二日酔い対策と予防法

二日酔いになりやすい方必見! 二日酔い対策と予防法を紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

12月・1月は、忘年会やクリスマス・お正月・新年会などでお酒を飲む機会が増える方も多いでしょう。つい、お酒を飲み過ぎてしまうと起こりやすいのが二日酔いです。二日酔いは頭痛・吐き気・倦怠感など様々な不快な症状が起こります。できる限り早く治したいですよね。

そこで今回は、二日酔い対策や予防方法をご紹介します。

対策方法や予防方法も知っていれば、つらい二日酔いをうまく乗り越えることができるでしょう。二日酔いにたびたび悩まされているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

二日酔いとは?

はじめに、二日酔いのメカニズムや症状についてご紹介します。いったいなぜ二日酔いになるのでしょうか?

1-1.二日酔いのメカニズム

二日酔いは、体内に取りこんだアルコールを分解する際に発生する「アセトアルデヒド」という物質が原因で起こります。この物質は、肝臓で分解されるのですが、一度に分解できる量には限界があるのです。そのため、分解されきれなかったアセトアルデヒドが翌日も体内に残っていることによって二日酔いが起こります。

ちなみに、アセドアルデヒドが飲酒中に分解しきれなくなると悪酔いを引き起こすのです。また、人によっては体質的にアセドアルデヒドをほとんど分解できない人もいます。

1-2.二日酔いの際に起こる症状

二日酔いになると

  • 頭痛
  • 胃のむかつき
  • 吐き気
  • だるさ

などの症状が現れます。人によっては微熱が出ることがありますが、これは脱水症状を併発している可能性があるのです。

1-3.二日酔いになりやすい人とは?

二日酔いは肝臓のアルコール処理能力が限界を超えた時になるものですので、お酒に強い人でも弱い人でも起こります。

  • 寝不足が続いているなど、肉体的に疲れている
  • おつまみをほとんど食べずにお酒ばかり飲む
  • 飲酒の適量が把握できない
  • 肝機能が弱っている

以上に該当する人は特に二日酔いになりやすいので注意しましょう。

1-4.二日酔いに潜む危険

二日酔いは多くの場合、脱水症状も併発しています。アルコールを分解する際、体は多量の水を使うのです。二日酔いでなくても、お酒を飲んで眠った翌日は喉がひどく渇いている、という方も多いでしょう。二日酔いの時はなおさらです。二日酔いの症状と思われがちな頭痛やむかつきは脱水症状の症状でもあります。ですから、適度に水分と電解質を補給する必要があるのです。二日酔いは汗をかけば治るからとサウナや熱いお風呂に入る方もいますが、かえって脱水症状を悪化させます。

また、二日酔いをするほどお酒を飲むと、肝臓にもダメージが蓄積していくのです。二日酔いを頻繁に起こす人は、肝機能障害を起こす可能性も高くなります。

二日酔いの対処方法

この項では、二日酔いになった場合の対処方法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

2-1.水分を補給する

二日酔いの代表的な症状である頭痛やだるさは、脱水症状が原因のこともあります。ですから、スポーツドリンクや味噌汁で水分と栄養分を補給しましょう。スポーツドリンクのは普通の水よりも浸透圧が高く、カリウムやナトリウムも一緒に補給ができます。

味噌汁もおすすめです。ナトリウムが補給できる上、栄養補給にもなります。味噌汁の身はアラニンという物質を多く含むシジミやアサリがおすすめです。アラニンはアセドアルデヒドを分解する効果があり、二日酔いの早い解消が期待できます。

2-2.糖分を補給する

アルコールを分解するために活動し続ける肝臓は、栄養分として糖分を利用します。二日酔いになると体が糖分不足となり、低血糖になることも多いのです。低血糖になるとだるさや頭痛という二日酔いの代表的な症状が現れます。糖分と水分が両方取れる飲み物の代表格はスポーツドリンクです。この他、オレンジ・グレープフルーツ・バナナ・マンゴーなど果実を使ったジュースも水分と糖分が同時補給できます。固形物が食べられるなら、果物はそのまま食べてもかまいません。

2-3.二日酔いに効果的な食べ物を摂取する

二日酔いに効果的な食べ物としては、ゴマやシジミ・梅干しが上げられます。ゴマやシジミには前述したアラニンが含まれ、梅干しはナトリウムやカリウムが効率よく補給できるのです。梅干しは緑茶に入れてつぶしながら飲んでもよいでしょう。ただし、吐き気がある場合は無理に摂取する必要はありません。

2-4.止まらない吐き気の治し方

に何か残っていてムカムカするという場合は、我慢せずに全部吐いてしまいましょう。その方がすっきりします。その後、常温~ぬるま湯程度の水分をゆっくりと補給してください。スポーツドリンクを飲む場合は、あらかじめ常温にしておきましょう。冷えたものを飲むと胃の血行が悪くなり、症状が長引きます。また、胃酸が逆流してくるような感じがするという場合は、生姜湯が効果的です。

