熱中症を予防するために知っておきたい3つのポイント

本当に正しい熱中症対策5選!原因や対処法を知って安心な夏を!

「熱中症対策について知りたい」「熱中症になりやすい環境は?」という人は多いでしょう。毎年暑くなると、気になるのが熱中症だと思います。「うちにはエアコンがあるので心配ない」「熱中症になったことがないから大丈夫」などと思っていると危険です。熱中症は誰にでも起こる可能性があり、しっかり対処しないと命を落とす可能性もあります。

この記事では、熱中症になる原因や正しい熱中症対策・熱中症になってしまったときの対処法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 熱中症になる原因は?
  2. 熱中症の発症事例を紹介
  3. こんな熱中症対策は効果がない
  4. 正しい熱中症対策5選
  5. 熱中症になってしまったときの対処法
  6. 熱中症対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、熱中症を引き起こす条件や、症状に気づいたときにやるべき応急処置などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.熱中症になる原因は?

まずは、熱中症を引き起こす原因にはどのようなことが関係してくるのかをまとめました。

1-1.気温や湿度などの「環境」

熱中症の原因に大きく関係してくるのが、環境です。「熱中症になるのは気温が高くて日差しが強い日」というイメージがありますが、実はそれだけではありません。気温がさほど高くなくても湿度が高い日、曇っていても急に気温が高くなった日なども、注意が必要です。また、室内でも熱中症が起こることがあります。特に、エアコンが効いていない閉め切った室内は、熱がこもりやすいため熱中症になりやすいでしょう。

1-2.疲れや体調不良など「体の状態」

同じ条件下でも熱中症になる人とならない人がいるのは、そのときの体の状態も関係しているためです。たとえば、二日酔いや睡眠不足・風邪を引いた直後などは体の調子が万全ではないため、熱中症になりやすいでしょう。また、高齢者や乳幼児などは、汗をかくなどの体温調節機能がうまく働かず、体にこもった熱を逃がすことができない場合もあります。体に熱がたまり、熱中症を引き起こしてしまうことが多いでしょう。

1-3.慣れない運動や水分不足などの「行動」

そのときの行動も、熱中症を引き起こす原因になります。普段運動する機会がない人が急に激しい運動をしたときや、気温の高い日に長時間屋外で作業をしたときなどは注意が必要です。また、長時間にわたって水分補給ができず、体内の水分が不足してしまった場合にも熱中症の症状が現れやすくなります。

2.熱中症の発症事例を紹介

熱中症を発症するケースにはさまざまなものがあります。いくつか事例をご紹介しましょう。

2-1.炎天下でのスポーツ時に

気温35℃の炎天下に部活の練習をしていた高校生男子の事例です。練習後、会話の異常が見られたため、部室で横になって休ませていましたが、呼吸が苦しそうになったので救急搬送されました。定期試験を終えたばかりで数日間運動をしていなかったこと・寝不足気味で体が疲れていたことなどが、熱中症を引き起こした原因と考えられます。

2-2.蒸し暑い日の長時間作業時に

蒸し暑い日に建設会社の現場で長時間作業していた男性社員の事例です。現場の風通しは悪く、朝の時点では体調に問題はありませんでした。水分補給用のイオン飲料などが備えられていたが、体を冷やす設備などはなく、右足のしびれとけいれんを発症しました。水分補給して休んでいたが、その後、歩くことができなくなったので救急搬送されたということです。体を冷やすことができなかったのが症状悪化の原因でしょう。

2-3.体調不良時の室内で

風邪を引いていたので冷房を入れず、寝室で休んでいた70代男性の事例です。夜中はトイレに起きたくなかったので水分補給をせずに就寝したところ、寝ている間に吐き気で目を覚まし、救急搬送されました。風邪を引いて体力が落ちていたこと・暑くても冷房を入れなかったこと・水分を控えたことなどが熱中症を引き起こした原因と考えられます。

3.こんな熱中症対策は効果がない

熱中症対策のつもりでも、実は効果がない行為もあります。以下のような行為は熱中症対策にならないので注意しましょう。

3-1.カフェイン入りの飲み物やお酒で水分補給する

緑茶やアイスコーヒーなどカフェイン入りの飲み物やお酒には利尿作用があるため、体内の水分を排出してしまいます。そのため、熱中症対策にはなりません。熱中症の予防には水分だけでなく塩分を摂(と)ることも必要なので、イオン飲料水や経口補水液で水分補給するのがおすすめです。

3-2.冷たい飲み物の飲みすぎ

体を冷やそうとして冷たい飲み物ばかり飲むのも逆効果です。「体温が下がった」と体が勘違いして汗をかかなくなります。その結果、熱が体にこもり、熱中症のリスクが高くなるのです。水分補給用の飲み物は、常温のものを用意しましょう。

