熱中症を予防するために知っておきたい3つのポイント

暑さが続くこの時期、注意しなければいけないのが熱中症です。毎年、熱中症による死亡事故が報道されているように、一歩間違えれば命にかかわる事態にもなりかねません。そこで、この記事では、熱中症の予防方法について解説します。この記事を参考にして、しっかりと対策をとっていきましょう。

熱中症の症状とはどのようなもの?

熱中症とは、暑さに体が適応できないことによって生じる健康障害の総称です。大きく「熱失神」「熱けいれん」「熱疲労」「熱射病」の4つに分類されます。それぞれどのような症状が現れるのか一つずつ見てきましょう。

1-1.熱失神の症状

熱失神の主な症状は、めまい・顔面そう白・意識喪失などです。体温上昇による皮膚血管の拡張が血圧低下や脳血流の減少を招き、このような症状が現れます。特に多いのが、スポーツ後に発症するケースです。

1-2.熱けいれんの症状

熱けいれんの症状は、痛みを伴う筋肉のけいれんです。血中の塩分濃度が低下することによって起こり、多くの場合、運動後の水分補給の仕方が原因です。まず、大量に汗をかくことによって体内の塩分が失われます。その後、塩分を含まない水分を摂取することで血中の塩分濃度がさらに下がり、熱けいれんが起こるのです。

1-3.熱疲労の症状

熱疲労は、暑さによって体内の塩分・水分が失われることで起こります。主な症状は、めまい・立ちくらみ・けん怠感・疲労・頭痛・吐き気やおう吐などです。幻覚症状を伴うこともあり、熱けいれんよりも深刻な状態となります。

1-4.熱射病の症状

熱射病は、体温調節機能が機能しなくなり、体温が異常に上昇することで起こります。主な症状は、高熱・めまい・けん怠感・意識障害などです。熱中症の中で最も危険度が高く、最悪の場合、死にいたることもあります。

熱中症を予防する方法は?

熱中症はしっかりと対策をとることで予防することができます。熱中症を予防するためのポイントを3つ紹介しましょう。

2-1.こまめに水分をとること!

第一に、熱中症を防ぐために最も大切なことが水分補給です。普段よりも多く水分を取るように意識してください。ただし、一度にたくさんの水を飲むと胃腸に負担がかかり逆効果となります。1日の中で時間を決めて、こまめに取るようにしましょう。

2-2.塩分の補給も忘れずに!

第二に、塩分の補給も熱中症を防ぐためには重要なポイントです。汗をかくと、水分と同時に塩分も排出されます。このとき、水だけを飲んでいると血中の塩分濃度が急激に下がってしまうのです。すると、体は塩分濃度を維持するために水分を排出し、脱水症状が起こります。大量に汗をかいた場合は、スポーツドリンクなど、適度に塩分を含んだ飲料を飲むようにしましょう。

2-3.万全な体調管理を!

第三に、熱中症を予防するために欠かせないのが万全な体調管理です。日常的に適度な運動を行い、バランスの良い食事・しっかりとした睡眠を心がけてください。また、体調の悪いときには、炎天下での外出・運動は控えるようにしましょう。

熱中症になってしまったらどうすればいい?

それでは、熱中症の症状が現れた場合はどのようにすれば良いのでしょうか? 熱中症になってしまった場合は以下の方法で対処してください。

3-1.涼しい場所に移動して体を冷やすこと

まず、熱中症を疑うような症状が現れたら、風通しの良い日陰やエアコンの効いた室内に移動し、服をゆるめて体を冷やしてください。体が熱を持っている場合は、首や脇の下、太ももの付け根などを氷袋で冷やすのも効果的です。

3-2.水分・塩分を補給するときは注意が必要!

次に、塩分を同時に補給できるスポーツドリンクなどを摂取させてください。ただし、意識障害がある場合は、無理に飲ませようとすると気道に流れ込む恐れがあります。また、吐き気やおう吐などの症状がある場合は、胃腸が弱っていることが考えられるため、口からの水分摂取は避けてください。水分を取るのが難しい場合は、医療機関を受診するようにしましょう。

3-3.意識がはっきりしない場合はすぐに救急車を!

意識がなかったり呼びかけに対する反応がおかしかったりする場合は、すぐに救急車を呼ぶようにしてください。また、普段どおりの動きができない場合や、体にけいれんが起こっている場合も危険な状態と言えます。手遅れになる前に、一刻も早く救急車を要請することが重要です。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、熱中症の予防方法・対処方法について解説しました。

  1. 熱中症の症状とはどのようなもの?
  2. 熱中症を予防する方法は?
  3. 熱中症になってしまったらどうすればいい?

以上のポイントを押さえて、熱中症対策に取り組んでください。熱中症は最悪の場合、命を落とすことにもなりかねません。少しでも体の異常を感じたら、無理をせずに涼しい場所で休むようにしましょう。