顔の歪みを矯正

顔の歪みを矯正してあこがれの小顔美人を目指す方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

顔に歪みがあると、小顔美人にはなれません。人が最も魅力的に感じる顔は、左右が対称になっているのが重要だといわれています。顔の歪みを解消して、魅力的な「小顔美人」を目指しましょう。

01. 顔が歪む
原因

顔の歪みを解消するためには、歪みを引き起こす原因について理解しておく必要があります。

1-1.姿勢の歪み

地球には重力があり、動物に比べて重心が高めの人間は体のバランスを保つために左右対称の状態であることが重要なのです。しかし、姿勢が悪いと重心がずれてバランスが崩れます。そして、骨の位置や筋肉のつき具合などにもずれが生じてしまうのです。その影響は顔にも及ぶことを忘れないでください。一生懸命に顔の歪みだけを改善しようとしても、体全体の歪みを修整しない限り根本的に解決しないということです。

1-2.寝るときの姿勢

寝ているときの姿勢による影響も大きいので注意してください。特に、横向きで寝る習慣のある人は気をつけましょう。いつも同じ側(がわ)を下にする寝方は、体の片側だけに負担がかかります。この姿勢で長時間寝ていると、体と顔に歪みが生じてしまうことに。毎晩のことなので、影響はとても大きいと考えてください。

1-3.ほおづえ

気づかないうちに「ほおづえ」をついてしまう人も顔が歪んでしまいます。特に、いつも同じ側(がわ)にほおづえをついている場合は注意してください。この習慣により、骨に不自然な圧力を加えているのです。そして、顔の骨格や筋肉を変形してしまっています。たとえば、右手でほおづえをつくクセがある人は鏡でチェックしてください。ほほや顎(あご)が左の方向に歪んでいるでしょう。

1-4.食事の仕方

顎(あご)の使い方によっても、顔は歪んでしまいます。食事の際に左右の歯を同じように使わず、いつも同じ側(がわ)ばかりで噛(か)むクセがある人は要注意です。よく噛(か)んでいる側(がわ)に顎(あご)がずれていく傾向があります。同様に、むし歯があって片側しか使っていない人も顔が歪んでいくでしょう。

1-5.口呼吸

現代は、口で呼吸する人が増えているようです。しかし、人間の体は本来、鼻で呼吸するようにできています。そのため、口呼吸をしていると体のあちこちにさまざまな弊害(へいがい)を及ぼすのです。そのひとつが、顔の歪み。口で呼吸をしているということは、常に口が開いている状態です。口を閉じる筋肉が衰え、正常に筋肉が発達しなくなるでしょう。そのため、顔のバランスが崩れてしまいやすくなるというわけです。