3-3.一気に大量の水分を摂取する

一気に大量の水分を摂取すると、血中の塩分濃度が薄くなり、脱水を起こしやすくなります。のどが渇いたから一気に大量の水分を摂取するのではなく、のどの渇きを感じる前から、こまめに少しずつ水分を摂るようにしましょう。

4.正しい熱中症対策5選

熱中症対策としておすすめのものをご紹介しましょう。

4-1.こまめに水分補給する

熱中症対策で最も大切なのが、こまめな水分補給です。目安としては、1回につき150~200mlずつの水分を8回に分けて摂取するとよいでしょう。特に、のどの渇きを感じにくい高齢者や、言葉で伝えるのが難しい乳幼児には注意が必要です。のどの渇きを訴えていなくても、周囲の人が定期的な水分補給を促すことを忘れないでください。

4-2.涼しい服装を心がける

熱が体にこもらないよう、涼しい服装を心がけましょう。通気性のよい素材で、吸水性・速乾性にすぐれたものを選ぶことが大切です。また、太陽の熱を吸収しやすい黒色の服などは避けるようにしましょう。

4-3.体調を整える

寝不足のときや、体に必要な栄養が不足しているとき、体力が落ちているときなどは、熱中症にかかりやすくなります。普段からしっかりと休養と栄養を摂り、体調を整えておくようにしましょう。風邪が治った後は数日外出を控えるなど、体力に自信がない状態で無理をしないことが重要です。

4-4.直射日光を避ける

外出時は帽子や日傘などを使用し、直射日光をできるだけ避けるようにしましょう。長時間屋外にいるときは、定期的に日陰などに移動して休憩することを心がけてください。

4-5.普段から汗をかく習慣を身につける

普段、運動をする機会がない人や汗をかく習慣がない人ほど、熱中症を引き起こしやすくなります。暑さに体が慣れていないため、急激な温度変化についていくことができないのです。普段から軽い運動などを取り入れ、汗をかく習慣を身につけておきましょう。

5.熱中症になってしまったときの対処法

熱中症になってしまったときは、できるだけ症状を悪化させないよう、すぐ適切に対処することが大切です。

5-1.涼しい場所に移動し、体を冷やす

熱中症が疑われる場合、すぐに涼しい場所へ移動し、体を冷やしましょう。できればクーラーの効いた室内に移動するのが望ましいですが、難しい場合は風通しのよい日陰に避難してください。ベルトやネクタイなど体を締めつけているものをゆるめ、楽な状態にします。保冷剤などがあれば、両脇や太もものつけ根・首などに当て、血管を冷やしてください。

5-2.水分を補給する

意識があり、水分補給できる状態であれば、イオン飲料などを摂取しましょう。前述したように、一気に大量の水分を摂るのではなく、数回に分けて少しずつ摂取します。涼しい場所で水分補給しているうちに具合がよくなってくるようであれば、そのまま回復する可能性が高いでしょう。

5-3.医療機関へ運ぶ

意識がもうろうとしている場合や強い吐き気を訴えている場合などは、水分補給が難しいため、すぐ医療機関へ運びましょう。点滴による水分補給が必要です。また、「水分を摂ってもよくならない」「歩行が困難」などの場合も、医療機関へ搬送したほうがよいでしょう。

6.熱中症対策に関するよくある質問

「熱中症対策について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.汗をかいていないので水分補給は必要ありませんか?
A.いいえ。汗をかいていなくても皮膚や呼気から水分が失われています。必ずこまめな水分補給を心がけましょう。

Q.熱中症の初期症状はどのようなものですか?
A.めまいや立ちくらみ・筋肉痛・激しい発汗などが初期症状として挙げられます。頭痛や吐き気が現れたときは症状が進行しているため、気をつけましょう。

Q.熱中症になりやすい天候かどうかを知るためにはどうすればよいですか?
A.気象庁の「高温注意情報」や環境省の「暑さ指数」を参考にするとよいでしょう。テレビやラジオの天気予報や、気象庁ウェブサイトで知ることができます。

Q.暑さで食欲がないのですが、朝食を抜くのは危険でしょうか?
A.危険です。寝ている間に体内の水分が失われているため、朝食を抜いた状態で活動すると電解質バランスが崩れてしまいます。熱中症のリスクが高まるでしょう。

Q.冷夏でも熱中症は起こりますか?
A.はい。過去、記録的な冷夏だった年にも、たくさんの熱中症患者が搬送されたことが報告されています。冷夏ということで予防意識が低かったことも原因の一つでしょう。

まとめ

熱中症を引き起こす原因や予防するための対策・熱中症になってしまったときの対処法などをまとめてご紹介しました。熱中症は誰にでも起こり得るものですが、普段から気をつけていれば予防することも可能です。健康な夏を過ごすことができるよう、ぜひこの記事を参考にしてください。