膝痛の原因と膝の痛みを改善する方法と対策

膝痛対策は原因を知ることから! 膝の痛みを改善する方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

膝痛の原因は、スポーツなどによる膝への衝撃、事故やケガによる外傷、日常生活における膝への負担、加齢による老化、関節の異常など多岐にわたります。膝の痛みが生じる原因を正しく理解して、改善や予防に努めていきましょう。

膝の痛みが生じる原因

1-1.スポーツや事故によるケガ

多くのスポーツは、膝に負担がかかる動きをたくさんします。走ったり跳んだりはもちろんのこと、急なダッシュや方向転換など、膝を痛める動きばかりといっても過言ではありません。特に、バスケットボールやバレーボールなどジャンプを多くする競技や、下半身を酷使する陸上競技などは、膝を痛める代表的なスポーツといえるでしょう。

また、サッカーやラグビーなど接触によるケガが多いものもあります。このようなスポーツを行う人は、膝を休息させる時間を確保することが重要です。また、日常生活においても突発的な事故で膝をケガしてしまうこともあります。

1-2.膝への負担がかかる生活や加齢による老化

人間の体は、年齢を重ねるにつれて衰えてきます。骨や軟骨、筋肉も例外ではありません。膝の関節にある軟骨も、長年にわたって受けてきた衝撃や摩擦の影響により、徐々にすり減ってきます。クッションのような役目を果たしている軟骨が劣化することで、骨同士がぶつかりやすくなり、痛みを感じるのです。

それに加えて、立ち仕事や重量のある荷物を持ち運ぶような機会が多い人は日常的に膝に負担をかけている状態にあります。また、肥満や運動不足による筋力の低下も、膝への負担が高まります。

1-3.病気や体の異常

膝の痛みを発症させる病気も数多くあります。ウイルスにより炎症が引き起こされるものから、骨や軟骨に腫瘍ができるものまで原因はさまざまです。生まれつき膝に異常がみられる場合もありますし、子供が成長過程で発症するケースもあります。

膝の痛みをやわらげる方法

2-1.ストレッチ

膝痛に悩まされているときは、動かしたほうがよいとされています。痛みがあるときには動かさないようにしがちです。しかし、そうすることで膝の関節が固まりやすくなってしまうため、痛みが慢性化する恐れがあります。無理のない範囲で、ストレッチを行うとよいでしょう。ただし、膝のまわりが熱を帯びていたり、はれていたりする場合にはストレッチは行ってはいけません。

ストレッチを続けていくうちに痛みがなくなったとしても、そのまま日課として継続していくことをおすすめします。痛みが消えたとしても、傷ついた組織が元に戻っているわけではありません。膝の関節を一度傷めてしまうと再発する可能性が高いので、ストレッチを習慣づけるとよいでしょう。

2-2.テーピング

膝の痛みを軽くしたり、関節部分を安定した状態に保ったりといった効果を求めてテーピングをすることがあります。そのためには、膝の関節をしっかりと、均一に圧迫しなければなりません。ただし、適切な強さで巻かないと、血管やリンパ、神経を圧迫してしまうので注意してください。

膝痛を感じるときには、膝に違和感のあるケースが多くみられます。このようなときに、テーピングをするとよいでしょう。関節周囲の組織を調節して、ズレを改善できる可能性があります。

2-3.膝の血行改善

を温めて血行をよくすると、組織の新陳代謝が活発になるため、痛みを引き起こしている物質が排出されやすくなります。また、固まった筋肉や関節もほぐれやすくなるので、スムーズに膝を動かせるようになるでしょう。

次のような方法で、簡単に膝を温められますから実践してみてください。

入浴

ぬるめのお湯にゆったりとつかりましょう。半身浴でもかまいません。毎日続けることで、膝を含めた全身の血行を改善できます。特に、就寝前の入浴がおすすめです。お風呂につかりながら、膝まわりをやさしくマッサージしてあげてもよいでしょう。

