温湿布と冷湿布の使い方を知りたい!違いと使い分け方3つのポイント

温湿布と冷湿布の使い方を知りたい!違いと使い分け方3つのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

肩コリや腰痛などのとき、痛みやコリを和らげてくれる湿布は便利ですよね。けれども、湿布には温湿布と冷湿布があるので買うときに「どちらがいいの?」と迷ってしまいます。

そこで、温湿布と冷湿布の違いや使い分け方をご紹介しましょう!

01. 温湿布と冷湿布の違い

腰が痛い、肩コリがつらい、足をひねったなどのときに手軽に使えるのが湿布です。湿布は病院でも処方してもらえますが、ドラッグストアなどでも買えるので常備しているご家庭も多いでしょう。

湿布には、温湿布(温感湿布)と冷湿布(冷感湿布)あります。なんとなく気分で選ぶという人もいると思いますが、温湿布と冷湿布はどのような違いがあるのでしょうか。

1-1.温湿布(温感湿布)とは

温湿布とは、読んで字のごとく貼ると温かさを感じる湿布のことを言います。皮膚温度を上げる効果を持つトウガラシエキスが配合されており、貼るとポカポカと温かくなるのです。痛みや張り・疲れを感じる肩や腰などに貼ると、皮膚温度が上がって血管が拡張します。これによって、血流がアップして痛みが抑えられ、心地よさを感じることができまるのです。

1-2.冷湿布(冷感湿布)とは

冷湿布とは、温かさを感じる温湿布とは逆に、皮膚に貼った瞬間にヒヤッと冷たさを感じる湿布のことです。冷湿布には、I-メントールという冷感成分が配合されています。この冷感成分が、細胞の活動を抑えて腫れや痛みを和らげるのです。ただし、貼った後ずっと冷却作用が続くわけではないため、数時間おきに張りかえる必要があります。

1-3.ハップ剤とプラスター剤の違い

湿布はハップ剤とプラスター剤に分かれています。

ハップ剤

水分を多く含む柔らかい白い湿布で、温湿布と冷湿布の両方があります。水分が蒸発しながら患部の熱を取る作用があるのです。そのために、冷湿布は急激な腫れや痛みに適しているでしょう。粘着力は弱いので、貼る場所によってはテープや包帯などで止めて使うこともあります。

プラスター剤

水分をほとんど含まない肌色の湿布です。粘着力が強く、薄いのでいろいろな部分に使えるのが特徴でしょう。

インドメタシンやフェルビナクルなど、鎮痛効果のある成分が配合されているので、慢性的な痛みに適しています。