ガム万能説!?虫歯予防効果やキシリトールの正しい知識などをご紹介

ガム万能説!?虫歯予防効果やキシリトールの正しい知識などをご紹介

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

食後や休憩時、またはストレス解消などでガムは重宝されます。ガムが持つ効果は意外にも大変多いのです。特にキシリトール入りのガムは、虫歯予防・歯周病予防に効果があることが実証されています。そこで今回は、正しいガムの噛(か)み方や知識などのご紹介です。

ガム・歯科の選び方や、虫歯予防のコツもご紹介します。ガムの効果を知りたい方や、虫歯・歯周病を予防したいと考えている方にはぴったりの内容です。虫歯・歯周病知らずになるためにも、ぜひ最後まで当記事を読んでみてください。

01. ガムについて

1-1.ガムとは

ガムの歴史は大変古く、西暦300年のマヤ文明の時代に誕生したと言われています。メキシコ南部には、樹液を固めて噛(か)むという習慣があり、樹液のゴム(gum)がガムの語源です。噛(か)むだけのものをガム(gum)、噛(か)んだあと飲み込むものがグミ(gummy)と呼ばれています。日本には、1916年に初めて輸入され、1928年ごろにはガムを販売する会社も現れ始めました。しかし、当時の日本人の食習慣にはあわなかったらしく、あまり売れていなかったようです。

1-2.ガムの種類

ガムには、以下のような種類のものがあります。

  • 板ガム
  • 粒ガム
  • お菓子としてのガム
  • 医療用ガム(歯磨き(歯ブラシ)ガム・禁煙ガムなど)
  • 歯科専売品のガム

1-3.最近の傾向

最近のガムは、キシリトール入り・糖分なし・カロリーオフ・味長持ちといったさまざまな趣向を凝らしたものが増えてきています。一昔前は、ガムといえばお菓子というイメージでしたが、今ではオフィスのおとも・ストレス緩和・ダイエットの補助として噛(か)む方も多いようです。