歯茎の痛みはなぜ起きるの? 原因と対処法・治療法について徹底解析

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

歯茎(はぐき)に痛みを感じた場合、何かしらの原因で炎症を起こしている可能性があります。そのまま放置していると、歯周病が悪化したり抜歯(ばっし)が必要になったりする可能性もあるのです。歯茎の痛みは、放置してはいけません。では、どうやって対処すればよいのでしょうか。本記事では、歯茎が痛む原因から応急処置・対処法・治療法について説明します。

  1. 歯茎の痛みについて
  2. 歯茎の痛み~応急処置・対処法
  3. 歯茎の痛み~治療法について
  4. 歯茎の痛みに関してよくある質問

この記事を読むことで、歯茎が痛むときの対処法と治療法が分かります。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

01. 歯茎の痛みについて

歯茎がどんなときに痛むのか状態を自分でチェックした上で、考えられる原因を挙げていきましょう。

1-1.どんなときに痛むか

食べもの・飲みものを口に入れた瞬間に痛みを感じる方が多いのではないでしょうか。多くの方は、急な痛みを感じるようになります。一時的なものではなく、ズキズキとした痛みが止まらないというケースもあるので注意が必要です。また、歯磨きをするときにある部分だけが痛む・にぶい痛みが長く続くという方もいます。自分がどんなときに痛みを感じるのか、チェックしてください。

1-2.主な原因

歯茎が痛む原因は、人によってさまざまです。どのような原因があるのか、チェックしていきましょう。

1-2-1.ストレス・免疫力の低下など

ストレスなどの精神面・体の疲労が免疫力低下につながり、歯茎の痛みに至ることがあります。ストレスや不規則な生活習慣により、歯茎が腫(は)れ、痛みを感じる人が増えているのです。また、免疫力が低下し抵抗力が低くなったときは、歯がグラグラと感じることもあります。「歯が浮く」感覚になり、歯茎が赤く腫れあがるのです。この場合は、心身ともに十分な休息が必要となります。

1-2-2.口内炎

歯茎を含む歯の根元に、口内炎ができるときがあります。歯の根元にできやすい口内炎には、「アフタ性口内炎」と「ウイルス性口内炎」の2種類です。アフタ性口内炎は中央部が浅くくぼんだ白っぽいもの、ウイルス性口内炎は皮膚にできた水疱(すいほう)が破れて潰瘍(かいよう)になった状態を指しています。どちらとも、口腔環境が悪く、細菌が増加している証拠です。

1-2-3.親知らず

親知らずは、1番奥に生える歯です。生えるスペースが狭く、横に生えてしまうこともあります。そのため、歯ブラシをきちんと当てて磨くことができず、虫歯・歯周病になりやすくなるのです。その結果、痛みを引き起こしてしまいます。奥の歯茎に痛みを感じる場合は、親知らずの可能性が高いでしょう。

1-2-4.歯肉炎・歯周病

歯茎の痛みでよくある原因が、歯肉炎と歯周病です。歯肉炎とは、歯茎に炎症が起きている状態のことで、歯周病の初期段階となります。歯茎が腫れる・出血するなどが主な症状です。歯周病が進行し、歯周ポケット(歯と歯肉の境目)が深くなると歯槽骨(しそうこつ)が溶けることがあります。歯槽骨が溶け始めると激しい痛みを感じるようになるでしょう。

1-2-5.食片圧入(しょくへんあつにゅう)

歯と歯の間に痛みを感じた場合は、食片圧入の可能性が高いでしょう。食片圧入とは、食べものが歯と歯の間に挟まることです。「取りのぞけばいい」と考えがちですが、放置するとさまざまな悪影響が現れます。たとえば、虫歯・歯周病に発展する・さらに食べものが挟まりやすくなることです。どんどん悪循環に陥ってしまうため、注意しておかなければなりません。また、食片圧入は、歯並びの悪さが原因で起こるケースがあります。

1-2-6.根尖病巣(こんせんびょうそう)

歯の根の先にできる膿(うみ)の袋を「根尖病巣」といいます。歯の神経が死んでしまうと細菌が増え、根の先から毒素を出し骨が溶かされるのです。その結果、根の先に膿がたまった袋ができます。根尖病巣は自覚症状がなく、いつの間にかできていることが多い点が特徴です。しかし、噛むと痛みを感じる・急に歯茎が腫れる・歯がグラグラするなどの症状が現れることもあるので、注意して確認しなければなりません。

1-2-7.インプラント・ブリッジによる痛み

歯を抜いた後、ブリッジ・インプラント・部分入れ歯などの詰めものを行います。実は、この詰めものが原因で歯茎に痛みを感じることもあるのです。治療をした後でも、残っている歯の根の部分が炎症することで歯茎が腫れて痛みを感じます。インプラント・ブリッジの部分が痛む場合は、治療を受けた歯医者で再び検査してもらったほうがよいでしょう。

1-2-8.そのほか

ほかの原因としては、知覚過敏・噛み合わせの悪さがあります。知覚過敏は歯周病によって引き起こされることが多く、歯茎が敏感になっている状態です。口にものを含んだ瞬間、激しい痛みを感じるようになるでしょう。また、噛み合わせが悪い場合も歯に負担がかかり、歯茎が炎症を起こすおそれがあります。

1-3.放置するとどうなるか

歯茎の痛みを放置すると、どんどん症状が悪化して常に激しい痛みを感じるようになるでしょう。日常生活でも痛みを感じるため、仕事や家事に支障をきたすことになります。また、歯の土台となる歯槽骨が溶け始めると、歯がグラグラしたり、歯磨きをするたびに出血したりするでしょう。最悪な状態になれば、歯を抜かなければならなくなります。治療が遅くなるほど方法も限られてくるので、早めの処置が大切です。