薬に頼らない自分でできる花粉症対策

薬に頼りたくない! 自分でできる花粉症対策

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

2月も半ばになると、花粉症がひどい人は「なんか、花粉が飛び始めたかも…」と、自分の鼻づまり、頭痛、咳(せき)などの症状によってスギ花粉飛散開始に気づくものです。例年、日本気象協会は12月あたりに「春の花粉飛散予測」を発表しています。例年より多いとか少ないとか、いろいろ情報が出されるのですが、医療関係者によると花粉症対策はピークになる前に、早めにしておいた方がいいようです。少しでも花粉症を軽減できるコツをご紹介していきます。

01. 花粉症のメカニズム

あの花粉症のひどい症状が少しでも抑えられるなら…、といろいろ試行錯誤している方も多いと思います。花粉症と免疫の関係を基礎知識から理解していきましょう。どうしてスギやヒノキなどの花粉を吸うと、アレルギー症状が出るのかというと、花粉を吸い込んだときに、異物(アレルゲン)が侵入したと脳が判断します。それに対抗するために「IgE抗体」という物質が作られるのです。そして、次に花粉を吸い込んだときに、抗体が反応してヒスタミン(化学伝達物質)等を放出します。これらの物質が、くしゃみ・鼻水・鼻づまり、目のかゆみなどの症状を引き起こすのです。