肩こり対策

肩こり対策はひとつだけじゃダメ? あらゆる原因を解消する方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

肩こりの対策に悩んでいる人は、肩こりが起こる原因はひとつだけではないことを知っておきましょう。さまざまな要因が絡み合って、しつこい肩こりが引き起こされている場合がほとんどです。ですから、肩こりから解放されたければ、その原因全てにアプローチしていく必要があります。そのためには、肩こりが起こるメカニズムを理解しておかなければなりません。

ここでは、肩こりの原因を解説したうえで、効果的な対策方法の数々をご紹介します。

01. 肩こりを引き起こす
3つの大きな原因

目の疲れやストレスなど、肩こりの原因となるものは多々あります。しかし、それらの多くは次の3つに深く関わっているといってもよいでしょう。

筋肉疲労

人間の体というのは、首や腰に負担がかかりやすい構造をしています。これは二足歩行を可能とするためで、特に首や肩周辺の筋肉が常に緊張しやすい状態なのです。ここにあるたくさんの筋肉が頭や腕を支えているため、立っているだけでその筋肉に負担がかかってしまいます。すると必然的に筋肉に疲れが溜まって硬くなり、周囲の血管が圧迫されて血行不良が起こったり、神経が傷ついたりしてしまうのです。

血行不良

首や肩の血流が滞ると、筋肉の硬直が起こります。血液は、体内を流れながら酸素や栄養を体の隅々まで運び、それと同時に不要となった老廃物を排出するという働きも担っています。ですから、血流がスムーズに流れなくなると、老廃物が蓄積されてしまうのです。

乳酸

体にたまった老廃物のなかでもとくに問題なのが、「乳酸」です。乳酸は別名「疲労物質」とも呼ばれており、乳酸が多くなると細胞の働きが弱まり、筋肉の伸縮する力が低下してしまいます。つまり、筋肉が硬直して肩こりがひどくなるというわけです。乳酸は通常であれば血液の働きによって排出されるのですが、先ほどお伝えしたように血行不良により蓄積されてしまいます。