なで肩の原因と治し方

なで肩の原因と治し方とは? この方法を試してみて!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「なで肩」とは、肩幅が狭く肩のラインが下に向けて下がっている肩を指します。女性らしいたおやかな印象を与えるので、あこがれている方もいるでしょう。しかし、なで肩の人は悩みも多いのです。でも、「生まれつきの体型だから」とあきらめている人も多いでしょう。しかし、姿勢や生活習慣でなで肩になった人もいるのです。

そこで、今回はなで肩の原因や治し方をご紹介します。なで肩で悩んでいる人や、なで肩が原因で体に不調が起きている方は必見ですよ。

01. なで肩のデメリットとは?

人の肩の形はさまざまです。なで肩のほかには、肩幅が広くガッチリとした印象を与えるいかり肩があります。特に、女性の場合はきゃしゃでたおやかな印象を与えるなで肩の方がよいという人も多いでしょう。しかし、なで肩ゆえの悩みも多いのです。この項では、なで肩のデメリットをご紹介しましょう。

1-1.肩ひもが落ちる

肩にかけるタイプのバッグは多いです。また、キャミソールやタンクトップなど「肩で着る」服もたくさんあります。なで肩の人は、肩が下に向きになっているのです。ですから、肩にひもをかけても落ちやすいでしょう。「何度直してもひもを調節しても、肩ひもが落ちる」と悩んでいる人は多いです。女性の場合はブラジャーのひもがしょっちゅう落ちる人もいるでしょう。肩にかけるタイプのバッグが使えなければ、バッグの選択肢も狭まります。

また、肩ひもがずり落ちていれば、だらしない印象を与えるでしょう。さらに、男性のスーツは肩幅があるていどないと、貧相な印象を見る人に与えてしまいます。ですから、男性でなで肩に人は、スーツが似合わないと悩んでいる方も多いのです。

1-2.肩こりになりやすい

いかり肩の人の方が、肩こりになりやすいイメージがあります。しかし、なで肩の人が肩こりになりにくいわけではありません。特に、大きなバッグを使っている人はどうしても肩にかけたくなります。落とすまいと力を入れると肩に余計な負担がかかり、肩こりになりやすくなるのです。

1-3.弱々しく見える

女性の場合は「たおやかに見える」とプラスの印象を与えることの多いなで肩ですが、男性の場合は「弱々しく見える」「女っぽく見られる」とマイナスのイメージを与えることが多いです。

実際に、なで肩を改善したいと筋トレに励む男性もたくさんいます。さらに、なで肩に猫背がプラスされると「自信がなさそう」「貧相」といったイメージも持たれやすいのです。