予防効果を高める正しいうがいのやり方

間違うと効果なし? 予防効果を高める正しいうがいのやり方教えます!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

昔から風邪やウィルスの感染予防に効果があるとして慣れ親しんできたうがい。手荒いとセットで習慣化しているご家庭も多いのではないでしょうか? 意外なことに、うがいは日本だけの習慣です。もちろん、海外でも口をゆすぐ行為はあります。しかし、風邪予防でうがい習慣化しているのは、日本独自のものなのです。となると、うがいには期待するほどの効果がないのでしょうか? いいえ、そうではありません。特に口呼吸をしている方には、うがいが効果的です。

この記事では、うがいの効果について詳しく解説していきます。口呼吸は万病の元です! 正しいうがいのやり方を身につけ、口呼吸が招くデメリットを改善していきましょう!

この記事を読むことで、うがいの正しい方法を知ることができます。「朝起きると喉が痛む」「寒くなると風邪を引きやすい」という方は、特にしっかりと目をとおしてください。

01. うがいの
基礎知識

まずは知ってるようで知らない、うがいの基礎知識から勉強していきましょう。

1-1.うがいとは?

うがいとは、水や薬液などで口をゆすぐことです。最近では緑茶や紅茶でうがいをすると効果があるとも言われていますよね。うがいは古くから私たちの文化として定着しているものです。そんなうがいの歴史は非常に古く、平安時代から行われてきたとされています。

1-1-1.うがいの語源は「鵜飼い」から

うがいは、鵜(う)を使って魚を捕る「鵜飼い」が語源です。鵜(う)が魚を飲み込み、吐き出すさまが似ていることから「うがい」と呼ばれるようになりました。海外では、人前で口に含んだものを吐き出す行為は”はしたない”とされていて、うがいのような習慣はありません。うがいはあくまでも一人で洗面所にいるときに行うものとされているのです。日本では小学校で風邪予防のうがいを徹底していることも多く、身近な習慣になっています。

1-2.うがいの種類

うがいの種類は3つあります。それぞれの特徴や目的などをチェックして見ましょう。

1-2-1.口うがい

口うがいとは、口に水や薬液を含みブクブクとした後、吐き出すものです。ブクブクうがいとも呼ばれています。口うがいの目的は、口の中の食べかすや細菌を洗い流すことです。歯磨きのときにも行います。

1-2-2.喉うがい

喉うがいとは水を含んで上を向き、口を開けて息を吐きながら行うものです。ガラガラうがいとも呼ばれています。喉の細菌を洗い流す効果があるとされ、塩水を使って行うことも多いです。

1-2-3.鼻うがい

鼻うがいは、その名のとおり鼻から水を入れ鼻腔(びくう)内を洗うことです。鼻洗浄とも呼ばれ、鼻の掃除ができます。鼻うがいに使う水は刺激の少ない生理食塩水(塩水)がオススメです。生理食塩水は体液や血液を同調の浸透圧を持ち、鼻うがいや喉うがいに向いています。蓄膿症やアレルギー性鼻炎の症状緩和に効果的です。

1-3.今話題のうがいについて

最近ちまたでは、身近なものを使ったうがいが話題を呼んでいます。

1-3-1.重曹うがい

料理や掃除に大活躍の重曹。重曹を使ったうがい、その名も「重曹うがい」が今話題になっています。重曹うがいで得られる効果を見てみましょう。

  • 口臭予防
  • 歯が白くなる
  • 虫歯予防

重曹の正式名は「炭酸水素ナトリウム」です。油汚れに効果的でお肉をやわらかくする効果もあります。研磨力が強いため、歯を白くする効果があるのです。また、弱アルカリ性の重曹で口をゆすぐことで口臭を予防できます。うがいに使う重曹は食用を使ってください。重曹を溶かした水(水100mlに対し重曹小さじ半)で食後や歯磨き後口をゆすぎましょう。歯の黄ばみが取れ虫歯予防に効き目があります。

1-3-2.ごま油うがい

「ごま油でうがいをするなんて信じられない!」嘘みたいな話ですが、ごま油でうがいをすると以下のような効果があります。

  • たるみの解消
  • 抜け毛・白髪の改善
  • 口臭・虫歯予防
  • 歯を白くする
  • 美肌効果
  • 免疫機能の促進
  • 風邪予防

古代インドで5000年もの歴史がある”アーユルヴェーダ”という医学では、ごま油がマッサージに使われています。シミやデトックス・老化防止に効果があり、健康と美容に有効なのです。うがいに使うのはごま油は白ごま油を使ってください。白ごま油にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれておりアンチエイジング効果抜群です。うがいには白ごま油を小さめの鍋に入れ、100度まで弱火で過熱して覚ましたものを使います。低温過熱して処理することで抗酸化作用のある”セサモール”が生成されより美容と健康効果が高まるのです。密閉瓶に入れておけば1週間持ちます。うがいは、覚ましたごま油を大さじ一杯口に含み、口全体に行き渡るようにうがいしてください。舌の裏側からごま油の成分を吸収し、さまざまな効果が期待できます。吐き出すときは、紙パックなどに出しましょう。