頑固な肩こり対策方法

肩こりは原因にあわせて対策を行なう!~頑固な肩こり対策方法とは?~

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

非常に多くの人が“肩こり”の症状に悩んでいますが、肩こりは原因によって異なった対策を行なう必要です。「肩こりが治らない」「いくら対策をしても改善しない」というのは肩こりの原因とは異なった対策を行なっているという可能性があります。肩こりは、原因を見極めた上で“適切な対策”や“適切な肩こり対策グッズ”を行なうことで劇的に改善することが可能です。悩ましい肩こりの原因と対策方法について詳しく紹介しましょう。

01. 肩こりの原因とは?

眼精疲労と肩こりの意外な関係

肩こりの原因として、眼精疲労があげられます。パソコンやスマホなど現代生活は目を酷使することが多く、眼精疲労は肩こりの大きな原因です。眼精疲労による肩こりは、肩こりの症状に加えて“頭痛”や“めまい”などのなどの症状を引き起こすという特徴があります。目を酷使するという原因に加えて“度の合わない眼鏡やコンタクトの使用”なども眼精疲労による肩こりの原因です。

眼精疲労を原因とした肩こりの対処法は、パソコンやスマホなどを長時間使用するという場合には、定期的に休息をということが効果的。”遠くを見る”ということで眼精疲労の原因となる外眼筋の緊張が緩和するので、休憩の際には遠くのものを見るということを意識しましょう。

肩こりはストレスのシグナル!

過度なストレスが肩こりの原因となるケースあります。肩こりとストレスは関連性が薄いように感じてしまいますが、“ストレスによる自律神経の乱れ”が肩こりを引き起こすということが医学的にも証明されているのです。ストレスによる肩こりの特徴は“頭痛”“めまい”に加えて、“動悸”などの症状が現れるという特徴があります。

ストレスは、自律神経に対して様々な症状を引き起こすということから、肩こり意外にも様々な症状を伴うというのがストレス性肩こりの特徴です。ストレス性肩こりは、原因となるストレスを解消するということで改善することができます。

筋力不足が肩こりの原因?

肩こりというのは、“様々な体の歪み”を原因としており、運動不足や老化による筋力低下が肩こりの原因となるケースは意外にも多くあります。筋力低下による体の歪みが骨格や肩などに影響を及ぼすことを原因とする肩こりは、“体の歪みを整える”ということで改善することが可能です。

体の歪みを整えるには、“簡単な運動”や“ストレッチ”、“各種矯正マッサージ”が有効となります。筋力不足の場合、急な運動は危険なので体に負担の無い運動から始めるようにしましょう。