温湿布と冷湿布の使い方を知りたい!違いと使い分け方3つのポイント

温湿布と冷湿布の使い方を知りたい!違いと使い分け方3つのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

肩コリや腰痛などのとき、痛みやコリを和らげてくれる湿布は便利ですよね。けれども、湿布には温湿布と冷湿布があるので買うときに「どちらがいいの?」と迷ってしまいます。

そこで、温湿布と冷湿布の違いや使い分け方をご紹介しましょう!

温湿布と冷湿布の違い

腰が痛い、肩コリがつらい、足をひねったなどのときに手軽に使えるのが湿布です。湿布は病院でも処方してもらえますが、ドラッグストアなどでも買えるので常備しているご家庭も多いでしょう。

湿布には、温湿布(温感湿布)と冷湿布(冷感湿布)あります。なんとなく気分で選ぶという人もいると思いますが、温湿布と冷湿布はどのような違いがあるのでしょうか。

1-1.温湿布(温感湿布)とは

温湿布とは、読んで字のごとく貼ると温かさを感じる湿布のことを言います。皮膚温度を上げる効果を持つトウガラシエキスが配合されており、貼るとポカポカと温かくなるのです。痛みや張り・疲れを感じる肩や腰などに貼ると、皮膚温度が上がって血管が拡張します。これによって、血流がアップして痛みが抑えられ、心地よさを感じることができまるのです。

1-2.冷湿布(冷感湿布)とは

冷湿布とは、温かさを感じる温湿布とは逆に、皮膚に貼った瞬間にヒヤッと冷たさを感じる湿布のことです。冷湿布には、I-メントールという冷感成分が配合されています。この冷感成分が、細胞の活動を抑えて腫れや痛みを和らげるのです。ただし、貼った後ずっと冷却作用が続くわけではないため、数時間おきに張りかえる必要があります。

1-3.ハップ剤とプラスター剤の違い

湿布はハップ剤とプラスター剤に分かれています。

ハップ剤

水分を多く含む柔らかい白い湿布で、温湿布と冷湿布の両方があります。水分が蒸発しながら患部の熱を取る作用があるのです。そのために、冷湿布は急激な腫れや痛みに適しているでしょう。粘着力は弱いので、貼る場所によってはテープや包帯などで止めて使うこともあります。

プラスター剤

水分をほとんど含まない肌色の湿布です。粘着力が強く、薄いのでいろいろな部分に使えるのが特徴でしょう。

インドメタシンやフェルビナクルなど、鎮痛効果のある成分が配合されているので、慢性的な痛みに適しています。

温湿布と冷湿布の使い分け方

患部がポカポカと暖かくなり痛みやコリが和らぐ温湿布と、ヒンヤリすることで痛みを緩和する冷湿布は、どのように使い分けたらいいのでしょうか。

実は、痛みを脳に伝える神経よりも、「温かくて気持ちよい」「ヒンヤリして心地よい」という感覚を伝える神経のほうが太くできています。そのために、湿布を貼ることで痛みが抑制され緩和されたように感じるのです。もちろん、消炎・鎮痛成分による効果もあります。

基本的には、温湿布も冷湿布も「心地よさで痛みが和らいだという感覚を与える」という効果は同じなのです。ただし、患部の状態によっては使い分けたほうがいい場合もあります。

2-1.温湿布のほうが適している場合

患部を温める効果があるので、血行不良や冷えが原因で痛みやコリを感じる場合に適しているでしょう。デスクワークや家事などで、慢性的に肩コリ・神経痛・腰痛などに毎日悩まされている場合には温湿布がぴったりです。

お風呂のとき、湯船に入って身体が温まると首や肩、腰の痛みが和らぐ人には温湿布がおすすめ。ただし、毎日温湿布を使用しているのに症状が悪化する、痛みが和らがないなどの場合は、ほかの病気の可能性も考えられます。一度、病院で受診したほうがよいでしょう。

