筋肉痛を即効でやわらげる治し方

筋肉痛を即効でやわらげる治し方とは?未然に筋肉痛を防ぐポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

久しぶりに運動をしたとき、必ずやってくるのが「筋肉痛」です。体を動かすたびに痛みが走り、歩くだけでも大変に感じてしまいますよね。筋肉痛になったとき、改善方法はあるのでしょうか。

そこで、筋肉痛を即効で治す方法や治し方のポイント、筋肉痛を防ぐコツについて説明します。また、素早く治すためにも筋肉痛になる原因を把握しておきましょう。

筋肉痛を即効で
治す方法

即効で筋肉痛を治す方法を知る前に、筋肉痛が起きるメカニズムを知る必要があります。メカニズムはもちろん、原因について把握しておきましょう。

1‐1.筋肉痛の原因とメカニズム

筋肉痛の原因はほとんどが「炎症」です。筋肉を構成している組織が傷つき炎症することで痛みが起こります。また、筋肉痛は炎症とともに疲労物質の蓄積から起こる可能性も高いです。
筋肉や関節を動かすと疲労物質がたまります。疲労物質は主に「乳酸」です。乳酸は酸性の物質で、筋肉にたまる量が増えるほど固くなってしまいます。体が張ったような感じになるのです。

基本的に、乳酸はミトコンドリアと言う物質によって酸化します。しかし、量が多いと酸化が間に合わなくなり「筋肉痛」になってしまうのです。

以上のような筋肉痛の原因とメカニズムを把握してくださいね。

1‐2.最も主流な治し方は「アイシング」

筋肉痛が起きたとき、痛みが筋肉全体に走るでしょう。激しい痛みが起きた場合はすぐ「アイシング」してください。アイシングとは冷やすことです。

アスリートたちは運動をした後、必ずアイシングをしています。運動後のストレッチは“クールダウン”とも言うでしょう。クールダウンは使った筋肉をほぐし、冷やすための行為です。冷やすことで炎症が起きている部分の痛みを抑えることができます。アイシングをすることで血液の流れも抑制できるため、炎症を未然に防ぐ効果もあるのです。

1‐3.筋肉をほぐして柔らかくする

筋肉痛は起きた瞬間にすぐ対処することで、後の痛みにも大きな影響をおよぼします。すぐ対処したほうが痛みを抑えることができるのです。アイシングはもちろん、筋肉が固まっている場合は柔らかくするようほぐしていきましょう。固くなっている筋肉は疲労物質がたまっている証拠です。たまっている状態のままにしておけば、後で痛みになってしまいます。疲労物質を流すためにも、ストレッチやマッサージでゆっくりほぐしてください。疲労物質と同時に、老廃物や毒素も流れるようになります。

また、筋肉痛がひどくない場合は、ぬるま湯につかって筋肉を柔らかくすると良いでしょう。ぬるま湯につかりながら、ゆっくり固くなっている部分をマッサージしてください。血流を促すことでより筋肉がほぐしやすくなります。しかし、強いマッサージはNGですよ。できるだけやさしくほぐしていきましょう。

筋肉痛の治し方と
そのポイント

2‐1.整体院でマッサージを受ける

筋肉痛で悩まないため、整体院にかよう方法も1つのポイントです。整体院では人の状態に合わせて手技でアプローチしてくれます。薬を使うこともないため、安心して受けることができるでしょう。痛みが起こっている場所を整体師に教えてくださいね。痛みが起きている部分や痛みの具合など、できるだけ細かく伝えることが大切です。

整体師は人の状態を細かく把握して、より効果的な手技で痛みをやわらげてくれます。しかし、手技を受けているとき、痛みがひどくなった場合はすぐにやめてくださいね。人によって合う合わないがあるため、自分に合ったところを選びましょう。

2‐2.日々の生活習慣を正しくする

筋肉痛は日々の生活と密接な関係を持っています。あなたの生活は規則正しいでしょうか。十分な睡眠、栄養バランスが整った食生活、適度な運動の3点セットが大切です。生活習慣が悪い人ほど筋肉痛になりやすい傾向があります。

たとえば、睡眠は疲労回復に役立つものです。しっかり睡眠を確保しなければ筋肉が修復しません。基本的に、運動をした後およそ8時間の睡眠をとると筋肉痛の治りが早くなります。
また、栄養補給も大切です。運動によって消費した糖分、筋肉をつくる「たんぱく質」を食事で摂取してください。筋肉痛の原因となる乳酸の生成を抑えてくれる「クエン酸」も効果的です。

スポーツ選手は特に、食生活に気を使っています。3つの中でも食事はとても大切なポイントになるでしょう。

筋肉痛を
防ぐコツ

3‐1.筋トレ・ストレッチを毎日続ける

筋肉痛は日頃の生活で防ぐことができます。運動後、毎回筋肉痛になるとつらいですよね。自分でできる筋肉痛を防ぐコツは、毎日「筋トレ」と「ストレッチ」を続ける方法になります。
筋トレやストレッチは筋肉と筋、関節の動きを活性化するため効果的です。

なぜ、自分は筋肉痛になるのか思い出してみてください。ほとんどの人が“久しぶりに運動をしたから”“激しい運動をしたから”が理由になるでしょう。普段、筋肉・関節を動かしていない人ほど筋肉痛になりやすいのです。よって、できるだけ毎日少しずつ動かしていきましょう。毎日続けるほど、筋肉や関節の可動域が広がります。

運動をしていない人は動かしにくいですが、毎日続けると次第に柔らかくなるでしょう。ケガ防止にもなるため、ぜひ続けてみてください。

3‐2.ウォームアップとクールダウン

筋肉痛の予防法は“ウォームアップ”と“クールダウン”です。あなたは運動をする前、しっかりとウォームアップをしていますか?ウォームアップは準備体操のことです。運動前にきちんと体を動かしていなければ、ケガをする恐れもあります。ウォームアップは筋肉を温める目的なので、とても大切な運動です。

そして、運動後もしっかり“クールダウン”をしましょう。クールダウンは使った筋肉・関節を冷ましてくれます。クールダウンとしては軽めのジョギング・ウォーキングがおすすめです。ストレッチも効果的でしょう。しっかりとクールダウンをしなければ、後で筋肉痛になってしまいます。

筋肉痛を防ぐためにも、以上のウォームアップ・クールダウンは必ずしてくださいね。

筋肉痛の悩み
まとめ

筋肉痛を即効で治す方法や治し方のポイント、筋肉痛を防ぐコツについて説明しましたが、いかがでしたか? 筋肉痛で悩んでいる人は、発生するメカニズムと原因を知らなければなりません。原因を把握してから防ぐポイントや早く治すコツを押さえましょう。

  • 筋肉痛の原因は「炎症」と「乳酸」
  • 最も主流な治し方は「アイシング」
  • 筋肉をほぐして柔らかくする
  • 整体院でマッサージを受ける
  • 日々の生活習慣を正しくする
  • 筋トレやストレッチを毎日続ける
  • ウォームアップとクールダウンをしっかりする

以上のポイントは要チェックです。自分でできる筋肉痛の治し方と同時に、整体院でのマッサージを受けてください。整体院では人の状態に合わせて手技で痛みをやわらげてくれます。定期的に通いながら治すのも1つの方法です。