古傷が痛む原因や痛みを和らげる方法・古傷を治す方法

古傷が痛む原因や痛みを和らげる方法・古傷を治す方法とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

昔に負った「古傷」が痛み始めると気になりますよね。悪くなっているのでは、ほかの部位が影響を受けているのでは…と不安な気持ちが押し寄せてくるでしょう。そこで、古傷が痛む原因や古傷の痛みを和らげる方法、治す方法・注意点について説明します。今現在抱えている不安を取りのぞくためにもチェックしてください。

01. 古傷が痛む
原因とは

なぜ治っているのに古傷が痛むのでしょうか。古傷の痛みを治すためには「原因」を知る必要があります。そこで、古傷が痛む原因について詳しく説明しましょう。

1‐1.古傷が痛む原因はほとんどが「ストレス」

‟古傷がうずく”という表現はドラマや漫画でもよく見ます。実際に古傷を持っている人は再び痛み出すケースもあるのです。しかし、なぜ治っている傷なのに痛むのでしょうか? 主な原因は「ストレス」だと言われています。交感神経の活動が活性化することで古傷もうずき始めるでしょう。

気圧が低下すると頭痛を起こす人がたくさんいます。なぜなら、気圧の低下は内耳にある気圧受容器が反応しているからです。気圧受容器の反応によって交感神経が活性化、そして、血管の収縮が起こります。血管の収縮によって古傷の周辺にある感覚神経を刺激してしまうのです。

ストレスは交感神経を活性化する働きを持つため、以上のような仕組みで古傷が痛むようになります。ストレスを日々感じている人は注意しなければなりません。

1‐2.天気によって左右する古傷の痛み

先述したとおり、痛む古傷は内耳にある「気圧受容器」が関係しています。よって、古傷の痛みは「天気」が原因になるケースもあるのです。気圧が下がるときはほとんどが天気が悪くなります。気圧を感じるセンサーが敏感になって脳に伝達し、交感神経が活性化するのです。曇りや雨の日は気圧の低下によって古傷がうずきやすくなるでしょう。

また、体の冷えは痛みを感じる限界値が低下してしまうため、冷え性を持っている人も要注意です。体の冷えは古傷の痛みを起こすだけでなく、さまざまな病気にかかりやすくなります。できるだけ早めに解消しましょう。

1‐3.「古傷」が完治していない

古傷が痛む根本的な原因は、まだ「古傷が完治していない」可能性があります。そもそも完治していれば古傷は痛みません。しかし、痛むのなら完治していない証拠でもあります。筋肉内に傷がまだ残っている場合は傷を癒(い)やすための努力をしなければなりません。後ほど、詳しく古傷の治し方について説明しましょう。

また、再び古傷が痛むきっかけとしては「軽い運動をしたとき」も当てはまります。軽い運動をしたときに古傷が痛む人は多いのです。なぜなら、運動により筋肉が緊張するからだと言われています。特に、酸素や栄養が十分に足りていない場合、「乳酸」や「ブラジキンニ ン」「たんぱく分解酵素」の量が増えてしまうのです。つまり、以上の成分が増えるほど古傷の痛みがまず結果になってしまいます。