2-2.冷湿布のほうが適している場合

貼ったときにヒンヤリと感じるメントールやカンフル、ハッカ油などが配合されている冷湿布は、急性の痛みのときに適しています。

急なぎっくり腰やねんざなど、痛みとともに患部に腫れがあるときは、皮膚を冷やす効果のある冷湿布のほうが効果があるのです。急性の痛みのときには、お風呂で身体を温めるのは避け、冷湿布を貼って安静にしてください。

ただし、毎日冷湿布を使用しているのに少しも痛みやハレが収まらない場合には、病院で受診しましょう。

湿布を使用するときの注意点

温湿布も冷湿布も、基本的には痛みや腫れ、コリなどの症状が急性か慢性かで使い分けます。成分は、どちらも大きな違いはありません。ただし、温湿布も冷湿布も使用するときには注意が必要です。

3-1.長時間使用しない

湿布の効果を長く保ちたいからといって長時間貼ったままでいるのは避けましょう。湿布の副作用で一番多いのが、皮膚のカブレです。温湿布でも冷湿布でも、どちらも製品の使用上の注意に書かれている注意事項を読み、決められた時間以上使用しないでください。

3-2.温湿布をはがした直後の入浴は避ける

温湿布の場合、トウガラシエキスが配合されているために肌に刺激があります。そのために、敏感肌の人はヒリヒリしたり強く熱を感じたりすることもあるでしょう。肌が丈夫な人でも、温湿布をはがした後にお湯に入ると肌に強い刺激を受けます。入浴するときには、必ず1時間以上前に温湿布をはがすようにしましょう。

3-3.皮膚にトラブルがある場合は湿布は使わない

転んでねんざをしたときや、腫れがあるときには冷湿布が効果があります。ただし、すり傷などがあるときには湿布は使わないでください。傷と同時に痛みやハレがあるときには、病院で受診したほうがよいでしょう。

3-4.肌が敏感な部分には用いない

は皮膚が薄くデリケートで、特に目や口の周りは敏感です。そのために、顔には湿布は貼らないようにしてください。打撲や歯の痛みなどで冷湿布をしたい場合は、氷のうや冷水でぬらしたタオルをあてがって冷やしましょう。痛みが引かない場合は、病院で受診してください。

3-5.妊娠・授乳中の人

妊娠中は、24時間大きなおなかを支えるため、足腰や背中などに大きな負担がかかります。腰痛や肩コリ、足の疲れなどに悩まされる人も多いでしょう。湿布を貼ったほうが楽になるのですが、妊娠中はホルモンバランスが変化して肌が敏感になり、湿布にかぶれやすくなることもあります。自己判断で市販の湿布を貼るのではなく、産科の医師に相談してください。

授乳中の人も同様に、ホルモンバランスの乱れや出産による体力の低下で湿布にかぶれやすくなることが少なくありません。使用する前に、産科の医師や調剤薬局の薬剤師に相談してみましょう。

3-6.正しく保存

温湿布も冷湿布も、正しい保存方法を知っておくことが大切です。湿布は、ファスナー付きの袋の中に入っています。1枚取り出した後は、端から端まできちんとファスナーを閉じてください。

また、冷湿布の場合、冷やしておくと貼ったときに冷たくて気持ちいいので、冷蔵庫で保管している人もいます。しかし、薬品の成分が変化してしまうこともあるのです。冷湿布も温湿布も、直射日光などが当たらない涼しい場所で保管するようにしてください。

まとめ

いかがでしたか? 身体に痛みやコリ、ハレなどがあるときに手軽に使えて気持ちがいいのが湿布でしょう。けれども、温湿布がいいのか、冷湿布がいいのか迷ってしまうことも多いですよね。ここでは、冷湿布と温湿布の情報をまとめてみました。

  1. 温湿布と冷湿布の違い
  2. 温湿布と冷湿布の使い分け方
  3. 湿布を使用するときの注意点

上記の内容を参考に、湿布は正しく使ってくださいね。また、毎日湿布を使用しているのに、痛みやコリなどがまったく改善されないという場合には、医療機関や専門の施術機関などの受診をするほうがよいでしょう。