肩こりに悩まないの枕の選び方

自分に合った枕を! 肩こりに悩まない3つの枕の選び方

快適な睡眠は、あなたの心身の疲れを癒してくれます。
快適な睡眠時間を得るためには、自分に合った枕を選ぶことが大切なのです。
自分に合わない枕を選んでしまうと、肩こりや睡眠不足などの原因になってしまいます。
肩こりなどの不快な症状に悩まないように、枕の選び方を紹介したいと思います。

枕の高さ

肩こりにならないための枕の選び方とは、枕の高さにポイントがあります。
高すぎる枕、低すぎる枕というのは、肩こりの原因となって、快適な睡眠をとることができなくなってしまうのです。
適切な枕の高さというのは「自分が気持ちよく眠ることができる」と感じられる高さのことです。
とはいえ、枕をひとつずつ試していって、快適な高さを見つけるのは大変なので、ある程度の目安があります。
男性は4センチ、女性は3センチ程度の枕が、肩こりにならず、快適な睡眠をとることができる枕の高さであると言われています。

寝返りのしやすさ

睡眠中に肩こりにならないためには、寝返りがしやすいことも重要なポイントになります。
寝返りがしやすい枕の選び方は、ある程度の反発力があり、寝返りをうっても枕から落ちないくらいの幅があることが大切です。
ある程度の反発力があれば、少ない力で寝返りをうつことができるので、必要以上に身体に力が入ることはありません。
また、寝返りを打って枕から落ちてしまうと肩や首に負担がかかってしまうので、ある程度の横幅もひつようなのです。

首元を支える枕であること

首元が支えられていない枕だと肩こりが悪化してしまうこともあるので、首元を支える枕であることも、枕の選び方では重要なポイントになります。
首もとの支えがないと、首筋の筋肉のみで首を支えることになるので、必要以上の力が入ってしまい、結果的に肩こりになってしまうのです。
なので、枕は頭だけを支えるのではなく、首元も支えてくれるものを選ぶようにしましょう。

まとめ

  1. 高すぎず、低すぎない枕を選ぶ
  2. 低反発で幅のある枕を選ぶ
  3. 首を支えてくれる枕を選ぶ

枕の選び方によって、肩こりになってしまうか、快適な睡眠を得ることができるかが決まってきます。
肩こりは不快なものですから、枕の選び方はとても重要なのです。
心身の疲れを癒すためにも、快適な睡眠のためにも、肩こりにならない枕の選び方を知っておきましょう。