ヒートショック対策や予防法で危険から身を守ろう

実は怖い! ヒートショック対策や予防法で危険から身を守ろう。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

ヒートショックという言葉をご存じですか? ヒートショックは医学用語ではありませんが、建設メーカーや暖房メーカーを中心に広がっている言葉。
このヒートショックは、急激な温度差によって血圧の変動が起こり、心筋こう塞や脳卒中を引き起こすきっかけにもつながります。イメージとして強いのは、高齢者がこのダメージを受けやすい印象を持たれがちですが、若い人にも起こり得ることを覚えておく必要があるでしょう。
誰の身に起こってもおかしくないヒートショックを、未然に防ぐためにも、きちんとした知識を得るようにしましょう。ヒートショック対策や予防方法についてご紹介します。

01. ヒートショックとは?

前述のとおり、ヒートショックという言葉は、建設メーカーや暖房メーカーによって広められたものです。今は、ほとんどの人が耳にしたり、なんとなくこの現象について知っていたりするのではないでしょうか? メディアでも頻繁に取り上げられるようになり、その危険性を啓発する動きが出ています。
ヒートショックとはどのようなものなのでしょうか?

1-1.温度差で起こる

ヒートショックは、暖かい場所から寒い場所へ移動するときに、血管が熱を奪われないように収縮し、血圧が急上昇するために起こります。
急激な血圧の変動は、心臓へ大きな負荷がかかり、心筋梗塞や脳卒中を引き起こすきっかけになるものです。

1-2.肌が露出したときに起こる

暖かい場所から寒い場所へ移動するときに起こる可能性が圧倒的に高いヒートショックですが、肌の一部が露出しただけでも起こることも。
特に寒さが厳しくなる12月から2月にかけて、トイレに行ったときにヒートショックになってしまうことが起こるようです。肌の一部が露出しただけでも、ヒートショックになる可能性があるのは大変恐ろしいこと。寒い季節では、トイレでも十分注意と対策が必要です。