近髪の毛がパサパサになってきて悩んでいるという方や、つやつやな髪の毛になりたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

髪のツヤに関する基礎知識

はじめに、髪のツヤに関する基礎知識をご紹介します。なぜ、人によって髪のツヤに差があるのでしょうか?

1-1.髪の毛にツヤが出る理由

髪の毛にツヤが出る理由は2つあります。1つ目は髪の毛の状態。髪の毛がまっすぐなほど光が反射する面積が増えてつやつやして見えます。2つ目はキューティクルの状態です。キューティクルとは、髪の毛の一番外側についている部位で、髪の毛が絡まり合ったり髪の毛から水分が失われるのを防いでいます。このキューティクルがきれいに整っていると、よりツヤが生まれやすくなるのです。

1-2.キューティクルは摩擦に弱い

キューティクルは髪の毛を守る壁のような役割を担っています。そのため、とても硬いのですが、もろくて摩擦に弱いという一面があるのです。ですから、摩擦で傷ついている髪の毛ほど、ツヤは失われてしまいます。最近髪の毛のツヤが無くなってきた気がするという方は、キューティクルが傷んでいるかもしれません。

1-3.キューティクルの重要性

前述したように、キューティクルは髪の毛にツヤを与え乾燥や衝撃から髪を守っています。キューティクルがしっかりしていれば、髪の毛は多少ダメージを受けてもツヤを失うことはありません。しかし、キューティクルがはがれたり傷んだりしていると、髪の毛はより深くまで傷つきやすくなります。すると、乾燥してパサパサになったり摩擦などによって枝毛ができたりしやすくなるのです。

キューティクルがはがれて髪の毛にツヤが無くなったり傷んだりしてしまうと、髪の毛がパサパサになってまとまりにくくなります。こうなると清潔感まで失われてしまい、老けて見られる一因になるのです。

髪の毛にツヤが無くなる原因

この項では、髪の毛にツヤがなくなってしまう原因をもう少し詳しくご紹介します。なぜキューティクルがはがれてしまうのでしょうか?

2-1.加齢

年を取るにつれて、頭皮が劣化してゆるんできます。すると、髪の毛が生えてくる毛穴の形もいびつになるのです。いびつになった毛穴から生えてくる髪の毛は、最初からうねっており光を反射しにくいものになっています。ですから、髪の毛のツヤがなくなったように見えるのです。年を取るにつれて髪の毛が縮れてきた気がするというのは、気のせいではありません。

また、年を取るにつれて髪の毛には栄養がいきわたりにくくなります。栄養がいきわたりにくくなると、キューティクルも傷みやすくなるのです。

2-2.シャンプーやブラッシングによる摩擦

髪の毛を乱暴にブラッシングすると、その摩擦でキューティクルが壊れてしまいます。シャンプーも同様です。力任せに髪をこすったり洗ったりすると、髪同士がぶつかり合ってしまいます。特に、髪が長い女性は要注意です。

2-3.カラーリングやパーマのあてすぎ

カラーリングやパーマは髪の毛を傷める行為です。現在の薬剤は髪の毛にとって負担が少ないものですが、それでも何もしていない人に比べると、髪の毛は傷んでいます。

2-4.紫外線による劣化

紫外線は髪の毛を劣化させます。髪の毛を長時間日光に当て続けているとどうしても髪の毛のキューティクルははがれやすくなるでしょう。

2-5.傷んだ髪の毛を放置しておくとどうなるの?

髪の毛は4年~6年の周期で抜け落ちます。ですから、傷んだ髪の毛もいずれ抜け落ちるため放っておく方もいるでしょう。しかし、傷んだ髪の毛をそのまま放置しておくと、新しい髪の毛も傷みやすくなってしまいます。また、髪の毛が傷みやすい生活を続けていれば、せっかくキューティクルがきれいな髪の毛が生えても、すぐに傷んでしまうでしょう。

髪の毛のツヤを取り戻す方法

この項では、髪の毛のツヤを取り戻す方法をご紹介します。髪の毛がつやつやになりたい方は、ぜひ参考にしてください。

3-1.シャンプーの前にブラッシングをする

洗髪の前にまずブラッシングをして、髪の毛の通りをよくしておきましょう。これだけで、摩擦を防げます。長い髪の場合は髪の毛の先から少しずつ櫛を通していくと絡まりにくいのです。

