二日酔い対策と予防法

二日酔いになりやすい方必見! 二日酔い対策と予防法を紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

12月・1月は、忘年会やクリスマス・お正月・新年会などでお酒を飲む機会が増える方も多いでしょう。つい、お酒を飲み過ぎてしまうと起こりやすいのが二日酔いです。二日酔いは頭痛・吐き気・倦怠感など様々な不快な症状が起こります。できる限り早く治したいですよね。

そこで今回は、二日酔い対策や予防方法をご紹介します。

対策方法や予防方法も知っていれば、つらい二日酔いをうまく乗り越えることができるでしょう。二日酔いにたびたび悩まされているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 二日酔いとは?

はじめに、二日酔いのメカニズムや症状についてご紹介します。いったいなぜ二日酔いになるのでしょうか?

1-1.二日酔いのメカニズム

二日酔いは、体内に取りこんだアルコールを分解する際に発生する「アセトアルデヒド」という物質が原因で起こります。この物質は、肝臓で分解されるのですが、一度に分解できる量には限界があるのです。そのため、分解されきれなかったアセトアルデヒドが翌日も体内に残っていることによって二日酔いが起こります。

ちなみに、アセドアルデヒドが飲酒中に分解しきれなくなると悪酔いを引き起こすのです。また、人によっては体質的にアセドアルデヒドをほとんど分解できない人もいます。

1-2.二日酔いの際に起こる症状

二日酔いになると

  • 頭痛
  • 胃のむかつき
  • 吐き気
  • だるさ

などの症状が現れます。人によっては微熱が出ることがありますが、これは脱水症状を併発している可能性があるのです。

1-3.二日酔いになりやすい人とは?

二日酔いは肝臓のアルコール処理能力が限界を超えた時になるものですので、お酒に強い人でも弱い人でも起こります。

  • 寝不足が続いているなど、肉体的に疲れている
  • おつまみをほとんど食べずにお酒ばかり飲む
  • 飲酒の適量が把握できない
  • 肝機能が弱っている

以上に該当する人は特に二日酔いになりやすいので注意しましょう。

1-4.二日酔いに潜む危険

二日酔いは多くの場合、脱水症状も併発しています。アルコールを分解する際、体は多量の水を使うのです。二日酔いでなくても、お酒を飲んで眠った翌日は喉がひどく渇いている、という方も多いでしょう。二日酔いの時はなおさらです。二日酔いの症状と思われがちな頭痛やむかつきは脱水症状の症状でもあります。ですから、適度に水分と電解質を補給する必要があるのです。二日酔いは汗をかけば治るからとサウナや熱いお風呂に入る方もいますが、かえって脱水症状を悪化させます。

また、二日酔いをするほどお酒を飲むと、肝臓にもダメージが蓄積していくのです。二日酔いを頻繁に起こす人は、肝機能障害を起こす可能性も高くなります。