花粉症の種類を知りたい? 時期や対処法を詳しく教えます!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

毎年多くの人が、花粉症の症状で悩んでいますよね。春先からは毎日テレビなどの天気予報で花粉情報が流されるなど、もはや国民病のひとつと言っていいでしょう。さて、花粉症にもさまざまな種類があります。人によって、反応する花粉の種類が違い、症状の出方も異なるものです。そこで、今回は、花粉症の種類について、時期や対処法などを併せて詳しく解説します。

この記事を読むことで、花粉症の種類について詳しく分かります。つらい症状でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

01. 1.花粉症を引き起こす花粉の種類は?

最初に、花粉症を引き起こす花粉の種類について、詳しく解説します。

1-1.花粉の種類にはどんなものがある?

花粉は、木から飛来する木本花粉(もくほんかふん)と草花から飛来する草本花粉(そうほんかふん)に分けることができます。それぞれの主な種類は、以下のとおりです。花粉症を引き起こす種類は、意外と多くあることが分かります。

  • 木本花粉(もくほんかふん):スギ・ヒノキ・シラカンバ
  • 草本花粉(そうほんかふん):イネ・ブタクサ・ヨモギ・カナムグラ

1-2.季節ごとにどんな種類がある?

主な花粉の種類を季節ごとに分けると、以下のようになります。

  • 春:ヒノキ・スギ
  • 夏:イネ・シラカンバ
  • 秋:ヨモギ・ブタクサ・ナカムグラ
  • 冬:スギ

1-3.花粉の種類を地域別に解説

地域によっても、花粉の種類が異なるものです。具体的には、以下を参考にしてください。シラカンバは、主に北海道と東北地域で見られることが分かります。

  • 北海道および東北:スギ・ヒノキ・イネ・ブタクサ・ヨモギ・カナムグラ・シラカンバ
  • 関東・中部・関西・九州:スギ・ヒノキ・イネ・ブタクサ・ヨモギ・カナムグラ

1-4.花粉の種類に関する最近の傾向

花粉症の種類では、スギやヒノキが有名です。しかし、実際にはほかの種類でアレルギー反応を起こす人が多くいます。どうもおかしいと思って検査をしたら、ブタクサに反応したという例もあるのです。花粉症を引き起こす種類がスギやヒノキ以外にもあることが認知されることで、適切な治療を受けられる人が増えてきたと言えるでしょう。