良い姿勢を身につけるポイント

姿勢を良くする方法を知りたい方へ! 良い姿勢を身につけるポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

健康な体を維持するためには、常日頃から正しい姿勢を意識することが大切です。しかし、近年、パソコンやスマートフォンが普及したことによって、姿勢の悪い人が増えています。そこで、この記事では、姿勢が体に与える影響や姿勢を良くする方法を紹介しましょう。姿勢が悪いとお悩みの方・周りから姿勢の悪さを指摘されるという方は、この記事を読んで正しい姿勢を身につけてください。

01. 姿勢が悪くなることでこんな悪影響が!

姿勢が悪くなると体にさまざまな悪影響が起こります。具体的にどのようなことがあるのか一つずつ見ていきましょう。

1-1.肩こりや腰痛になりやすくなる

多くの場合、慢性的な肩こりや腰痛は日頃の姿勢が原因です。悪い姿勢を続けていると、肩や腰に大きな負担がかかり、筋肉が常に緊張状態となります。その結果、血行不良が起こり、肩こりや腰痛の症状が現れるのです。

1-2.姿勢の乱れが集中力の低下につながる?

姿勢が乱れていると集中力を長時間キープできなくなります。これは、背中が丸くなることで肺が窮屈な状態となり、呼吸が浅くなるためです。これによって、脳に行き渡る酸素が不足し、集中力が下がります。

1-3.姿勢が悪いと太りやすくなる?

姿勢の悪さは肥満につながることもあります。これは、姿勢が悪くなることで内臓が圧迫され、内臓の働きが落ちてしまうことが主な原因です。基礎代謝が落ちるため脂肪が燃焼されにくくなり、太りやすくなります。