2-5.頭痛の治し方

二日酔いの頭痛はつらいものです。すぐに治したいという方もいるでしょう。しかし、頭痛薬を使ってはいけません。二日酔いの時はまだ肝臓がアルコールを分解するためにフル稼働している状態です。ですから、頭痛薬などの薬を飲むとアルコールはその成分を分解するために、肝臓はさらに働かなくてはなりません。そのため、アルコールの分解が遅れて二日酔いの症状が長引くことはあります。頭痛がつらい場合は水分をゆっくりと補給しながら、頭を冷やしてみましょう。脱水症状由来の頭痛の場合はこれでよくなる可能性があります。

二日酔いの予防方法

この項では、二日酔いを予防する方法をご紹介します。どうすれば二日酔いになりにくくなるのでしょうか?

3-1.二日酔いの予防薬を飲む

ヘパリーゼやタウリンなど胃腸や肝臓の滋養強壮に効果のある栄養素を配合した薬は、二日酔いの予防薬としてドラッグストアで販売されています。また、シミやそばかすを防ぐ効果を謳っている「ハイチオールC」という薬も肝機能向上の効果が期待できるのです。ただし、予防薬を飲んだからといって必ず二日酔いが予防できるわけではありません。

3-2.二日酔いを予防する食べ物と飲み物

二日酔いは空腹時にお酒を飲むと発生しやすくなります。そのため、何か胃に食べ物を入れてからお酒を飲むとよいでしょう。二日酔いを予防するのに最も効果的な食べ物は脂肪です。イタリアでは、飲み会の前にオリーブオイルをひとさじ飲む方がたくさんいます。これをまねしても良いのですが、油を直接飲むのはちょっと、という方にはチーズやレーズンバターがおすすめです。どちらも脂肪が多く含まれています。

飲み物としては、しじみやあさりの味噌汁がおすすめです。肝機能向上の効果が期待できます。

3-3.生活習慣を見直す

飲み会の前日は、睡眠をたっぷりととって体調を回復させておきましょう。また、風邪などで体調が悪いときは無理に飲み会に参加しないことです。なお、飲み会直前に風邪薬などを飲むと二日酔いになりやすくなります。飲酒前・飲酒後の酔いが残った状態で薬を服用するのはやめましょう。服用している薬がある方は、それを理由にお酒を断ってください。

3-4.お酒の飲み方を見直す

お酒はおいしく適量を飲みましょう。勢いのままに飲み続けるのは危険です。ゆっくりと飲めば、少量のお酒で満足できます。また、おつまみなしで飲むと二日酔いになりやすいので、必ず食べながら飲みましょう。2次会・3次会と行く場合は、途中でお酒をソフトドリンクに切り替えてください。お酒に強い人ほど油断して二日酔いになりがちです。

二日酔いの対策を知りたい方のよくある質問

Q.二日酔いになりやすいお酒というのはあるのですか?
A.一般的にアルコール度数の高いお酒の方が少量で二日酔いになりやすいですが、あまり大きな違いはありません。アルコール度の低いお酒でも飲み過ぎれば二日酔いになります。

Q.色々なお酒を一度に飲むと二日酔いになりやすいと聞きましたが本当ですか?
A.色々なお酒を飲むと、一種類のお酒を飲み続けるよりたくさんの量が飲めます。そのため、飲酒量が増加し二日酔いになりやすくなるのです。

Q.年齢と二日酔いのなりやすさには関係があるのでしょうか?
A.年を取って肝機能が落ちると二日酔いにもなりやすくなります。

Q.自分の飲酒量の適量がよく分かりません。
A.1日に飲んでもよいお酒の適量は、ビール500ml・日本酒1合・ワインはボトル4分の1本ほどといわれています。少ない気もしますが、おつまみを食べながらゆっくりと飲めば、この量でも十分です。また、焼酎の適量は0.5合ですが、ソーダ水やお湯などで割るとコップ数杯分は楽しめます。

Q.迎え酒が二日酔いによいと聞きましたが本当でしょうか?
A.二日酔いの時にお酒をがまんして飲むと、酔いで一時的に体の不調が麻痺します。しかし、肝臓はさらなるオーバーワークを強いられるので、結果的には健康にはよくありません。迎え酒はやめましょう。

おわりに

いかがでしたか? 今回は二日酔いの原因や二日酔い対策の方法をご紹介しました。昔よりは飲み会でお酒を強要されることは少なくなりましたが、場の雰囲気にのまれて深酒をしてしまう方もいるでしょう。二日酔いになったらまず水分を補給してください。そうすれば頭痛や胸のむかつきも解消しやすくなります。