3-2.頭皮をマッサージするようにシャンプーをする

頭皮をマッサージするようにシャンプーをすれば、髪の毛に余計な摩擦を与えることがありません。ついでに頭皮の血行もよくなって一石二鳥です。

今は髪の毛にツヤが出るシャンプーなどもたくさん販売されているので、髪の毛のパサつきが気になる方は利用してみましょう。行きつけの美容室がある方は、美容師に相談にのってもらってもよいですね。

3-3.髪は洗ったらすぐに乾かす

生乾きのまま髪の毛を放置していると、乾燥が進んでしまいます。髪の毛を洗ったら、タオルでよく水けを拭きとってすぐに乾かしましょう。この際、あまり高温のドライヤーを近くで使用するとキューティクルがはがれる原因となります。今は低温の風で髪の毛を乾かせるドライヤーも出てきていますので、使ってみるのもおすすめです。

髪を乾かし終わったら、もう一度丁寧にブラッシングしてください。

3-4.トリートメントを活用する

傷んだ髪をできるだけ早く修復したいという場合は、トリートメントを活用しましょう。トリートメントにはいろいろな種類がありますが、即効性を求めるならば、洗い流さないタイプがおすすめです。

少しずつ髪の毛を修復していきたい場合は、洗い流すタイプを使用しましょう。使用する前によく使い方を読んでください。間違った使い方をしても効果は期待できません。

3-5.食生活を見直す

食生活が乱れて栄養不足になると、髪の毛も傷みやすくなります。髪に必要な栄養素はミネラルで、海藻類の中に豊富です。髪の毛のツヤを取り戻したい場合は、ヒジキやワカメなどを積極的に食べましょう。仕事などで忙しく食事に時間をかける余裕がない場合は、ミネラル分のサプリメントを摂取するのもよいですね。

食生活と同時に生活習慣を見直すことも重要になります。夜更かしを続けていると髪だけでなく肌にもよくありません。不必要な夜更かしを避け、睡眠時間をたっぷりと取りましょう。

3-6.パーマやカラーリングを控える

髪の毛が傷んでいるときは、パーマやカラーリングはできる限り控えましょう。また、髪の毛をきつく縛ったり複雑に編みこんだりする髪型も、頻繁に行うほど髪の毛は傷みやすくなります。

長髪で髪の毛が傷んでしまったという場合は、美容師と相談して少し髪の毛をカットするのもおすすめです。

髪の毛をつやつやにしたい方のよくある質問

Q.高価なシャンプーを使えば髪の毛にツヤがでますか?
A.高価なシャンプーが必ずしも髪の毛にツヤを与えるとは限りません。大切なのは、髪や頭皮とシャンプーの相性です。特に、皮膚が弱い方はシャンプーの値段よりも頭皮との相性で選んでください。

Q.長髪は髪の毛が傷みやすいのでしょうか?
A 髪は長くなるほど先の方まで栄養が届きにくくなり、キューティクルもはがれやすくなります。長髪の方はショートの方よりも入念なケアが必要です。

Q.ツヤ出しスプレーなどは効果が期待できるでしょうか?
A.即効性は期待できますが、ツヤを長く保ち続ける効果はありません。ツヤ出しスプレーと並行して、ご紹介したようなケアをしていきましょう。

Q.ヘアパックに効果は期待できますか?
A.はい。ただし、ヘアパックをしたらしっかりと薬剤を洗い流しましょう。

Q.うねった毛をまっすぐに戻せますか?
A 加齢による髪の毛のうねりを治すのは難しいのですが、ヘアアイロンなどを活用してみましょう。一時的ですがまっすぐになります。

まとめ

いかがでしたか? 今回は髪の毛がつやつやになる方法などをご紹介しました。髪の毛は手入れさえしていれば、年をとってもうねりやパサつきが出にくく、ツヤを保ち続けられます。髪の毛のツヤが失われてきたら、一度食習慣や生活習慣などを見直してみましょう。また、パーマをかけたらツヤがなくなってしまったという場合は、薬剤が合っていない可能性があります。美容師に相談するなどして、自分に合ったものを探しましょう。