必読! ヒートショック対策をして入浴タイムをゆっくり楽しみましょう!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

ヒートショックをご存知でしょうか。ヒートショックが原因で死亡する人数は、交通事故で死亡する人数よりもはるかに多いのです。特に高齢者はヒートショックが原因で死亡するケースが多いのですが、若い人も他人事(ひとごと)ではありません。今回はヒートショックの対策方法、特に浴室でのヒートショック対策方法を紹介していきます。

本記事を読むことで、入浴中にヒートショックになってしまう可能性を予防することができます。ヒートショックで命を失わないために、ぜひとも参考にしてください。

01. ヒートショックについて

この項では、ヒートショックのこわい点、ヒートショックの原因について紹介をしていきます。また、ヒートショックを起こしやすい人についても解説しましょう。

1-1.ヒートショックとは?

ヒートショックは、温度差が原因で起きる肉体的ショック症状です。詳しく説明しますと、温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動することが原因で起こります。結果、失神・心筋梗塞・不整脈・脳梗塞を起こす可能性があるのです。ヒートショックのこわい点は、2011年の統計で約17,000人もの人が入浴中の急死を起こしていて、ヒートショックによるケースが多くあります。この数は交通事故の死亡者である4,611人の4倍です。また、ヒートショックは高齢者が家庭内で死亡する原因の4分の1となっています。

1-2.ヒートショックの原因

ヒートショックの原因は、温度差が急に10度変わることで起こるとされています。

1-2-1.ヒートショックが起こりやすい場所とは

ヒートショックが起こりやすい場所としては、浴室・脱衣所・トイレです。日本は、浴室など水回りを北側にレイアウトする傾向にあります。そのため、日当たりの悪い浴室などは冷え込んでしまいリビングルームなどとの温度差が生まれやすくなるのです。

1-3.ヒートショックを起こしやすい人とは?

ヒートショックを起こしやすい人は、65歳以上の高齢者・高血圧の人・糖尿病の人・動脈硬化などで血管が硬くなっている人です。このような人達は、急激な血圧の変動に耐えることができず、ヒートショックを引き起こしてしまいます。