ファンデーションの選び方

ファンデーションの選び方は? 自分に合った化粧品を選ぶコツ

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

お化粧をする時には欠かせないファンデーション。しかし、種類が多すぎてどれを選んでよいか分からない、と悩んでいる方も多いでしょう。また、年齢を重ねるにつれて、今まで使っていたファンデーションが合わなくなることもあります。肌質や肌の色・年齢などに合っていないファンデーションを使っていると、肌荒れや乾燥肌などの原因にもなるのです。

そこで今回は、自分に合ったファンデーションを選ぶコツや、年代別におすすめファンデーションの種類などをご紹介しましょう。

ファンデーションの選び方を知っていれば、似合わないメイクをしたり肌荒れに悩んだりすることもなくなります。自分に合ったファンデーションの選び方を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. ファンデーションの基礎知識

はじめに、ファンデーションを使用する目的やファンデーションの種類をご紹介します。ファンデーションは種類によってどう違うのでしょうか?

1-1.ファンデーションを使用する目的

ファンデーションは、肌の色をより明るく見せたりシミやしわを目立たなくしたりするために使う化粧品です。顔全体に塗るため、ファンデーションが肌色や肌質に合っていないと、違和感を与えることになります。

1-2.肌に合ったファンデーションを使う重要性

ファンデーションは種類によって配合されている成分が違います。保湿成分を多く含んだものもあれば、長時間化粧崩れがしにくい商品・自然な仕上がりに見える商品もなど種類が豊富です。ですから、肌に合ったファンデーションを使わないと、乾燥肌になったり脂分が毛穴に詰まって大人ニキビの原因になったりします。

また、色味が合っていないと顔だけが浮いて見える白浮きが起こることもあるのです。肌質は年齢によっても変化しますので、使っているファンデーションを定期的に見直す必要もあります。

1-3.ファンデーションの種類とは

1-3-1.パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、顔料の粒子を圧縮して油性の成分や界面活性剤で固形にしたファンデーションです。少し力を入れれば粉状になり、パフやブラシで顔につけます。、仕上げのフェイスパウダーなども必要ありません。厚塗りになりにくく、自然な感じで仕上がるので、お化粧を始めたばかりの方でも扱いやすいのが特徴です。

その反面、シミやしわ・ほくろをカバーする力はあまりありません。また、肌の上で均等にパフをはたかないとむらができてしまいます。

1-3-2.リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、液体タイプのファンデーションです。油性の成分が主成分となるため、パウダータイプのファンデーションに比べると、伸びが良くてカバー力が高く、肌になじみやすいといった特徴を備えています。シミやシワ・ニキビ跡なども隠せるので、陶器のような滑らかな肌に見せたいという方におすすめです。

その一方で、塗り方を間違えると厚化粧に見えやすくなります。また、肌にしっかりつく分クレンジングを正しく行わないと肌荒れを引き起こすこともあり、注意が必要です。

1-3-3.クリームファンデーション

クリームファンデーションは、リキッドファンデーションよりもさらに油性成分が多く、保湿成分や美容成分も配合されているファンデーションです。カバー力が高いうえに保湿効果もあるファンデーションですが、肌質が合わないと乾燥肌を引き起こすこともあります。

1-3-4.ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションは、マイカ・酸化チタン・酸化亜鉛などのミネラル成分でできているファンデーションのことです。敏感肌の方にも使えるファンデーションで、クレンジングを使わずに落とすことができます。

製品によって成分が異なるので、自分の肌に合ったものを使うことが大切です。また、油性の成分などが入っていない分、化粧崩れしやすいというデメリットもあります。

1-3-5.ルースファンデーション

ルースファンデーションとは、パウダーファンデーションが圧縮されて固められていない状態のファンデーションです。粉状のままですからパウダーファンデーションよりもさらに軽いつけ心地になっており、肌のつやや質感を生かしたメイクができます。フェイスパウダーに近い使い方ができるものです。