かかとが痛い原因や対処方法

かかとが痛いという方必見!痛みが出る原因や対処方法を紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

かかとは。普段あまり意識されることはありませんが、痛みを感じるようになると立ち振る舞いが途端に不自由になる場所です。かかとに痛みが出る原因は様々ですが、早急に治療を始めないと症状が重くなり、歩行が困難になったり安静にしていても痛みが出るようになることもあります。

そこで、今回はかかとに痛みが出る原因や治療方法についてご紹介しましょう。

かかとが痛い原因が分かれば、痛みが現れてもすぐに対処できます。かかとの痛みに悩まされている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. かかとについての基礎知識

はじめに、かかとの役割や構造、痛みを感じる原因などかかとについての基礎知識をご紹介します。かかとにはどのような役割があるのでしょうか?

1-1.かかとの構造と役割

かかとは、踵骨(しゅうこつ)という大きな骨を中心とした足の最後部にある場所です。足裏にかかる体重や衝撃の約70%を受け止めているので、骨やそれを覆っている筋肉・皮膚は大変丈夫にできています。また、立ったり歩いたりしているだけで大きな負担がかかるため、激しい運動をしている方や長時間立ち仕事をしている方、体重が重い方はかかとに痛みを感じやすいのです。

1-2.歩き方や靴がかかとの痛みを引き起こす?

現在では、道路のほとんどが硬いアスファルトで舗装されています。硬いアスファルトの上を底の薄い靴で長時間歩いたり走ったりすれば、かかとに大きな負担がかかり、痛みが出ることも珍しくありません。健康のためにウォーキングやジョギングをする方はたくさんいますが、底の薄いシューズで行っているとかえって健康を損ねることになります。

また、間違った歩き方もかかとに痛みを引き起こす原因の一つです。理想的な歩き方は、かかとから地面に着地をして足指の付け根に体重を移動させ、足指で地面をけって次の一歩を踏み出します。しかし、足指が90度以上反ってしまう浮き足になると歩く際、地面に足指がつきません。すると、体重は足指の付け根とかかとにかかり、かかとに痛みが出やすくなります。この他、外反母趾や偏平足でも正しい歩き方ができずにかかとへ負担がかかり、痛みが出ることもあるでしょう。

1-3.高齢になるとかかとに痛みが出やすくなる理由

高齢になると、普段運動をしている方でも筋肉が落ちていきます。また、膝や腰に痛みが出ることも多くなり、痛みが出ないように歩こうとするとかかとに余計な負担がかかることもあるのです。そのため、かかとに痛みが出やすくなります。また、女性の場合は外反母趾の重症化や骨粗しょう症でかかとに痛みが出る場合もあるでしょう。女性の場合は閉経によって女性ホルモンであるエストロゲンが減少します。エストロゲンが減少すると骨密度が低くなり、より骨粗しょう症が発生しやすくなるのです。