サポーター

外気による冷えから膝を守るために、サポーターを着用してみてはいかがでしょうか。寒い冬だけでなく、冷房による冷えが心配な夏にも有効です。遠赤外線効果があるものや、カイロを入れられるタイプのものもあります。サポーターをつけていると、膝の関節を意識して正しい足の動かし方ができるともいわれています。

膝痛予防のポイント

3-1.運動

筋力が低下すると膝の痛みに大きく影響します。膝を守るためには、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)と内転筋(ないてんきん)を鍛えるとよいでしょう。お尻の筋肉も鍛える必要があります。1日数分程度でかまいませんから、このような筋肉を鍛えるトレーニングを毎日続けてみてください。

3-2.正しい歩き方

歩き方を正しくするだけでも、膝の痛みを防ぐ筋肉を鍛えられます。前に足をだしたときに、膝が伸びているかチェックしましょう。膝が曲がっていると、特定の部分に負荷が集中してしまい、膝痛を起こす原因となります。足をだすときには、後ろ足をしっかり蹴るようにして、前の足はかかとから踏み下ろします。こうすると、自然と膝をのばして歩けるようになるはずです。

3-3.食生活

膝の痛みを予防するためには、食生活の見直しも必要です。血管の老化を防ぐために、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)に気をつけてください。肉の脂身や卵の食べ過ぎに注意です。高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を予防する食生活を心がけるようにしましょう。太りすぎも膝に負担がかかりますから、高カロリーな食事も控えてください。

また、関節軟骨を構成している成分をサポートする食事はおすすめです。関節の材料となっているコンドロイチンは、納豆やサトイモ、オクラといったネバネバした食材に含まれています。さらに、関節の痛みに有効とされるグルコサミンは、コンドロイチンをつくるために必要です。これは、エビやカニの殻に含まれています。

膝痛を改善するために

4-1.様子を見る

膝に負担のかかる運動をした後など、膝痛の原因が特定できて症状も軽いようであれば、2~3日様子を見てもよいでしょう。筋肉疲労による一時的な痛みであることがほとんどです。しばらくすると痛みが落ち着いてくるでしょう。しかし、数日たっても痛みが治まらない場合には、整形外科などで診察をしてもらうことをおすすめします。

4-2.医療機関を受診する

特に思い当たることがないのに膝が傷む場合には、病気の可能性を疑わなければなりません。症状が進行してしまうと、痛みが慢性化する恐れもあります。適切な治療を受けるためにも、早めに受診しましょう。

4-3.整体を受ける

病院で治療が必要でないケースの場合には、整体の利用をおすすめします。骨格のバランスを整えて、体全体をしっかりと支えられるようにする施術を受けるとよいでしょう。また、日常生活において膝に負担がかからない動作の仕方や、気をつけるべきポイントも詳しく指導してもらえます。

まとめ

いかがでしたか? 膝痛対策をするためには次のポイントが大切です。

  • 膝の痛みをやわらげるには、「ストレッチ」「テーピング」「血行改善(入浴・サポーター)」がおすすめ
  • 膝痛を予防するために、「運動」「正しい歩き方」「食生活」に気をつける
  • 膝痛の原因が特定できない場合は、医師の診察を受ける
  • 病院での治療が不要な場合は、整体で骨格から整えるとよい

膝の痛みは放置しておくと、生活や仕事に支障をきたすこともあります。適切な対策をして、改善と予防に努めていきましょう。

1日わずか72円! 安心の国産グルコサミン!

やわたの国産グルコサミンは、立つ・歩く・座るといった普段の生活を快適にしたい方のためのサプリメントです。俳優の船越英一郎さんや歌手の木の実ナナさんなど、芸能人の愛用者も多数!

グルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸をたっぷり配合しており、加齢と共に減少するクッション成分を補うのに最適なサプリメントです。

満足度87%「やわたの国産グルコサミン」について詳しく見る